メールボックスをパスワードで保護する

公共のコンピューターを共有する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

多数の人が共有する可能性がある公共のコンピューターでは、Windows ユーザー アカウントを個別に作成する意味がありません。この場合、全員が 1 つのユーザー アカウントを共有します。コンピューターの所有者は、各ユーザーが自分のメールにアクセスできても、プログラムの追加や削除などのコンピューター自体の変更は行うことができないように、アカウントの権限を制限できます。公共のコンピューター上でメールにアクセスする場合、Web ブラウザーによるアクセスが最も簡単で安全です。

公共のコンピューターを共有する

公共のコンピューター上でメールにアクセスする場合、Web ブラウザーによるアクセスが最も簡単で安全です。 これには、ユーザー名、パスワード、メール用のログイン URL の 3 つの情報が必要です。 このアドレスは、電子メール プロバイダーから取得できます。 たとえば、Microsoft のメール アカウントのログイン アドレスは、live.com または outlook.com です。 メール アドレスとパスワードを入力します。 次に、[サインイン] をクリックします。

完了したら、ブラウザーで、 [インターネット オプション]に移動し、履歴、インターネット一時ファイル、およびパスワードを削除します。

さらに情報が必要ですか?

メール メッセージでの IRM の使用方法

電子メールを [標準]、[個人用]、[親展]、[社外秘] としてマークする

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×