Excel for Mac のヒント

ユーザー設定リストを設定する (Mac)

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

LinkedIn ラーニングでその他の Excel のトレーニングを探す

ワークシートで頻繁に必要になるリストがある場合は、ユーザー設定リストを作成すると便利です。たとえば、すべての自社製品のリストをユーザー設定リストとして保存しておくことができます。スプレッドシートでそのリストが必要になるたびに、入力する必要があるのはリストの 1 つのアイテム (通常は最初のアイテム) だけです。後は、セルの右下隅にある + 記号をドラッグすればリストの残りのアイテムが自動的に入力されます。

ユーザー設定リストを作成する

  1. [Excel][環境設定]の順に選択します。

  2. [ユーザー設定リスト] を選択します。

  3. [リストの取り込み元範囲] を選択します。

  4. リストを含むセルを選択してドラッグします。

  5. [インポート] をクリックしてダイアログ ボックスを閉じます。

ユーザー設定リストを使用する

  1. セルを選択します。

  2. 作成したユーザー設定リストの最初の単語を入力します。

  3. セルの右下隅にある + 記号を下方向にドラッグします。

    注: 場合によっては、単語を入力してから、セルの右下隅にある + 記号をドラッグしてその単語を数回繰り返したいことがあります。しかし、その単語がユーザー設定リストの一部になっている場合は、ユーザー設定リストの他のエントリが取得されます。これを避けるには、Option キーを押しながら、セルの右下隅にある + 記号をドラッグすることでその単語を数回繰り返します。

ユーザー設定リストを使ってデータを並べ替える

  1. [並べ替え] を選択します。 データの並べ替え

    注: 並べ替えでは常に、リストに空の行または列がないことを確認します。

  2. [並べ替え] ポップアップ ボックスの [順序] の下で [ユーザー設定リスト] を選択します。

  3. 選択するユーザー設定リストを選択します。

  4. [OK] を選び、[OK] をもう一度選択します。

さらに詳しく

LinkedIn ラーニングで類似するその他のコースについて確認する

このレッスンでは、ユーザー設定リストの 作成方法について説明します。

ユーザー設定リストを使って データの入力ミスを防ぎ 作業を効率化しましょう。

Chapter3 の「ユーザー設定リスト」の シートを開いてください。

リストを設定したい セルを選択しておきます。

データ」タブをクリックし、 リボンを切り替えます。

データのリボンに切り替わると 右側の方にある、 「入力規則」という ボタンをクリックします。

入力規則」のボタンをクリックすると 「データの入力規則」という 画面が表示されます。

左側の「許可」の欄の 選択ボタンをクリックし、 「リスト」を選択します。

リストに表示したい項目を 元の値に入力するのですが 今回は、予め シートに入力してあります。

よって、元の値の空欄をクリックし、 シートの該当する箇所をドラッグすることで セル番地が入力されます。

画面の右下、OK をクリックします。

範囲選択したセルの1つをクリックし、 アクティブセルの右側の三角の ボタンをクリックします。

すると、設定しておいた リストが表示されます。

あとはクリックして、選択するだけです。

これで、誤ったデータを入力する 可能性が低くなるので データの入力ミスを防ぎ、 作業が効率化します。

このレッスンでは、ユーザー設定リストの 作成方法について説明しました。

学習はまだ続きます。LinkedIn Learningで、エキスパートによるチュートリアルの詳細をご覧ください。linkedin.com/learning から、無料試用版を今すぐお試しください。

LinkedIn ラーニングを 1 か月間無料で活用する

広く認められている業界の専門家から学習し、最も需要のあるビジネス、技術、および独創的な技術を取得します。

利点

  • 4,000 を超えるビデオ コースに無制限にアクセス。

  • LinkedIn プロファイルに基づいて個人用のおすすめ候補を表示。

  • コンピューターまたはモバイル デバイスからコースをストリーミング。

  • すべてのレベルのコースを受講 (初心者~上級者)。

  • テスト、演習ファイル、およびコーディング ウィンドウで学習しながら演習。

  • 自分用またはチーム全体用にプランを選択。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×