Mac でメールを管理する

メールを作成する (Mac)

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

LinkedIn ラーニングでその他の Outlook のトレーニングを探す

新しいメール メッセージの作成と送信、テキストの書式設定、ファイルと画像の添付、下書きの保存、および送信メールの確認を行うことができます。

メッセージの作成、書式設定、送信を行う

  1. [ホーム]、[新しい電子メール] の順に選択します。

  2. 1 つ以上のメール アカウントがある場合は、[差出人:​​] で、メッセージの送信元のメール アカウントを選択します。

  3. [宛先:] で、名前またはメール アドレスを入力します。複数の名前またはメール アドレスを追加することができます。
    ユーザーのメール アドレスがわからない場合でも、連絡先リストまたはアドレス一覧にある場合は、右端のアイコンを選び、次のようにします。

    • [ユーザーの検索] ボックスに、探しているユーザー名の名前を入力します。

    • 結果から名前を選択します。

    • 追加先の行を、[宛先]、[CC]、[Bcc] から選択します。

    • [X] を選び、[ユーザーの検索] ボックスを閉じます。

  4. [件名] を入力します。

  5. メール本文にメッセージを入力します。

  6. テキストの書式を設定するには、テキストをドラッグして選択します。次に、Word の場合と同じように、フォント、フォント サイズ、太字、斜体、下線、色、およびその他の機能を使って書式を設定します。

  7. [ファイルの添付] または [画像] を選び、メールにファイルまたは画像を添付します。

    注: 添付ファイルにはメールで送信するには大きすぎるものもあるため、添付ファイル行のファイル サイズをご確認ください。添付ファイルを削除するには、添付ファイルの横にカーソルを置き、Delete キーを押します。

  8. すぐに送信する場合は、[送信] を選択します。
    メッセージを下書きとして保存する場合は、[保存] を選択します。

下書きを編集して送信する

  1. [下書き] フォルダーを選択します。

  2. メールをダブルクリックします。

  3. 必要な変更を行います。

  4. [送信] を選択します。

送信済みアイテムを確認する

  1. メール メッセージが正常に送信されたかどうかを確認するには、[送信済みアイテム] を選択します。

  2. メール メッセージを見つけます。

さらに詳しく

LinkedIn ラーニングで類似するその他のコースについて確認する

Outlook 2016 for Mac のヘルプ

Outlook 2016 for Mac の新機能

Outlook 2016 for Mac: クイック スタート ガイド

このレッスンでは Outlook で新しく メールを作成する方法について説明します。

Outlook でメールを送信してみましょう。

ホーム」リボンの左端に 「新規メール」ボタンがあります。

これをクリックすると 新規メールを作成する画面が表示されます。

Outlook に複数の メールアカウントを設定している場合 1番上の「差出人」という所から どのメールアカウントを使って メールを送信するのか 設定することができます。

そして、「宛先」を入力します。

CC が必要な時は CC も入力します。

「件名」を入力します。

そして、「本文」を入力していきます。

これで、メールの入力が完了しました。

メールを送信する時はメール作成画面の 左上の「送信」ボタンをクリックすると メールは送信されます。

メールが送信されたか確認するのは 「受信トレイ」の下の所に 「送信済みアイテム」がありますので 「送信済みアイテム」をクリックし 送ったメールが表示されて いるかどうかを確認します。

このレッスンでは Outlook で新しく メールを作成する方法について説明しました。

学習はまだ続きます。LinkedIn Learningで、エキスパートによるチュートリアルの詳細をご覧ください。linkedin.com/learning から、無料試用版を今すぐお試しください。

LinkedIn ラーニングを 1 か月間無料で活用する

広く認められている業界の専門家から学習し、最も需要のあるビジネス、技術、および独創的な技術を取得します。

利点

  • 4,000 を超えるビデオ コースに無制限にアクセス。

  • LinkedIn プロファイルに基づいて個人用のおすすめ候補を表示。

  • コンピューターまたはモバイル デバイスからコースをストリーミング。

  • すべてのレベルのコースを受講 (初心者~上級者)。

  • テスト、演習ファイル、およびコーディング ウィンドウで学習しながら演習。

  • 自分用またはチーム全体用にプランを選択。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×