テキストやデータを追加する

ユーザー設定リストを設定する

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

LinkedIn ラーニングでその他の Excel のトレーニングを探す

頻繁に使用するリストがある場合、必要になるたびにリストを入力しなくとも済むように、再利用可能なリストを作成できます。

ユーザー設定リストを作成する

  1. 再利用するリスト内のセルを選択します。

  2. [ファイル]、[オプション] の順に選択します。

  3. [詳細設定] を選択し、下にスクロールし、[全般] セクションで、[ユーザー設定リストの編集] を選択します。
    詳細設定

  4. [インポート] を選択し、[OK] を選択します。
    インポート

    ヒント: [リストの項目] に入力して、ユーザー設定リストを作成することもできます。

  5. [OK] をクリックして、[Excel のオプション] ダイアログ ボックスを閉じます。

ユーザー設定リストを使用する

  • ユーザー設定のリストからセルにデータを入力し、複数のセルにわたってフィル ハンドルをドラッグします。

ユーザー設定リストを基準にして並べ替える

  1. 並べ替える列のセルを選択します。

  2. [データ]、[並べ替え] の順に選択します。

  3. [最優先されるキー] で、並べ替えたい列を選択します。

  4. [並べ替えのキー] で [] を選択します。

  5. [順序] で [ユーザー設定リスト] を選択します。

  6. [ユーザー設定リスト] で、ユーザー設定リストを選択します。

  7. [OK] をクリックして、[ユーザー設定リスト] ダイアログ ボックスを閉じます。

  8. [OK] をクリックして、[並べ替え] ダイアログ ボックスを閉じます。

さらに詳しく

LinkedIn ラーニングで類似するその他のコースについて確認する

ユーザー設定リストを使用してデータを並べ替える

このレッスンでは、 オートフィル機能で連続データを入力する 操作について解説します。

Excel では規則性のある連続する データを自動的に入力することが出来ます。

使用するブックは Chapter_2 です。

このブックの「連続データ」のシートを アクティブシートにしましょう。

2 行目にはサンプルデータが 入力されています。

まずは A 列に注目しましょう。

これから A 列に 月名を連続して入力します。

A の 2 のセルには 1月と入力されています。

A の 2 のセルをアクティブセルにし 数式バーも確認しておきましょう。

この1月と入力されている A の 2 のセルを基準として、 月名をオートフィル機能で 自動的に入力することができます。

では見てみましょう。

オートフィル機能を実行する起点となるセルを アクティブセルにします。

よって今回は A の 2 のセルを アクティブセルにします。

アクティブセルの右下隅には 小さい四角が表示されますね。

この小さい四角は 「フィルハンドル」と言います。

このフィルハンドルに マウスポインターをポイントすると、 マウスポインターの形が 黒い十字の形に変わります。

そのまま下に向かってドラッグすると、 このように月名がコメント表示されます。

適当な所でマウスのボタンを離しましょう。

すると連続データとして 月名を入力することが出来ました このように Excel では 規則性のある連続するデータを オートフィル機能を使って 自動的に入力することが出来ます。

B 列の日付が入ってるセルも アクティブセルにし、 右下隅のフィルハンドルに マウスポインターをポイントし、 ドラッグして確認してみましょう。

C 列には月曜日の「月」と 入力されています。

ではこちらもアクティブセルを移動し 右下隅のフィルハンドルをドラッグして 曜日を連続して入力することができました。

D 列は「第1章」と入力されていますね。

このように文字と数字の組み合わせのデータは オートフィルを実行すると 数字の部分が連続データとして入力されます。

オートフィル機能を実行する時のポイントは、 起点となるセルを アクティブセルにするということ、 そして右下隅のフィルハンドルに マウスポインターをポイントし 黒い十字の形にマウスポインターが 変わってから ドラッグするということです。

又 下方向にドラッグする以外に、 右方向にドラッグしたり、 あるいは上や左にドラッグして 連続データを入力することも可能です。

では続いて数値を連続データにする操作を 見ていきましょう。

では F の 2 のセルに 数字の「1」を入力します。

数字の 1 を入力したセルを アクティブセルにし、 右下隅のフィルハンドルに マウスポインターをポイントします。

オートフィルを実行してマウスを離すと、 数値の場合は同じデータが入力されてきます。

連続データには自動的にはなりません。

そこで右下隅に注目しましょう。

右下隅には「オートフィルオプション」という スマートタグが表示されます。

この「オートフィルオプション」を クリックするとメニューが表示されますので、 上から 2 つ目の 「連続データ」という項目をクリックすると 数値を連続データとして 入力することが出来ます。

