メールを整理する

メールを検索する/絞り込む

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

LinkedIn ラーニングでその他の Outlook のトレーニングを探す

検索は、Outlook のどこにあってもメール メッセージを見つけるのに役立つ強力なツールです。

メールを検索する

  1. 検索バーを選択します。

  2. 検索するメール メッセージに含まれている名前、件名、または語句を入力します。

検索結果を絞り込む

  1. 検索バーを選択し、名前または件名を入力します。

  2. 次のオプションを選択して、検索範囲を絞り込んだり、広げたりします。[すべてのメールボックス]、[現在のメールボックス]、[現在のフォルダー]、[サブフォルダー]、または [すべての Outlook アイテム]。

  3. また、検索結果をさらにフィルター処理するには、[絞り込み] グループ内のカテゴリを選択することもできます。

    • 差出人 – 特定のユーザーからの結果のみを表示します。

    • 件名 – 件名に基づいて結果のみを表示します。

    • 添付ファイルあり – 添付ファイルがあるメールのみを表示します。

    • 分類項目あり – 特定の分類項目を割り当てた結果のみを表示します。

    • 今週 – メール メッセージを受信した日付で検索します。[今日]、[昨日]、[今週]、[先週]、[今月]、[先月]、[今年]、または [昨年]。

    • 宛先 – [宛先が自分]、[宛先/CC に自分の名前がない]、または [宛先が​​自分以外] のメッセージを検索します。

    • 未読 – 未読のメッセージのみを表示します。

    • フラグ付き – 自分でフラグを付けたメッセージのみを表示します。

    • 重要 – 重要としてマークされているメールのみを表示します。

    • 詳細 – [CC] または [秘密度] など、より詳細な条件に基づいて結果をフィルター処理します。

  4. もう一度最近の検索を実行するには、[最近検索した語句] を選択します。

    注: Outlook では、結果ではなく、最近検索したクエリのみを保存します。

  5. [検索結果を閉じる] を選択して、[検索] タブを選択します。

さらに詳しく

LinkedIn ラーニングで類似するその他のコースについて確認する

Outlook で検索条件を絞り込んでより良い検索結果を得る

検索フォルダーを作成する

クイック検索でメッセージを検索する

このレッスンでは、メールを検索する 方法について解説します。

また、検索結果を絞り込む 方法についても紹介します。

では、メールを検索する操作から みていきましょう。

メッセージ一覧上部の検索ボックスを クリックしてカーソルを出します。

検索のキーワードを入力します。

Enter キーを押すか、右にある 検索ボタンをクリックすると 検索が実行されます。

メッセージ一覧には、検索のキーワードに 一致したメールだけが表示されます。

また、メッセージ内の検索ワードは 色が付いて強調表示されます。

検索状態を解除するには 検索ボックス右の 「検索結果を閉じる」の ボタンをクリックします。

これで検索結果が閉じられて、メール一覧には すべてのメールが表示されます。

検索ボックス右の「現在のメールボックス」の 右にある下向き三角をクリックすると 検索を実行するメールボックスを 指定することも可能です。

では、次に検索結果を 絞り込む操作をみていきましょう。

まずは、検索ボックスにキーワードを入力し 検索を実行します。

「インテリア」というキーワードで メールを検索しました。

検索結果が表示されます。

検索を実行すると、「検索ツール」の 「検索」タブが自動的に表示されます。

この「検索」タブを使って、さらに メールを絞り混むことができます。

検索」タブ>「絞り込み」グループの 「添付ファイルあり」の ボタンをクリックすると 「添付ファイルあり」のメールだけに さらに絞り込まれます。

「添付ファイルあり」を解除するには 「添付ファイルあり」のボタンを もう一度クリックすると 絞り込みを解除することができます。

絞り込みのグループには、様々な絞り込みの 条件を設定するボタンが用意されています。

今「今週」と表示されているボタンの 右にある下向き三角をクリックすると 「今日」や「昨日」 「先週」と言ったように メールの受信日を指定して メールを絞り込むことができます。

また、左のほうの「範囲」グループの ボタンを使うと 検索を実行するフォルダーを 指定することができます。

今は「現在のメールボックス」が 選択されています。

その他に「すべてのメールボックス」や 「サブフォルダー」を 検索の対象とすることが可能です。

検索」タブ右端の「検索結果を閉じる」の ボタンをクリックすると 検索結果を閉じることができ、 メッセージ一覧には すべてのメールが表示されます。

このレッスンでは、メールを検索する 方法について解説しました。

学習はまだ続きます。LinkedIn Learningで、エキスパートによるチュートリアルの詳細をご覧ください。linkedin.com/learning から、無料試用版を今すぐお試しください。

LinkedIn ラーニングを 1 か月間無料で活用する

広く認められている業界の専門家から学習し、最も需要のあるビジネス、技術、および独創的な技術を取得します。

利点

  • 4,000 を超えるビデオ コースに無制限にアクセス。

  • LinkedIn プロファイルに基づいて個人用のおすすめ候補を表示。

  • コンピューターまたはモバイル デバイスからコースをストリーミング。

  • すべてのレベルのコースを受講 (初心者~上級者)。

  • テスト、演習ファイル、およびコーディング ウィンドウで学習しながら演習。

  • 自分用またはチーム全体用にプランを選択。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×