プレゼンテーションを作成する

プレゼンテーションを新規に作成する

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

LinkedIn ラーニングでその他の PowerPoint のトレーニングを探す

さまざまな方法で効果的なプレゼンテーションを作成することができます。

空白のプレゼンテーションを作成する

  1. PowerPoint を開きます。

    または、PowerPoint が既に開いている場合は、[ファイル]、[新規] の順に選択します。

  2. [新しいプレゼンテーション] を選択します。

    プレースホルダーを含む PowerPoint の既定のスライド レイアウトが開きます。

  3. プレースホルダー内をクリックしてコンテンツの入力を始めます。

    たとえば、タイトルを追加するには、[クリックしてタイトルを追加してください] を選択します。

    PowerPoint では、入力するにつれて、プレースホルダー内でテキストが自動的に折り返されます。

  4. Enter キーを押して新しい行を追加します。

    新しい行を追加した後、不要になった場合は、Delete キーを押します。

  5. プレースホルダーの枠線が見えないようにしてコンテンツを表示するには、プレースホルダーの外側をクリックします。

  6. 次の操作を行って変更内容を保存します。

    • [ファイル]、[名前を付けて保存] の順に選択します。

    • 場所を選択します。

    • プレゼンテーションの名前を入力します。

    • [保存] を選択します。

    詳細については、「プレゼンテーションの保存と共有」を参照してください。

  7. プレゼンテーションを閉じるには、右上隅の [X] をクリックします。

  8. PowerPoint を再度開くと、保存したファイルが [最近使ったプレゼンテーション] の一覧に表示されます。

    ファイルをクリックして開くか、[他のプレゼンテーションを開く] を選択して開くか、[参照] を選択します。

さらに詳しく

LinkedIn ラーニングで類似するその他のコースについて確認する

PowerPoint プレゼンテーション作成のための基本的な作業

PowerPoint には様々な グラフィックアートが用意されています。

図形を使って色々なロゴや絵を 作ることができます。

では、この桜の花びらのロゴを 作りたいと思います。

まず、この「ホーム」のタブの「図形描画」、 このギャラリーをプルダウンして、 このギャラリーから使いたい図形を 挿入します。

使いたい図形を選択して スライドに挿入します。

この時 Shift を押しながら挿入すると きれいな円を挿入することができます。

花びらの部分を挿入します。

図形はこの先端にあるこの丸い矢印、 これをクリックしてドラッグすることで 360度回転させることができます。

では、これをコピー&ペーストします。

この図形を回転させるとき、 先程この先端の丸い矢印をクリックして ぐるっと回したんですけど、 この「描画ツール」の「書式」のタブの この「回転」、 ここで90度ずつ左右に 回転させることもできます。

