メールを送受信する

メールを作成・送信する

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

LinkedIn ラーニングでその他の Outlook のトレーニングを探す

新しいメール メッセージの作成と送信、メール メッセージへの返信、メール メッセージの転送を行い、下書きメッセージを終了します。

新しいメール メッセージを作成して送信する

  1. [ホーム]、[新しい電子メール] の順に選択して、新しいメッセージを開始します。

    注: 複数のメール アカウントがある場合は、[差出人] ドロップダウン リストを選択して、メール メッセージの差出人にするアカウントを選択します。

  2. [宛先...]、[CC]、または [BCC] フィールドに名前またはメール アドレスを入力します。

    • 電子メール アドレスの入力を開始したときに、候補の電子メール アドレスのいずれかを選択するか、電子メール アドレスを入力し続けるかのいずれかを行うことができます。

    • 複数の受信者の場合、セミコロンで区切ります。

    • アドレス帳から受信者の名前を選択するには、[宛先...] を選択して、目的の名前を選択します。

    • メール メッセージのコピーを送信するには、[CC] を使用します。

    • 他のユーザーに知らせることなく、メール メッセージの "ブラインド コピー" を任意のユーザーに送信するには、[BCC] を使用します。

    • [BCC] ボックスが表示されない場合は、[オプション] を選択して、[フィールドの表示] グループで [BCC] を選択します。

  3. [件名] に、メール メッセージの件名を入力します。

  4. カーソルをメール メッセージの本文に置いて、入力を開始します。

    注: フォントやスタイルを変更したり、送信する前にメッセージの文章校正とスペル チェックを行ったりすることができます。

  5. メッセージの入力を完了したら、[送信] を選択します。

    注:  [送信] ボタンが使用できない場合は、メール アカウントを構成する必要があります。

メール メッセージに返信する

  1. メール メッセージを選択します。

  2. 閲覧ウィンドウまたはリボンの [ホーム] タブで [返信] を選択します。

  3. メール メッセージの本文にテキストを入力し、必要に応じて [件名] を変更または更新して、[送信] を選択します。

メール メッセージを転送する

  1. メール メッセージを選択します。

  2. 閲覧ウィンドウまたはリボンの [ホーム] タブで [転送] を選択します。

  3. [宛先...] フィールドに名前またはメール アドレスを入力します。

  4. 必要に応じて、[件名] を編集してメッセージを作成します。

  5. [送信] を選択します。

メッセージの下書きを終了する

  1. フォルダー一覧で [下書き] フォルダーを選択します。

  2. 下書きメッセージを選んで、閲覧ウィンドウで表示します。

  3. 次のオプションを選択します。

    • 送信する前にメール メッセージを変更する必要がある場合は、編集を続けます。変更したら、[送信] を選択します。

    • メッセージを送信しない場合は、[破棄] を選択します。

注:  いつでも、閲覧ウィンドウで [ポップアウト] を選択して、別のウィンドウでメッセージを編集できます。

さらに詳しく

LinkedIn ラーニングで類似するその他のコースについて確認する

電子メール メッセージを作成する

ビジネス向け Outlook on the web のメール

連絡先グループにメール メッセージを送信する

このレッスンではメールの作成と 作成したメールを 送信する方法について解説します。

では新しいメールを作成する 操作から見ていきましょう。

ホーム」タブ>「新規作成」グループ> 「新しい電子メール」ボタンを クリックします。

メッセージの作成ウィンドウが 表示されました。

宛先欄にクリックでカーソルを出し メールの宛先となる メールアドレスを入力します。

続いて件名の欄にクリックでカーソルを出し 件名を入力します。

続いてメッセージ本文欄に クリックでカーソルを出し メッセージを入力します。

宛先に指定したメールアドレスが すでに連絡先に登録されている場合には 名前が表示されます。

また「宛先」ボタンをクリックすると 名前の選択のダイアログボックスが 表示されますので 一覧から宛先としたい名前をクリックし 宛先ボタンや CC ボタン、 BCC ボタンをクリックして それぞれの宛先に指定することも可能です。

では続いて、メールを 送信する操作を見ていきましょう。

メッセージの作成ウィンドウ内の 左の方にある 「送信」ボタンをクリックします。

これでメールを送信することができました。

規定の設定ではメールは 直ちに送信されます。

メールが送信されたことを確認しましょう。

左のフォルダー一覧から 「送信済みアイテム」をクリックして 送信したメールを 確認することができます。

今送信したメールをメール一覧で クリックで選択すると 右の閲覧ウィンドウに その内容が表示されます。

これでメールの送信は完了です。

この様に規定では 「送信」ボタンをクリックすると メールは直ちに送信されます。

もし直ちに送信せずに 送信トレイにとどめておきたいという場合には 設定の変更が可能です、 見ておきましょう。

ファイル」タブをクリックします。

オプション」をクリックします。

Outlook のオプション」の ダイアログボックスが表示されました。

詳細設定」をクリックします。

送受信欄」の「接続したら 直ちに送信する」という チェックボックスが規定では チェックがついて有効になっています。

チェックボックスをクリックして チェックを外すと 送受信をするまでメールは 送信トレイにとどまります。

確認できましたら「キャンセル」ボタンを クリックしてキャンセルしておきます。

送信トレイにメールが とどまっている場合には 「送受信」タブの「すべてのフォルダーを 送受信」をクリックするか クイックアクセスツールバーの 「すべてのフォルダーを送受信」を クリックすることでメールを 送信することができます。

送信済みアイテム」フォルダー内の 送信したメールを再送することも可能です。

見てみましょう。

再送したいメールを ダブルクリックします。

メッセージウィンドウが表示されました。

メッセージ」タブ>「移動」グループ> 「その他の移動アクション」ボタンを クリックします。

このメッセージを再送」を クリックします。

するとメールを送信するための メッセージの作成ウィンドウが表示され 宛先、件名、メッセージ本文が 送信したメールと同じように 自動的に作成されます。

必要に応じて編集するなどし、 「送信」ボタンを使って 再送することが可能です。

このレッスンではメールの作成と 作成したメールを 送信する方法について解説しました。

学習はまだ続きます。LinkedIn Learningで、エキスパートによるチュートリアルの詳細をご覧ください。linkedin.com/learning から、無料試用版を今すぐお試しください。

LinkedIn ラーニングを 1 か月間無料で活用する

広く認められている業界の専門家から学習し、最も需要のあるビジネス、技術、および独創的な技術を取得します。

利点

  • 4,000 を超えるビデオ コースに無制限にアクセス。

  • LinkedIn プロファイルに基づいて個人用のおすすめ候補を表示。

  • コンピューターまたはモバイル デバイスからコースをストリーミング。

  • すべてのレベルのコースを受講 (初心者~上級者)。

  • テスト、演習ファイル、およびコーディング ウィンドウで学習しながら演習。

  • 自分用またはチーム全体用にプランを選択。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×