リレーションシップを使用する

ルックアップ ウィザードを使ってリレーションシップを作成する

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

ルックアップ ウィザードは、テーブル間のリレーションシップを確立します。他方の主キーを参照する外部キーを作成します。

ルックアップ ウィザードを使ってリレーションシップを作成する

  1. データシート ビューで、他方のテーブルのデータを検索するテーブルを開きます。これが子テーブルになります。

  2. 右端の列で [クリックして追加] を選択し、[ルックアップ/リレーションシップ] を選択します。

    新しいテーブルの列を追加し、「ルックアップ/リレーションシップ」と入力する
  3. ルックアップ ウィザードで、[ルックアップ フィールドの値を別のテーブルまたはクエリから取得します。] を選択し、[次へ] を選択します。

  4. ルックアップ フィールドの値を取得するテーブルを選択します。これが親テーブルになります。[次へ] を選びます。

  5. データを取得するフィールドを選択するには、フィールドの並べ替え順序を設定し、列幅を設定して、ページに表示される手順に従います。

    ヒント: 列幅を設定するとき、テーブルを見やすくするために、[キー列を表示しない] を選択します。この選択は、リレーションシップまたはテーブル間でのデータの同期には影響しません。

  6. 親テーブルの行を一意に識別するフィールドを選択します。

  7. 新しいルックアップ フィールドの名前を入力し、[データの整合性を有効にする] を選択して、[連鎖削除] または [削除制限] を選択します。

    ヒント: 何のデータかわかるようなフィールド名を入力します。このフィールドは外部キー フィールドであることにご注意ください (Customer IDFK など)。

  8. [完了] を選択し、次に [保存] 保存 を選択します。

以上で、リレーションシップと外部キーの作成、および 2 つのテーブル間のデータ同期パラメーターの指定が完了しました。

テーブル間のリレーションシップを変更する

テーブルのリレーションシップを変更する場合は、最初にテーブルを閉じます。

  1. [データベース ツール]、[リレーションシップ] の順に選択します。

  2. 2 つのテーブル間のリレーションシップの線を選択します。

    一対多リレーションシップ
  3. [デザイン]、[リレーションシップの編集] の順に選択します。

  4. [リレーションシップ] ダイアログ ボックスで変更を行い、[OK] を選択します。

  5. 変更内容を保存するには、[保存] 保存 を選択します。

さらに詳しく

リレーションシップを作成する

リレーションシップを削除する

Excel のトレーニング

Outlook のトレーニング

一対多リレーションシップを作成する最も簡単な方法の 1 つは、ルックアップ ウィザードというツールを使用することです。このウィザードは、実際には 2 つのジョブを実行します。

リレーションシップを作成し、完了したら、外部キー フィールドを使用して、リレーションシップの一方の側のテーブルまたは親テーブルから値を選択できます。

これにより、データの入力がより簡単になります。この例の場合、一方の側で、値である名前を選んで、電話番号を入力するだけです。

このウィザードを使用すると、外部キー フィールドが自動的に作成されるので、子テーブルに外部キー フィールドは必要ありません。ただし、外部キーが既にある場合は、それをそのまま使用できます。

これは、サンプルのデータベースです。外部キーはありません。

開始するには、空のフィールドの見出しを選ぶか、外部キーがある場合は、その見出しを選びます。

[ルックアップ/リレーションシップ] を選ぶと、ウィザードが起動します。

他方のテーブルから値を検索する最初のオプションをオンにして、[次へ] を選びます。

親テーブル、[顧客] を選んで、[次へ] を選びます。

[顧客名] フィールドの値を検索する必要があるので、そのフィールドを選んで、移動します。これは集計フィールドです。

このフィールドはほんの少し前に使用しました。これは、完全な名前を示すことにご注意ください。これにより、推測ではなく、正しいデータが選択されます。ルックアップ フィールドを使用すると、正確なデータを簡単に入力できます。

[次へ] を選びます。並べ替え順序は省略可能なので、スキップして、[次へ] を選びます。

キー列を表示するとデータベースが雑然として見えるので、原則として、キー列を非表示にすることをお勧めします。[次へ] を選択します。

フィールドに「顧客 ID FK」という名前を付けます。これは、親フィールドが [顧客 ID] であることを示し、FK は、これが外部キーであることを示します。

次に、[データ整合性を有効にする]、[連鎖削除] を選びます。これにより、参照整合性と連鎖削除が有効になります。[完了] を選ぶと、フィールドが追加されます。

最後に、リレーションシップを変更しましょう。このためには、電話番号テーブルを閉じる必要があります。リレーションシップに関係があるテーブルのいずれかが開いていると、リレーションシップを変更することはできません。

テーブルを閉じた後、[データベース ツール] タブの [リレーションシップ] を選びます。リレーションシップ線を選んで、リボンで、[リレーションシップの編集] を選びます。

[参照整合性] と [連鎖削除] のチェック ボックスが両方ともオンになっています。真ん中のオプションの [フィールドの連鎖更新] も有効にし、[OK] を選択したら、完了です。

以上で、ルックアップ ウィザードを使用した一対多リレーションシップの作成は完了です。外部キーの作成とリレーションシップ設定の変更の手順もおわかりいただけたと思います。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×