ビデオ: レポートで条件付き書式を使用する

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

条件付き書式を使うと、値そのもの、または他の値を含む計算のどちらかに基づいて、Access デスクトップ レポート上の個々の値に異なる書式を適用できます。 このようにすると、通常は目立たないデータのパターンやリレーションシップを確認することができます。 このビデオでは、単純な条件付き書式ルールを追加し、レポート上の特定の値の範囲を強調表示する方法を示します。

注: 条件付き書式は、Access Web App では使用できません。

レポート上のコントロールに条件付き書式を適用する

  1. ナビゲーション ウィンドウでレポートを右クリックしてレイアウト ビューでレポートを開き、[レイアウト ビュー] をクリックします。

  2. 条件付き書式を適用するすべてのコントロールを選択します。 複数のコントロールを選択するには、Shift キーまたは Ctrl キーを押しながら各コントロールをクリックします。

  3. [書式] タブの [コントロールの書式設定] で、[条件付き書式] をクリックします。 [条件付き書式ルールの管理] ダイアログ ボックスが表示されます。

  4. [条件付き書式ルールの管理] ダイアログ ボックスで、[新しいルール] をクリックします。

  5. [新しい書式ルール] ダイアログ ボックスで、[ルールの種類を選んでください] の値を選びます。

    • 各レコードを個別に評価するルールを作成するには、[現在のレコードの値を確認するか、式を使用する] をクリックします。

    • データ バーを使用してレコードどうしを比較するルールを作成するには、[その他のレコードと比較する] をクリックします。

    注:  [その他のレコードと比較する] オプションは、Web データベースや Access Web App では利用できません。

  6. [ルールの内容を編集してください] で、書式を適用する状態を決定するルールと、ルールの条件に一致したときに適用する書式を指定します。

  7. [OK] をクリックして [条件付き書式ルールの管理] ダイアログ ボックスに戻ります。

  8. このコントロールまたはコントロール セットに追加のルールを作成するには、手順 4 以降をもう一度実行します。 作成しない場合は、[OK] をクリックしてダイアログ ボックスを閉じます。

条件付き書式ルールの優先度を変更する

コントロールまたはコントロール グループごとに最大 50 種類の条件付き書式ルールを追加できます。 ルールの条件が一致すると、該当する書式が適用され、それより下の条件は評価されません。 ルールが競合する場合は、一覧内でルールを上または下に移動して、ルールの優先度を変更することができます。 次の手順どおりに行います。

  1. 前の手順 1 ~ 3 を繰り返して、[条件付き書式ルールの管理] ダイアログ ボックスを表示します。

  2. 移動するルールを選択し、↑キーまたは↓キーをクリックして移動します。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×