マクロを使って作業する

マクロを使って作業する

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

Excel での繰り返しの作業を、1 回クリックするだけで再び実行できるように自動化できます。最適な方法はマクロを記録することです。マクロの記録が、Excel で新しいマクロを作成する最も簡単な方法です。このコースでマクロについて詳しく学びます。

このコースの内容:

マクロを使って作業する (5:08)
Excel での繰り返しの作業を、1 回クリックするだけで再び実行できるように自動化する最適な方法は、マクロを記録することです。

マクロを編集する (3:29)
このビデオでは、Visual Basic エディターと呼ばれる特別なテキスト エディターでマクロを編集する方法を紹介します。Visual Basic は、マクロを記録するときに使われるプログラミング言語です。

マクロを保存する (3:09)
コンピューター上でいつでもマクロを使用できるようにするには、個人用マクロ ブックにマクロを保存します (個人用マクロ ブックは、Excel を起動するたびに読み込まれる特殊な非表示のブックです)。

マクロにボタンを割り当てる (2:55)
この最後のビデオでは、マクロをボタンに接続し、[開発] タブ上のユーザー設定グループ内、およびクイック アクセス ツール バー上の 2 か所で利用できるようにします。

コースのまとめ
このコースの重要なポイントを簡単におさらいします。

Microsoft Office トレーニングでは他にも各種のコースを用意しています。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×