ビデオ: ユーザー インターフェイス (UI) マクロを作成する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

Access 2010 では、コマンドボタン、テキストボックス、フォーム、レポートなど、ユーザーインターフェイス (ui) オブジェクトに添付されているマクロは、ui マクロと呼ばれます。これにより、テーブルに関連付けられているマクロとデータマクロが区別されます。このビデオでは、UI マクロを作成するための基本を説明します。

ビデオの内容

このビデオでは、2つのフォーム、データシート、および詳細フォームを作成する方法について説明します。次に、データシートフォームに埋め込まれた UI マクロを追加する方法について説明します。データシートで ID をクリックすると、詳細フォームが適切なレコードに表示されるようになります。

データシートフォームを作成する

使用するデータシートまたはその他の複数アイテムフォームがまだない場合は、次の手順を使用して作成します。

  1. ナビゲーション ウィンドウで、データシート フォームに表示するデータが含まれているテーブルまたはクエリを選びます。

  2. [作成] タブの [フォーム] グループで、[データシート] をクリックします。
    Access によってフォームが作成され
    ます。すぐに使用を開始するか、フォームを保存して閉じることができます。

詳細フォームを作成する

使用する詳細またはその他の単一アイテムフォームがまだない場合は、次の手順を使用して作成します。

  1. ナビゲーション ウィンドウで、データシート フォームに表示するデータが含まれているテーブルまたはクエリを選びます。

  2. [作成] タブの [フォーム ] グループで、[フォーム] をクリックします。
    Access によってフォームが作成され
    ます。すぐに使用を開始するか、フォームを保存して閉じることができます。

データシートフォームに "UI マクロを追加する

  1. ナビゲーションウィンドウでデータシートフォームをダブルクリックして開きます。

  2. プロパティ シートが表示されていない場合は、F4 キーを押して表示します。

  3. マクロを追加するフィールドの列見出しをクリックします。これは、マクロの終了時に詳細フォームを開くためにクリックした列になります。

  4. プロパティ シートの [イベント] タブで、[クリック時] または [ダブルクリック時] プロパティ ボックス内をクリックし (フィールドをクリックしてフォームを開くようにするのか、ダブルクリックしてフォームを開くようにするのかに応じて)、[ビルド] ボタンの画像 をクリックします。

  5. [アクションカタログ] ウィンドウの [検索] ボックスに「 open」と入力します。

  6. "マクロアクションをマクロウィンドウにドラッグするか、ダブルクリックします。

  7. "マクロアクションの引数を入力します。このビデオでは、次の値を使用しました。

引数

フォーム名

frmContactDetails

Where 条件式

ID = [F orm]![ frmContactList ]![ID]

データ モード

編集

Window Mode/ウィンドウ モード

ダイアログ

必要に応じて、フォーム名 (frmContactList) とフィールド名 (ID) をフォームの適切な値に置き換えます。その他の引数が表示された場合は、空白のままにします。

  1. 引数の値を入力し終えたら、[デザイン] タブの [閉じる] をクリックします。

  2. [プロパティシート] ウィンドウを閉じ、マクロを追加したフィールドをクリックまたはダブルクリックしてマクロをテストします。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×