リレーションシップを使用する

リレーションシップ ウィンドウを使ってリレーションシップを作成する

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

[リレーションシップ] ウィンドウでは、テーブル間のリレーションシップを作成しますが、親/子の列間に互換性のあるデータ型が必要であり、ルックアップ リストは作成しません。

リレーションシップ ウィンドウを使ってリレーションシップを作成する

  1. 2 つ以上のテーブルまたはクエリを含むデータベースで、[データベース ツール]、[リレーションシップ] の順に選びます。

  2. リレーションシップ ウィンドウが空の場合、テーブルをナビゲーション ウィンドウからリレーションシップ ウィンドウにドラッグします。

  3. 主キーを親テーブルから子テーブルの外部キーの一番上にドラッグします。

    リレーションシップ ウィンドウを使ったリレーションシップの作成
  4. [参照整合性] を選びます。

  5. [フィールドの連鎖更新] と [レコードの連鎖削除] を選びます。

  6. [作成] を選びます。

    2 つのテーブル間のリレーションシップを追加したので、リレーションシップの種類 (一対一または一対多) と、関連するフィールドを示す線が表示されます。

  7. リレーションシップを保存するには、[保存] 保存 を選びます。

さらに詳しく

リレーションシップを作成する

リレーションシップを削除する

Excel のトレーニング

Outlook のトレーニング

テーブル間のリレーションシップを作成する方法の 1 つが、[リレーションシップ] ウィンドウを使用することです。別の方法として、ルックアップ ウィザードを使用する方法もあります。[リレーションシップ] ウィンドウの画面はこのようになります。

これらはリレーションシップに関係するテーブルで、線は一対多リレーションシップであるかどうかを示しています。

ルックアップ ウィザードとは異なり、リレーションシップ ウィンドウは、ルックアップ リストを自動的に作成しませんが、必ずしも必要ではありません。クエリを使用してデータを抽出および処理すれば、表示したいデータはクエリにより提供されるので、リレーションシップは必要ですが、ルックアップ リストは必要ありません。

ウィンドウを使用するには、[データベース ツール] を選択して、[リレーションシップ] を選択します。

ウィンドウが空の場合、このようなナビゲーション ウィンドウからテーブルをドラッグできます。

ルックアップ ウィザードとのもう 1 つの違いは、[リレーションシップ] ウィンドウを使用する場合、子テーブルに、主キーと同じデータ型、または互換性のあるデータ型を持つ外部キーが必要であることです。

これが外部キーです。リレーションシップを作成するには、主キーを外部キーにドラッグするだけです。では、やってみましょう。

参照整合性、連鎖更新、連鎖削除のチェック ボックスを選択します。[作成] を選びます。

Ctrl キーを押しながら S キーを押して、リレーションシップ ダイアグラムのレイアウトの変更を保存します。

以上です。[リレーションシップ] ウィンドウを使用して、一対多リレーションシップを作成しました。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×