テキストやデータを追加する

列の幅と行の高さを調整する

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

LinkedIn ラーニングでその他の Excel のトレーニングを探す

セルの境界線をドラッグして列の幅や行の高さを手動で調整することも、データに合わせて列や行のサイズを自動的に変更することもできます。

注: 境界線とは、セル、列、行の間の線です。列が狭すぎてデータを表示できない場合は、セルに ### が表示されます。

列のサイズを変更する

  1. 列または列の範囲を選択します。

  2. 別の見出しの間の境界上にポインターを置きます。
    列の選択

  3. 境界をドラッグして幅を変更します。これにより、選択したすべての列が同じ幅になるように変更されます。

行のサイズを変更する

  1. 行または行の範囲を選択します。

  2. 行番号の間の境界上にポインターを置きます。

  3. 境界をドラッグして高さを変更します。

データに合わせて行または列のサイズを自動的に変更する

  1. データが含まれる列または行を選択します。

  2. 境界をダブルクリックします。データに合わせてすべての列または行のサイズが変更されます。

    注: 1 つの列のみを選択した場合は、列見出しの右側の境界をダブルクリックします1 つの行のみを選択した場合は、行の下の境界をダブルクリックします

データに合わせてすべての列と行のサイズを自動的に変更する

  1. ワークシートの上部にある [すべて選択] ボタン すべて選択 を選択し、すべての行と列を選択します。

  2. 境界をダブルクリックします。データに合わせてすべての列または行のサイズが変更されます。

さらに詳しく

LinkedIn ラーニングで類似するその他のコースについて確認する

行および列を追加してテーブルのサイズを変更する

セル、行、および列を挿入または削除する

これらの列、BCDEFG がすべてまったく同じ幅であるか確認したい場合があります。

列の幅や行の高さを調整するとき、大抵の場合はメニュー システムに入る必要はありません。

列や行番号の間の境界線を使用するだけで、調整を行うことができます。

これには、2 つの方法があります。これらすべての月別の列の幅を広くしたい場合は、既にそれらをドラッグして選択しているので、任意の列番号間の境界線をポイントして、クリック アンド ドラッグできます。

これを行うと、その列のピクセル数が表示されることがわかります。

ほとんどの場合あまり気にしませんが、注意を払う必要がある場合もあります。これらを 75 に設定します。

要は、それらの列を特定の幅にして、すべて同じ幅にしたいということです。

FG の間のこの箇所をクリックして、マウスのボタンを押すと、75 ピクセルになっています。BC の間についても同様です。

このとき、これらの数字は少し異なる場合もあります。

H 列についても同じにしますか? おそらく同じにすることができます。

ここをクリックするだけで、もう 75 になりますが、もっと幅を広げることもできます。

ちょうど必要な幅にしたい場合はどうすればよいでしょうか? ダブルクリックすると、自動調整と呼ばれる機能が有効になります。

これによって、必ずしも同じ幅になるというわけではありません。

実際に見てみると、1 月よりも 2 月の幅の方が広く見えるかもしれません。これはなぜなのでしょうか? 幅の差はそれほど大きくありませんが、2 月は 1 月よりも水平方向のスペースを大きく取っています。

ここで言いたいことは、細かいことは抜きにして、毎回さまざまなニーズがあるということです。

クリック アンド ドラッグして任意の列の幅を広げることができますが、複数の列を選択した場合は、複数の列に対してそれが行われます。

D 列だけを狭くしたい場合はもちろん、このようにクリック アンド ドラッグするか、ダブルクリックすると、自動調整できます。

もちろん、このまま置いておくわけではありません。すべての列を自動調整したい場合、つまり、それぞれの列を、もっとも幅の広い項目を操作するのに十分な幅にしたい場合は、左上隅をクリックし、列番号の間の任意の境界線をダブルクリックすると、このようになります。

この作業をしていて、A 列を手動で調整して幅が狭くなりすぎてしまい、E 列の幅が広くなりすぎてしまったとします。今は意図的にこうしていますが、広すぎる列もあれば、狭すぎる列もあります。左上隅でクリックしてから、列の間の任意の境界線でダブルクリックするだけで、すばやくそれらの列をすべて再調整することができます。

列の高さを調整することはあまりなさそうですが、もちろん、同様に一般的な方法でそれを行うことができます。

これらの数値をもう少し目立たせる必要があるかもしれません。

これを印刷するために、間に少しスペースが必要になる可能性もあります。

強調表示されているこれらの 4 行のうちのいずれかの行の境界をクリックし、下方向にドラッグします。

すると、縦幅が大きくなりました。このように、それぞれの行の縦幅が意図通りに大きくなっています。また、これを行った後に、上下中央揃え用のボタンに移動してこれらの行の中のテキストの位置を調整し、このようにデータを表示することもできます。

毎回、さまざまな理由があります。いつでも任意の列の幅を広くしたり狭くしたりすることができます。

またある時には、ダブルクリックして自動調整できます。これらの調整がほとんど自動的に行われるように見えることがあります。また、"Balance of Payments" のように長い言葉や項目を入力することもあります。

今は列の幅の広さが十分に見えますが、そうでなかった場合はどうなるでしょうか? そのセルが空なので、他の列にはみ出してしまいます。

その後、調整したい場合は、AB の間の境界線をダブルクリックします。すると、こうなります。これにカーソルを合わせて Delete キーを押し、そしてダブルクリックします。

削除されたので、再調整します。結合されたセルがある場合に、どのように動作するかご存じないかもしれませんが、結合されたセルがここにある場合は、基本的に無視されます。

これが結合されていない場合は、ここで [セルを結合して中央揃え] に移動して、結合を解除しますが、驚くべきことが起こることがあります。

A 列を自動調整したい場合は、AB の間の境界線をダブルクリックしますが、それがこのようになってしまいます。

その場合、列を結合せずに A 列を調整するのであれば、手動で A 列を調整してから、必要に応じて他の列を調整する必要があります。

学習はまだ続きます。LinkedIn Learning で、エキスパートによるチュートリアルの詳細をご覧ください。linkedin.com/learning から、無料試用版を今すぐお試しください。

LinkedIn ラーニングを 1 か月間無料で活用する

広く認められている業界の専門家から学習し、最も需要のあるビジネス、技術、および独創的な技術を取得します。

利点

  • 4,000 を超えるビデオ コースに無制限にアクセス。

  • LinkedIn プロファイルに基づいて個人用のおすすめ候補を表示。

  • コンピューターまたはモバイル デバイスからコースをストリーミング。

  • すべてのレベルのコースを受講 (初心者~上級者)。

  • テスト、演習ファイル、およびコーディング ウィンドウで学習しながら演習。

  • 自分用またはチーム全体用にプランを選択。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×