完全な会議ソリューション

会議に参加する

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

チームの共有の OneNote ファイル内のページに Skype for Business 会議をリンクする方法について説明します。会議をリンクすると、参加者リスト、会議出席依頼に示されている議題、表示されているファイルがそのページに自動的に追加されます。また、Skype for Business クライアントを使って会議に参加する方法についても説明します。「演習」の下のセクションでは、iPad、iPhone、Windows Phone、または Skype for Business Web アプリ (デバイスに Skype for Business がインストールされていない場合) を使って会議に参加する方法を説明します。

次の手順では、Windows を実行しているコンピューター上でタスクを実行する方法について説明します。その他のデバイスの手順については、「使用しているデバイス固有の操作手順」を参照してください。

PC で Outlook の会議出席依頼から OneNote のページを会議にリンクするには
  1. Outlook の予定表で既存の会議出席依頼を開くか、新しい出席依頼を作成します。

  2. リボンで [会議のメモ] をクリックします。

  3. [会議でノートを共有] をクリックします。

  4. 共有の OneNote ファイルに移動し、共有した会議ノートの保存先となるページに移動します。

  5. [OK] をクリックします。

    会議出席依頼に OneNote ページへのリンクが挿入され、出席依頼を受け取ったすべてのユーザーが簡単に OneNote ページにアクセスできます。また、書記に指定されたユーザーは、会議が始まったら遅れないように正しいページにすばやくアクセスできます。

    リンクは次のように表示されます。

    [会議ノートの表示] リンク

    注: 既存の会議出席依頼に OneNote のリンクを追加した場合は、会議の更新情報を参加者に通知することをお勧めします。Outlook リボンの [出席者に連絡] をクリックします。次に [メールで全員に返信] をクリックし、[送信] をクリックします。

PC から Skype for Business 会議に参加するには
  • Outlook から:予定表を開き、会議出席依頼を開きます。出席依頼の本文で、[Skype 会議への参加] リンクをクリックします。通常、このリンクは会議の議題やその他の情報のすぐ下にあります。

    [Skype 会議への参加] のユーザー インターフェイス

  • Skype for Business から:[会議] タブをクリックし、参加する会議をダブルクリックします。音声のオプションを選び、[OK] をクリックします。

    [Skype for Business 会議] タブから会議に参加する

  • 会議の通知から:通知が表示されたら ([再通知] をクリックした場合)、会議を選択して [オンラインで参加] ボタンをクリックします。

    会議の通知から会議に参加する

使用しているデバイス固有の操作手順

Outlook の会議出席依頼から OneNote のページを会議にリンクするには
  • Outlook for Android から OneNote のページを会議にリンクすることはできません。代わりに、OneNote を開き、会議のための新しいページを作成します。

Android デバイスから Skype for Business 会議に参加するには
  • Outlook から:タブ バーで予定表アイコンをタップし、参加する会議をタップします。[メモ] をタップし、[Skype 会議] リンクをタップします。

  • Skype for Business から:予定表アイコンをタップし、参加する会議をタップします。次に、[Skype 通話] リンクをタップします。

  • 会議の通知から:通知が表示されたら、会議を選択し、[オンラインで参加] ボタンをタップします。

Outlook の会議出席依頼から OneNote のページを会議にリンクするには
  • Outlook for iOS から OneNote のページを会議にリンクすることはできません。代わりに、OneNote を開き、会議のためのページを作成します。

iPhone または iPad から Skype for Business 会議に参加するには
  • Outlook から:タブ バーで予定表アイコンをタップし、参加する会議をタップします。会議の説明をタップし、[オンライン会議への参加] リンクをタップします。

  • Skype for Business から:[会議] をタップし、参加する会議をタップして、[会議に参加] ボタンをタップします。

  • 会議の通知から:通知が表示されたら、会議を選択し、[オンラインで参加] ボタンをタップします。

Outlook の会議出席依頼から OneNote のページを会議にリンクするには
  • Windows Phone 用の予定表から OneNote のページを会議にリンクすることはできません。代わりに、OneNote を開いて会議のための新しいページを作成します。

Windows Phone から Skype for Business 会議に参加するには
  • Outlook から:参加する会議をタップし、[Skype 通話] リンクをタップします。

  • Skype for Business から:参加する会議をタップし、[Skype 通話] リンクをタップします。

  • 会議の通知から:通知をタップし、[Skype 通話] リンクをタップします。

Outlook の会議出席依頼から OneNote のページを会議にリンクするには
  • Outlook for Mac から OneNote のページを会議にリンクすることはできません。代わりに、OneNote を開いて会議のための新しいページを作成します。

Mac から Skype for Business 会議に参加するには
  • Skype for Business は、Mac OS X では使用できません。

Outlook の会議出席依頼から OneNote のページを会議にリンクするには
  1. 予定表を開き、会議出席依頼を開きます。メニュー バーの [添付] を選択します。

    OneNote のファイルに移動してファイル名をクリックし、[次へ] ボタンをクリックします。

  2. [OneDrive ファイルとして添付] を選択します。

    会議出席依頼に OneNote ページへのリンクが挿入され、出席依頼を受け取ったすべてのユーザーが簡単に OneNote ページにアクセスできます。また、書記に指定されたユーザーは、会議が始まったら遅れないように正しいページにすばやくアクセスできます。

    リンクは次のように表示されます。

    [会議ノートの表示] リンク

Office 365 から Skype for Business 会議に参加するには
  • 予定表を開き、会議出席依頼を開きます。会議の説明で [オンライン会議への参加] リンクを選択するか、メニュー バーの [Skype 会議] > [Skype 会議に参加] を選択します。

Skype for Business では、参加者はあらゆるデバイスを使用して、どこからでも会議に参加できます。インターネットに接続しているかどうかは関係ありません。

私がスケジュールを設定した会議があと数分で始まるので、会議出席依頼を開いて [会議ノート] をクリックします。

[会議でノートを共有] をクリックして、ノートブックとページを選択します。

会議出席依頼に OneNote へのリンクが自動的に追加されます。

先に進み、新しいリンクを含めたメールを全員に送信します。[Skype 会議への参加] をクリックして、他のユーザーが参加するのを待ちます。

Molly は既に参加しているようです。

カンファレンス会場にいる Tony は iPhone から参加します。

幸い Wi-Fi 接続が使えるので、私のプレゼンテーションを見ることができます。

Anna はグラフィックをお願いしている請負業者です。

デバイスに Skype for Business がインストールされていないので、Web アプリを使って接続しています。

Web アプリは、Skype for Business が実行されていないインターネットに接続したデバイスで会議に参加すると、自動的に開きます。

Sean は今週出張中のため、ホテルの電話から参加します。

会議出席依頼に記載されている番号をダイヤルし、会議 ID を入力して接続します。

"皆さん、こんにちは。では、始めましょう。"

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×