回転」をプルダウンして 「右へ90度回転」 こうすると、90度ずつ右に回転します。

逆に、「左へ90度回転」だと 90度ずつ左側に回転させることができます。

さらにこの「左右反転」、 これをクリックすると 図形が左右に反転されます。

これでシンメトリーが作れるので 花びらを左右反転させます。

次に、またコピー&ペーストして この先端の丸をドラッグして回転させます。

そしてまたコピー&ペーストをして、 今度は描画ツールの書式設定で反転です。

左右反転」 後は1番上の花びらを作ります。

描画ツール」>「書式」タブから 「回転」>「右へ90度回転」 これで桜の花が完成しました。

次に、これらの図形に効果を付けていきます。

図形を選択して「描画ツール」> 「書式」>「図形のスタイル」、 ここで色んな効果を 図形に反映させることができます。

例えば、「図形の効果」を プルダウンしていただくと、 影を付けたり、 後は反射、今反射ですね。

鏡に映ったような反射の効果を付けたり、 光彩といって、後ろから光が差すような効果を 施すこともできます。

後はぼかし、 これで図形をぼかすことができます。

後は「面取り」といってこの3Dです。

図形に3Dグラフィックを 設定することもできます。

このように、色んな効果を 図形に施すことができます。

また、この「図形のスタイル」のここを プルダウンして頂くと、 あらかじめ色んなスタイルが 用意されています。

ここから自分の好きなスタイルを 選択することもできます。

そうすると、非常に早く図形に グラフィック効果を設定することができます。

この「図形のスタイル」から、 図形の枠線をとったり、 塗りつぶしの色を変更することができます。

では、Shift キーを押しながら 複数個の図形を選択して、 一気にこの「図形のスタイル」から スタイルを変えてしまいたいと思います。

これで花びらができました。

次は真ん中です。

真ん中は図形の枠線をなくして、 3D効果のスタイルを付けます。

これで桜の花ができました。

すべての図形を選択して グループ化しておきます。

そうすると、1つの図形として認識されるので 動かしてもそれそれが離れません。

回転の機能には他にももう1つありまして、 図形を選択して「描画ツール」の 「書式」のタブの「回転」をプルダウンします。

そして「上下反転」というのがあります。

これは図形が上下に、 このように反転されます。

上と下で反転される、 これが上下に反転です。

また、先程この丸い矢印を持って ぐるっと360度回せると紹介しましたが、 この描画ツールの「回転」の中でも 「その他の回転オプション」 というのがあります。

これをクリックして開くと、 ここに「回転」という項目があります。

この「回転」の数字を変更することで ちょっとずつ角度を変えることもできます。

では、この桜の下に 丸い図形を置きます。

今、円を挿入しました。

円の重なり順が 花の上に来てしまっているので、 円を選択して右クリックして 「最背面へ移動」させます。

この円の図形のスタイルも 描画ツールで変えていきます。

枠線をなくして、 水色の3D、 これで桜の花のロゴができました。

また、描画ツールを使って 自分の好きな図形を作ることができます。

今ここに2つ円の図形があります。

2つを選択して「描画ツール」>「書式」> 「図形の結合」 これをプルダウンすると、 このようにいくつかの項目があります。

「接合」は単純に 2つの図形が1つになります。

接合されます。

型抜き/合成」というのは 2つの図形の重なっているところが 型抜きされます。

この抜かれたところは透明になっています。

図形を動かすと、 このように背景の水色が見えますよね。

くり抜かれたところは透明色です。

戻って戻って 次に、「切り出し」です。

切り出しはこの重なっている部分が すべてバラバラに切り取られます。

このようにですね。

重なっている部分を境に すべてパーツがわかれます。

戻って戻って、 次に図形の結合の「重なり抽出」。

これは重なっているところだけが 抽出されます。

先程の型抜きの逆です。

最後に「単純型抜き」。

これは重なっている下の図形が 上の図形の形に型抜きされます。

これが単純型抜きです。

そして、この「図形の結合」を使うと、 今のこの桜の花のロゴ全部を選択して、 「図形の結合」で、 例えば「型抜き」とか、 きれいに桜の形に型抜きされたロゴが 作れました。

このように作ったロゴは 全部を選択してグループ化しておくと 離れ離れになりません。

グループ化したい図形を選択して 「描画ツール」の「書式」から「グループ化」 これをプルダウンして 「グループ化」を選択します。

そうすると、複数あった図形が 1つの図形として動かすことができます。

グループ化を解除したいときは 「描画ツール」の「書式」のタブの 「グループ化」、「グループ解除」 これを選択するとグループ化が解除されます。

ここで学習は終わりません。 LinkedIn ラーニングで 専門家によるチュートリアルを もっと見てみましょう。 linkedin.com/learning で 今すぐ無料トライアルを始めましょう。

LinkedIn ラーニングを 1 か月間無料で活用する

広く認められている業界の専門家から学習し、最も需要のあるビジネス、技術、および独創的な技術を取得します。

利点

  • 4,000 を超えるビデオ コースに無制限にアクセス。

  • LinkedIn プロファイルに基づいて個人用のおすすめ候補を表示。

  • コンピューターまたはモバイル デバイスからコースをストリーミング。

  • すべてのレベルのコースを受講 (初心者~上級者)。

  • テスト、演習ファイル、およびコーディング ウィンドウで学習しながら演習。

  • 自分用またはチーム全体用にプランを選択。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×