共同作業

予定表を共有する

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

LinkedIn ラーニングでその他の Outlook のトレーニングを探す

Outlook では、自分の予定表を他のユーザーと共有し、他のユーザーの予定表の表示を要求し、共有する詳細情報を選ぶことができます。

予定表を共有する

  1. ナビゲーション ウィンドウで [予定表] を選択します 予定表

  2. [ホーム] > [予定表の共有] の順に選択します 予定表を共有する

  3. [宛先] フィールドに、予定表を共有するユーザーのメール アドレスを入力します。

  4. 他のユーザーに表示する [詳細] のレベルを選択します。空き時間情報のみ詳細情報の一部全詳細情報

  5. 他のユーザーの予定表を共有させてもらいたい場合は、[このメッセージの受信者から予定表を表示する許可をもらう] チェック ボックスをオンにします。

  6. [送信] を選択します。

  7. 確認メッセージが表示されたら、[はい] を選択します。

さらに詳しく

LinkedIn ラーニングで類似するその他のコースについて確認する

他のユーザーと Outlook 予定表を共有する

このレッスンでは、予定表を他のユーザーと 共有する方法について解説します。

予定表を共有するには 「ホーム」タブ>「共有」グループの

「予定表の共有」ボタンを使います。

予定表の共有機能はエクスチェンジサーバーが 導入されている環境で

Outlook を使っている場合に 有効な機能です。

では「予定表の共有」ボタンを クリックします。

予定表を共有するための ウィンドウが表示されました。

共有する宛先を指定します。

件名の下に、このメッセージの受信者から 予定表を表示する許可をもらうという

チェックボックスがあります。

ここにチェックをつけておくと メッセージの受信者に自分の予定表を

共有するように許可を求めることができます。

その下の「自分の予定表を このメッセージの受信者に公開する」に

チェックが付いていることを 確認しましょう。

チェックが付いていることで、自分の 予定表を受信者と共有することができます。

両方のチェックボックスに チェックをつけることで

お互いに予定表を共有することができます。

詳細の下向き三角をクリックして、共有する 予定表の形式を選択することができます。

「空き時間情報のみ」か 「詳細情報の一部」か

「詳細情報すべてを含める」かを 選択することができます。

下のテキストボックスに、任意の メッセージを入力することも可能です。

では、送信ボタンをクリックして 共有を依頼するメールを送信します。

「この予定表を共有しますか?」 というメッセージが表示されます。

「はい」をクリックします。

これで、共有を依頼するメールを 送信することができました。

受信者が共有を依頼するメールに応じると 受信トレイにメールが届きます。

では、メールの画面に切り替えて 確認していきましょう。

受信トレイに共有相手が予定表の表示を 許可したメールが届いています。

メールをクリックで選択し、閲覧ウィンドウの ヘッダー部分を確認していきましょう。

「予定表の表示を許可しました。」 というメッセージが表示されています。

閲覧ウィンドウ左上の 「この予定表を開く」をクリックして

共有相手の予定表を開くことができます。

自分の予定表と共有相手の予定表が 並んで表示されます。

予定表を共有すると フォルダーウィンドウの下の方に

共有の予定表が表示されます。

共有相手の予定表を右クリックして 「重ねて表示」をクリックすると

自分の予定と共有相手の予定を 重ねて表示することができます。

元の横並びの表示に戻すには フォルダー一覧の

共有相手の予定表を右クリックし 「重ねて表示」をもう一度クリックすると

元の横並びの表示に 戻すことができます。

このレッスンでは、予定表をほかのユーザーと 共有する方法について解説しました。

LinkedIn ラーニングを 1 か月間無料で活用する

広く認められている業界の専門家から学習し、最も需要のあるビジネス、技術、および独創的な技術を取得します。

利点

  • 4,000 を超えるビデオ コースに無制限にアクセス。

  • LinkedIn プロファイルに基づいて個人用のおすすめ候補を表示。

  • コンピューターまたはモバイル デバイスからコースをストリーミング。

  • すべてのレベルのコースを受講 (初心者~上級者)。

  • テスト、演習ファイル、およびコーディング ウィンドウで学習しながら演習。

  • 自分用またはチーム全体用にプランを選択。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×