プレゼンテーションを保存し、共有する

プレゼンテーションをビデオとして保存する

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

LinkedIn ラーニングでその他の PowerPoint のトレーニングを探す

PowerPoint でプレゼンテーションの作成が終了した後、ビデオとして保存して他のユーザーと共有できます。

  1. [ファイル]、[エクスポート]、[ビデオの作成] の順に選びます。

  2. ビデオの品質を選びます。

    • [プレゼンテーション品質] - 最大のファイル サイズで、最高の品質です (1920 x 1080)。

    • [インターネット品質] - 中程度のファイル サイズで、中程度の品質です (1280 x 720)。

    • [低品質] - 最小のファイル サイズで、最低の品質です (852 x 480)。

  3. 以下を決定します。

    • [記録されたタイミングとナレーションを使用する]

    • [記録されたタイミングとナレーションを使用しない]

  4. [各スライドの所要時間 (秒)] ボックスで、各スライドに費やす既定の時間を選びます。

  5. [ビデオの作成] を選びます。

  6. ファイル名を入力し、ビデオを保存する場所を指定します。

  7. [ファイルの種類] ボックスで、ビデオを [MPEG-4 ビデオ] または [Windows Media ビデオ] として保存するかどうかを選びます。

    ヒント: ビデオ プレーヤーでの互換性を最高にするには、[MPEG-4 ビデオ] 形式をお勧めします。

  8. [保存] を選択します。

さらに詳しく

LinkedIn ラーニングで類似するその他のコースについて確認する

プレゼンテーションをビデオに変換する

PowerPoint でサポートされているオーディオ ファイル形式およびビデオ ファイル形式

プレゼンテーションを DVD に書き込む

ここに動画にしたいファイルがあります。

この PowerPoint ファイルを 動画として保存します。

ファイルを開いていただいて、 この「名前を付けて保存」、 ここをクリックします。

その他のオプション」を開けていただくと、 このように 「名前を付けて保存」の画面になるので、 この「ファイルの種類」を 保存したい場所を選択して ファイルの種類をここに2つ、 動画のファイル形式があります。

自分の用途に合ったファイルの形式、 動画ファイルの形式を選択して 保存します。

そうすると、ここに動画ファイルが 保存されました。

では、再生してみます。

このように、スライドが簡単に 動画ファイルに変換されました。

また、ファイルをエクスポートする方法でも ビデオを作ることができます。

ファイル」からこの「エクスポート」ですね。

この「エクスポート」を選択します。

そうすると、「ビデオの作成」というのが あるので ここをクリックします。

この右側にビデオの作成のオプションが 出てきました。

品質が選べたり、 ナレーションを記録することもできます。

ナレーションの記録は パソコンにマイクが設定されていることを 確認して行ってください。

スライドの画面が変わる時間も 設定することができます。

各スライドの所要時間、 今5秒になっていますね。

5秒では長いという方は 短めに設定していただいてもいいですし、 5秒だったら短いと思う方は ここの数字を上げてください。

各スライドの所要時間で スライドの画面の切り替わるタイミングを 変更することができます。

ここの数字で調整してください。

この状態で自分で設定し終わったら、 「ビデオの作成」をクリックします。

保存場所を選択して保存します。

そうすると ここに今作ったビデオが作成されました。

では、再生してみましょう。

画面の切り替わり時間を2秒にしたので、 結構早く画面が切り替わりましたね。

このように、PowerPoint は 簡単に動画ファイルに変換する事ができます。

これによって、スライドを動画ファイルとして 配布することも可能です。

また、今作った動画はすごくシンプルに スライドが切り替わりましたが、 スライドの切り替わりに 少し演出を付けたい場合は 画面切り替えを設定します。

画面切り替えを設定すると、 その画面切り替えの演出が反映されます。

では、画面切り替えを設定したいと思います。

ではこの「ワイプ」というのを選択して、 すべてにこのような画面切り替えの効果を 付けてみました。

画面の切り替えのタイミングですが、 この「タイミング」という項目、 ここで設定することができます。

自動的に切り替え」にチェックを付けて、 ここの数字で切り替えのタイミングを 設定していただくと、 例えば3と打ち込めば3秒ごとに 画面が切り替わります。

では、ちょっと早めに 1秒切り替えで保存してみましょう。

先程と同じように「名前を付けて保存」で 保存したい場所を選択し、 このファイルの種類を選びます。

動画ファイルの種類は MPEG-4 ビデオと Windows Media ビデオがあります。

そして OK これで動画ファイルができました。

では再生してみます。

1秒ごとにちゃんと切り替わってますね。

画面の切り替えの演出も しっかり反映されています。

このように、PowerPoint では 簡単に動画ファイルに変換する事ができます。

ここで学習は終わりません。 LinkedIn ラーニングで 専門家によるチュートリアルを もっと見てみましょう。 linkedin.com/learning で 今すぐ無料トライアルを始めましょう。

LinkedIn ラーニングを 1 か月間無料で活用する

広く認められている業界の専門家から学習し、最も需要のあるビジネス、技術、および独創的な技術を取得します。

利点

  • 4,000 を超えるビデオ コースに無制限にアクセス。

  • LinkedIn プロファイルに基づいて個人用のおすすめ候補を表示。

  • コンピューターまたはモバイル デバイスからコースをストリーミング。

  • すべてのレベルのコースを受講 (初心者~上級者)。

  • テスト、演習ファイル、およびコーディング ウィンドウで学習しながら演習。

  • 自分用またはチーム全体用にプランを選択。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×