テキストやデータを追加する

入力値を制限する

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

LinkedIn ラーニングでその他の Excel のトレーニングを探す

他のユーザーが使うワークシートを作るときは、有効なデータだけを入力できるようにすることが重要です。Excel のデータの入力規則の機能を使って、他のユーザーがセルに入力できるデータまたは値の種類を制限するルールを作ります。

  1. ルールを作成するセルを選択します。

  2. [データ]、[データの入力規則] の順に選択します。
    データの入力規則

  3. [設定] タブの [入力値の種類] でオプションを選択します。

    • 整数 - 整数のみを受け付けるように列を制限します。

    • 小数点数 - を 10 進数を受け付けます。

    • リスト - ドロップダウン リストからデータを選択します。

    • 日付 - 日付のみを受け付けるようにセルを制限します。

    • 時刻 - 時刻のみを受け付けるようにセルを制限します。

    • 文字列 (長さ指定) - 文字列の長さを制限します。

    • ユーザー設定 - ユーザー設定の数式の場合です。

  4. [データ] で条件を選択します。

    • 次の値の間

    • 次の値の間以外

    • 次の値に等しい

    • 次の値に等しくない

    • 次の値よりより大きい

    • 次の値よりより小さい

    • 次の値以上

    • 次の値以下

  5. [設定] タブの [入力値の種類] でオプションを選択します。

  6. [入力値の種類] と [データ] での選択に基づき、他の必要な値を設定します。
    たとえば、[次の値の間] を選んだ場合は、セルの [最小値:] と [最大値:] を選択します。

  7. 空白スペースを無視する場合は、[空白を無視する] チェック ボックスをオンにします。

  8. ルールのタイトルとメッセージを追加する場合は、[入力時メッセージ] タブを選び、タイトルと入力時のメッセージを入力します。

  9. 選択したセルをユーザーが選ぶかポイントしたときにメッセージを表示するには、[セルの選択時にメッセージを表示する] チェック ボックスをオンにします。

  10. [OK] を選択します。

    これで、ユーザーが無効な値を入力しようとすると、ポップアップ メッセージ "この値は、このセルに定義されているデータ入力規則の制限を満たしていません" が表示されるようになります。

さらに詳しく

LinkedIn ラーニングで類似するその他のコースについて確認する

セルにデータの入力規則を適用する

請求書が作成されています。

この請求書の数量の欄に 入力規則を設定しましょう。

まずは入力する値の 制限から見ていきます。

数量の欄には 10 以上の値のみが 入力できるように制限してみましょう。

今のところは入力の値の 制限はされていませんので 10 よりも小さい値を 入力することは可能です。

では入力規則を設定しますので 入力規則を設定したいセル範囲を選択します。

データ」タブをクリックし 「データツール」>「データの入力規則」 をクリックします。

「データの入力規則」の ダイアログボックスが表示されました。

設定」タブをクリックし、 「入力値の種類」 今「すべての値」となっています。

特に入力の制限はされていません。

下向き三角をクリックし、 「整数」をクリックします。

「データ」の下向き三角をクリックし、 「次の値以上」をクリックします。

下の「最小値」のボックスには 10 と入力します。

これで 10 以上の値のみを入力することが できる制限をかけることができます。

では下にあります OK ボタンをクリックして これで入力規則を設定することができました。

では試してみましょう。

数量の欄にアクティブセルを移動し 規則に合わない 10 よりも小さい値を 入力しようとすると このようなエラーメッセージが 表示されました。

「この値は、このセルに定義されている データ入力規則の 制限を満たしていません。」 と出ます。

キャンセル」ボタンをクリックして キャンセルしておきましょう。

この様に入力規則を設定すると セルに入力する値を制限することができます。

ちなみに解除をする場合には 解除をしたいセル範囲を選択し 「データ入力規則」のボタンを クリックします。

データの入力規則の ダイアログボックスが表示されますので ここで「入力値の種類」の下向き三角で 「すべての値」とすると 解除することが可能です。

確認だけですので「キャンセル」ボタンを クリックしてキャンセルしておきます。

学習はまだ続きます。LinkedIn Learningで、エキスパートによるチュートリアルの詳細をご覧ください。linkedin.com/learning から、無料試用版を今すぐお試しください。

LinkedIn ラーニングを 1 か月間無料で活用する

広く認められている業界の専門家から学習し、最も需要のあるビジネス、技術、および独創的な技術を取得します。

利点

  • 4,000 を超えるビデオ コースに無制限にアクセス。

  • LinkedIn プロファイルに基づいて個人用のおすすめ候補を表示。

  • コンピューターまたはモバイル デバイスからコースをストリーミング。

  • すべてのレベルのコースを受講 (初心者~上級者)。

  • テスト、演習ファイル、およびコーディング ウィンドウで学習しながら演習。

  • 自分用またはチーム全体用にプランを選択。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×