このオートフィルオプションは 次の操作を始めると自動的に消えますので 気にしないようにしましょう。

またこの方法以外にあらかじめ (キーボード入力音) 規則性を作っておくというのも 一つの方法です。

「1」と入力したセルの下に 「2」と入力します。

そして 1 と 2 を入力した 両方のセルを選択し 右下隅のフィルハンドルをドラッグすると、 このように連続データとして 入力することも出来ます。

この方法を使えば「10」「20」と入力し 10 ずつ増えていく連続データを 作ることもできます。

では続いてユーザー設定リストを作って 独自の連続データを入力する操作を 見ていきましょう。

例えば「りんご」と入力します。

そして「りんご」と入力したセルを起点として オートフィルを実行すると、 当然ですが「りんご」「りんご」と 同じデータが入ってきます。

「りんご」の次は「みかん」だ などという規則はないからです。

そこでりんごの次はみかんです その次はももですといったような ユーザー独自の設定をすることもできます。

ユーザー設定リストを 作っておくと良いでしょう。

では見てみましょう。

ユーザー設定リストを作成します。

使用するのは「ファイル」タブです。

ファイル」タブをクリックし 左のメニューから一番下 「オプション」をクリックします。

すると「Excel のオプション」の ダイアログボックスが表示されました。

左のメニューから真ん中辺りの 「詳細設定」をクリックしましょう。

そして画面を一番下までスクロールして こちらに「ユーザー設定リストの編集」 というボタンがありますので、 「ユーザー設定リストの編集」を クリックすると 「ユーザー設定リスト」の ダイアログボックスが表示されました。

ここに「新しいリスト」として 登録しておくと、 オートフィル機能を使って 連続データとして入力することができます。

では「リストの項目」にクリックを出し、 ここにユーザー設定リストに登録したい項目を (キーボード入力音) Enter で改行しながら入力していきます。

では今回は「りんご」「みかん」そして 「もも」「れもん」としておきましょう。

(キーボード入力音) このように入力した後、右にあります 「追加」ボタンをクリックすると ユーザー設定リストとして 登録することができます。

下にあります OK ボタンをクリックし、 「Excel のオプション」も OK ボタンをクリックして閉じましょう。

では「りんご」と入力したセルを アクティブセルにし、 オートフィルを実行してみます。

すると「みかん もも れもん」と 連続データになりましたね ユーザー設定リストが不要になった、 あるいは間違って作ってしまったという場合は 削除が可能です。

見ておきましょう。

ファイル」タブをクリックします。

オプション」をクリックします。

Excel のオプション」の「詳細設定」を クリックしたら 一番下までスクロールし、 「ユーザー設定リストの編集」ボタンを クリックします。

こちらに先程登録した 「りんご みかん もも れもん」のリストがありますので、 削除する場合には 削除したいリストを選択し、 右にあります「削除」ボタンを クリックすると、 「リストを削除します」という メッセージが表示されます。

OK ボタンをクリックすることで 削除が出来ました。

ユーザー設定リスト」は OK をクリックし、 さらに「Excel のオプション」も OK をクリックして閉じましょう。

これでユーザー設定リストを 削除することが出来ました。

よって「りんご」と入力したセルを オートフィルを実行しても 連続データにはなりません。

このレッスンでは、 オートフィル機能で連続データを入力する 操作について解説しました。

学習はまだ続きます。LinkedIn Learningで、エキスパートによるチュートリアルの詳細をご覧ください。linkedin.com/learning から、無料試用版を今すぐお試しください。

LinkedIn ラーニングを 1 か月間無料で活用する

広く認められている業界の専門家から学習し、最も需要のあるビジネス、技術、および独創的な技術を取得します。

利点

  • 4,000 を超えるビデオ コースに無制限にアクセス。

  • LinkedIn プロファイルに基づいて個人用のおすすめ候補を表示。

  • コンピューターまたはモバイル デバイスからコースをストリーミング。

  • すべてのレベルのコースを受講 (初心者~上級者)。

  • テスト、演習ファイル、およびコーディング ウィンドウで学習しながら演習。

  • 自分用またはチーム全体用にプランを選択。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×