Outlook でよりアクセシビリティの高いメール メッセージを作成する

メールのアクセシビリティを強化する

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

広範なユーザーを対象にメールを送信するときには、視覚障碍のあるユーザーにとってアクセシビリティが高いかどうかを確認します。

HTML を既定のメッセージ形式として設定する

  1. [ファイル]、[オプション]、[メール] の順に選択します。

  2. [メッセージの作成] で、[この形式のメッセージを HTML で作成する] に設定します。

個別のメッセージを HTML 形式に変更する

  • 作成中のメッセージで、[テキストの書式設定]、[HTML] の順に選択します。

フォントを慎重に選択する

  • シンプルなサンセリフのフォントを使用します。これらのフォントは、装飾的に凝ったスタイルを使用せず、通常、一貫した幅の線が使用されています。サンセリフ フォントの例は次のとおりです。

    • Arial

    • Calibri

    • Segoe

    • HG 丸ゴシック M-PRO

  • 斜体、しゃれた文字、端がカールした装飾的なフォントは避けます。

  • 12 ポイント以上のフォント サイズを使用します。

  • フォントの色は、背景色とのコントラストを考えて使用します。

すべてのメッセージに既定のフォントを設定する

  1. [ファイル]、[オプション]、[メール] の順に選択します。

  2. [メッセージの作成] で、[ひな形およびフォント]、[ひな形] の順に選択します。

  3. [新しいメッセージ] で、[フォント] を選択して、既定のフォントを設定し、[OK] をクリックします。

個別のメッセージのフォントを変更する

  • 新しい空白のメッセージで、[メッセージ] を選択して、[フォント]、[フォント サイズ]、[フォントの色]、その他の属性を変更します。

  • 既存のテキストのフォントを変更するには、テキストを選択し、[メッセージ] を選択して、フォントを変更します。

アクセシビリティの高い署名を作成する

  1. [ファイル]、[オプション]、[メール] の順に選択します。

  2. [メッセージの作成] で、[署名] を選択します。

  3. 署名を選択して、編集したり、新しい署名を作成したりします。

  4. 署名の書式を選択して、アクセシビリティの高いフォント、サイズ、色を適用します。

  5. 画像を署名に追加するには、署名を置きたい位置を選択して、[画像の挿入] を選択します。目的の画像を選択して、[挿入] を選択します。

  6. 代替テキストを画像に追加するには、画像を右クリックして、[画像] を選択します。

  7. [代替テキスト] を選択して、署名の画像を説明するテキストを追加し、[OK] を選択します。

アクセシビリティの高い背景またはひな形をメールに設定する

  1. [ファイル]、[オプション]、[メール] の順に選択します。

  2. [メッセージの作成]、[ひな形およびフォント]、[テーマ] の順に選択します。

  3. テーマを選択し、[OK] を選択します。
    最もアクセシビリティの高いテーマには、強い色のコントラストが使用され、メッセージ テキストの邪魔になる背景画像や線がありません。

さらに詳しく

無料の既成テンプレートをダウンロードする

ファイルを保存する

Excel のトレーニング

Word のトレーニング

PowerPoint トレーニング

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×