数値グループの平均値を求める

加重平均

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

通常と平均を計算すると、すべての数値が与えられます基準値のと同じです。数値が加算され、次に、数値の数で除算します。加重平均、1 つ以上の数値が指定された値が高い基準値、または太さします。

加重平均を求める

SUMPRODUCT関数とSUM関数を使用して、検索、加重平均、太さの値に適用されているかによって決まります。

  • たとえば、鉛筆の 10 個の出荷は大文字と小文字あたり 20 セントはします。40 ケースの 2 番目の出荷コストの場合は、あたり 30 セント鉛筆高オンデマンドであるためです。この方法は、出荷ごとのコストが平均かどうか (0.20+0.30)/2 = 0.25」と、結果が正確でないです。

    計算しない考慮 20 セントでより 30 セントで販売する多くの場合があります。正しい平均値を取得するのにには、(28 セント出荷ごと) の結果を得るに次の数式を使用します。

    =SUMPRODUCT(A2:A3,B2:B3)/SUM(B2:B3)

    この数式では、2 つの受注の総額を受注注文のケースの総数で割ります。

さらに情報が必要ですか?

数値グループの平均値を求める

AVERAGE 関数

AVERAGEIF 関数

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×