テキストやデータを追加する

カスタム数値形式を作成する

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

LinkedIn ラーニングでその他の Excel のトレーニングを探す

Excel では、多くの組み込みの数値形式を使用するか、独自に作成することができます。

  1. 列見出しを右クリックし、[セルの書式設定] を選択します。

    または、列を選択し、[ホーム]、[数値] の順に選択します。
    標準

    [セルの書式設定] ダイアログ ボックスが開くと、[数値] タブが既定で選択されています。

    注: Ctrl キーを押しながら 1 を押して、[セルの書式設定] ダイアログ ボックスを開くこともできます。

  2. [分類] の [ユーザー定義] を選択します。
    分類

  3. [種類] で形式を選択します。

    または、[種類] ボックスに新しい形式を入力して、形式を作成します。

  4. [OK] を選択します。

さらに詳しく

LinkedIn ラーニングで類似するその他のコースについて確認する

ワークシート上のデータを整理および書式設定するためのガイドライン

このレッスンでは、ユーザー定義の 表示形式を設定する方法について解説します。

表示形式とは、入力したデータを どのように表示するかを設定したものです。

ホーム」タブ「数値」グループの 各ボタンを使って表示形式を設定します。

例えば、この表の金額の欄には 桁区切りスタイルが設定されています。

桁区切りスタイルは 数値グループのカンマのボタン 桁区切りスタイルのボタンを使うと 簡単に適用することができます。

数量の欄のように「個」という 表示形式を適用したい場合には ユーザー定義が必要です。

では、ユーザー定義の表示形式を 設定する操作を見ていきましょう。

表示形式を設定したいセル範囲を選択します。

ホーム」タブ「数値」グループの ダイアログ起動ツールをクリックします。

「セルの書式設定」の ダイアログボックスが表示され 「表示形式」タブが選択されています。

分類は「標準」となっています。

セルの表示形式は初期設定では標準です。

分類の1番下の 「ユーザー定義」をクリックします。

右上のサンプルで、結果を 確認することができますので 参考にしましょう。

種類のボックスに「G/ 標準」と 表示されています。

これは、現在選択しているセル範囲は 表示形式は標準であると いうことを意味します。

では、先程確認した完成例のように 「個」という表示形式を 適用していきましょう。

種類のボックスの「標準」の右を クリックしてカーソルを出します。

キーボードから「個」と入力します。

サンプルを見ると「個」という表示形式が 適用されることが良く分かります。

下にある OK ボタンをクリックしましょう。

選択している範囲に、ユーザー定義の 表示形式を設定することができました。

このように、セルの書式設定の ダイアログボックスの表示形式タブを使うと ユーザー定義で表示形式を 適用することができます。

予め用意されている組み込みの表示形式を リストボックスから選択したり 先程行ったように、新しい表示形式を キーボードから入力することもできます。

種類のボックスに入力した「個」の文字が ダブルクォーテーションで囲まれています。

表示形式内で使われる文字は ダブルクォーテーションで囲むと いう決まりがあります。

種類のボックスに文字を入力すると 自動的に ダブルクォーテーションで囲まれます。

因みに、ユーザー定義の 表示形式を削除するには 削除したい表示形式を選択し リストボックス右下の「削除」と いうボタンを使うと 削除することができます。

このレッスンでは、ユーザー定義の表示形式を 設定する方法について解説しました。

学習はまだ続きます。LinkedIn Learningで、エキスパートによるチュートリアルの詳細をご覧ください。linkedin.com/learning から、無料試用版を今すぐお試しください。

LinkedIn ラーニングを 1 か月間無料で活用する

広く認められている業界の専門家から学習し、最も需要のあるビジネス、技術、および独創的な技術を取得します。

利点

  • 4,000 を超えるビデオ コースに無制限にアクセス。

  • LinkedIn プロファイルに基づいて個人用のおすすめ候補を表示。

  • コンピューターまたはモバイル デバイスからコースをストリーミング。

  • すべてのレベルのコースを受講 (初心者~上級者)。

  • テスト、演習ファイル、およびコーディング ウィンドウで学習しながら演習。

  • 自分用またはチーム全体用にプランを選択。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×