Mac でメールを管理する

メールを返信・転送する (Mac)

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

LinkedIn ラーニングでその他の Outlook のトレーニングを探す

Outlook for Mac では、返信、全員に返信、または転送の機能を使って、メール メッセージに返信することができます。

メールに返信する

  1. メールを選択します。

  2. [ホーム]、[返信] の順に選択します。

    新しい返信ウィンドウが別ウィンドウとして表示されます。

  3. 必要に応じて、[件名] を編集します。

  4. メール本文にメッセージを入力して、[送信] を選択します。

    注: メールに返信すると、メッセージ リストに、左方向矢印の付いた新しいアイコンが表示されます。メールを選んで、正確な返信日時を確認することもできます。返信を表示するには、[返信メッセージを表示] を選択します。

メールに対して全員に返信する

  1. メールを選んでから、[ホーム]、[全員に返信] の順に選択します。

  2. 必要に応じて、[件名] を編集します。

  3. メール本文にメッセージを入力して、[送信] を選択します。

メールを転送する

  1. メールを選んでから、[ホーム]、[転送] の順に選択します。

  2. [宛先] フィールドにメール アドレスを入力します。

  3. 必要に応じて、[件名] を編集します。

  4. メール本文にメッセージを入力して、[送信] を選択します。

    注: メールを選び、メッセージの転送日時を表示します。[転送メッセージを表示] で、転送されたメッセージを表示することができます。

さらに詳しく

LinkedIn ラーニングで類似するその他のコースについて確認する

Outlook 2016 for Mac のヘルプ

Outlook 2016 for Mac の新機能

Outlook 2016 for Mac: クイック スタート ガイド

このレッスンでは、受信したメールの 返信や転送方法について説明します。

メールに返信してみましょう。

返信したいメールをクリックして選択して 「ホーム」リボンの 「返信」ボタンをクリックします。

「宛先」は、既に入力されており 「件名」には、返信の Reply を意味する 「Re」が先頭に表示されます。

「件名」は特に、このままで問題なければ 後は本文を入力して 「送信」ボタンをクリックするだけです。

この画面は、左上の 赤い「×」ボタンで閉じておきます。

同じく「返信」ボタンの横には 「全員に返信」というボタンがあります。

先ほどの「返信」と どこが違うのか確認します。

同じメールを選択して 「全員に返信」ボタンをクリックします。

実は、このメールには CC で送られてきた メールアドレスが挿入されています。

全員に返信」ボタンを クリックして、返信をすることで 「宛先」だけではなく「CC 」にも メールアドレスが挿入されています。

グループ全ての人に メールを返信したい場合は このボタンが有効です。

このメール返信の画面は、左上の 赤い「×」ボタンで閉じておきます。

メールの内容はそのままで 誰かに転送したい場合は メールを転送します。

転送したいメールをクリックして選択して 「ホーム」リボンの 「転送」ボタンをクリックします。

そうすることで、本文はそのまま 「件名」には転送を意味する 「Fw」が先頭に表示され 「宛先」の所は空欄になっています。

後は「宛先」にメールアドレスを入力すると 「送信」ボタンが押せるようになります。

この転送画面も 左上の赤い「」ボタンで閉じておきます。

また、メッセージを作成して 送信せずに閉じようとした場合 下書きをして保存することも可能です。

今回は、破棄しておきます。

このレッスンでは、受信したメールの 返信や転送方法について説明しました。

学習はまだ続きます。LinkedIn Learningで、エキスパートによるチュートリアルの詳細をご覧ください。linkedin.com/learning から、無料試用版を今すぐお試しください。

LinkedIn ラーニングを 1 か月間無料で活用する

広く認められている業界の専門家から学習し、最も需要のあるビジネス、技術、および独創的な技術を取得します。

利点

  • 4,000 を超えるビデオ コースに無制限にアクセス。

  • LinkedIn プロファイルに基づいて個人用のおすすめ候補を表示。

  • コンピューターまたはモバイル デバイスからコースをストリーミング。

  • すべてのレベルのコースを受講 (初心者~上級者)。

  • テスト、演習ファイル、およびコーディング ウィンドウで学習しながら演習。

  • 自分用またはチーム全体用にプランを選択。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×