よりアクセシビリティの高い PowerPoint プレゼンテーションを作成する

別の形式でプレゼンテーションを保存する

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

障碍のある方にとってアクセシビリティが高いプレゼンテーションにするには、スクリーン リーダーで読み取ることができるその他の形式でプレゼンテーションを保存します。対象ユーザーは、個人のデバイスでプレゼンテーションを開いたり、点字リーダーに移植したりすることができます。

ドキュメント バージョンのプレゼンテーションを作成する

  1. PowerPoint プレゼンテーションを開きます。

  2. [ファイル]、[エクスポート]、[配布資料の作成] の順に選びます。

  3. Word バージョンを作成するには、[配布資料の作成] を選びます。

    [ファイル]、[エクスポート]、[配布資料の作成] を示す PowerPoint ユーザー インターフェイスのスクリーン クリップ。
  4. 最初にプレゼンテーションのスライドを表示して、その後プレゼンテーションのメモを表示するには、[スライド下のノート] を選びます。

  5. Word 文書にスライド イメージを含めるには、[貼り付け] を選んで、[OK] を選びます。

Word 文書のアクセシビリティを向上させる

対象ユーザーがスクリーン リーダーから取得する情報の量を増やすには、スライド タイトルを見出しとして追加し、各画像に代替テキストを追加します。

スライドの見出しを追加する

  1. 文書内の各スライド番号の後にコロンを追加し、PowerPoint プレゼンテーションから適切なタイトルをコピーして貼り付けます。

    スライド 1 とスライド タイトルを示す新しい Word 文書のスクリーン クリップ。画像に表示されているスライドには、スライドのタイトル、発表者名、会議室でテーブルを囲むビジネスマンの背景が含まれます。
  2. スライド タイトルを選んで、[ホーム]、[見出し 1] の順に選びます。

タイトルを追加してから、プレゼンテーションのアウトラインを表示するには、[表示]、[ナビゲーション ウィンドウ] の順に選びます。スクリーン リーダーまたは点字リーダーを使用するユーザーは、最初にナビゲーションを確認して、ドキュメントの概要を取得する場合があります。

スライド イメージに代替テキストを追加する

  1. スライド イメージを選んで右クリックします。

  2. [画像] を選んで [代替テキスト] を選びます。

  3. 画像を説明するテキストを追加します。

ドキュメントのアクセシビリティを確認する

  • [校閲]、[アクセシビリティのチェック] の順に選びます。

    [校閲]、赤いボックスで囲まれた [アクセシビリティのテスト] を示す Word ユーザー インターフェイスのスクリーン クリップ。

各スライド イメージに代替テキストを追加した場合は、検査結果にエラーは表示されません。

さらに詳しく

無料の既成テンプレートをダウンロードする

ファイルを保存する

Excel のトレーニング

Word のトレーニング

PowerPoint トレーニング

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×