Office 365 の試用と購入

一般法人向け無料試用版の期間を延長する

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

ヒント: ビデオがお使いの言語ではない場合、[クローズド キャプション] [クローズド キャプション] ボタン を選択してみてください。

一般法人向け Office 365 の試用期間を延長する必要がある場合は、サブスクリプションの期限の 15 日以内に、試用版の期間を延長します。

  1. portal.office.com で、職場または学校のアカウントを使用してサインインします。

  2. メールを入力して、[サインイン] を選択します。

  3. [管理者] を選択します。

    注: 管理者としてログインしていない場合は、[管理者] タイルは表示されません。

  4. [課金]、[サブスクリプション] の順に選択します。

  5. [試用期間の延長] を選択します。

    注: 試用期間を延長するリンクは、サブスクリプションの期限の 15 日以内に、または一度も試用期間の延長をしていない場合にのみ表示されます。

  6. 支払いの詳細を入力し、[送信]、[閉じる]、[ホーム] を順に選択します。

さらに詳しく

一般法人向け Office 365 の試用期間を延長する

無料の評価版から一般法人向け Office 365 のサブスクリプションを購入する

Office を購入する

Excel のトレーニング

Outlook のトレーニング

一般法人向け Office 365 の試用期間を延長する必要がある場合は、

サブスクリプションの期限の 15 日以内に、試用版の期間を延長できます。

portal.office.com で、職場または学校のアカウントを使用してサインインします。

これは無料試用版に使用するメールになります。

準備ができたら、メールを入力して [サインイン] を選択します。

Office 365 のホーム ページで [管理者] を選択します。

次に [課金] を選択して、

[サブスクリプション] を選択します。

ここに、無料試用版の有効期限が切れるまでの日数が表示されます。

試用期間を延長するには、[試用期間の延長] を選択します。

ウィザードの手順を完了し、プロセスを終了します。

クレジット カード情報の追加を求められても、心配はありません。

有料のサブスクリプションを購入する場合にのみ課金されます。

[送信]、

[閉じる]、

[ホーム] の順に選択します。

これで、試用期間を延長したサブスクリプションを使用して、Office 365 の試用を続行いただけます。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×