テキストを追加して書式を設定する

PowerPointのスペル チェック

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

演習

プレゼンテーションの作成中は、PowerPoint によってスペルと基本的な文法のチェックが自動的に行われるため、プレゼンテーション全体のスペルを簡単にチェックすることができます。

入力時にスペルを修正する

  1. 赤い波線が下に表示されている単語を右クリックします。

  2. 修正候補の一覧から、正しいスペルを選択します。
    または、次のいずれかを選択できます。

    • [すべて無視]:エラーを無視し、赤い波線を削除します。

    • [辞書に追加]:今後そのスペルがエラーとして表示されないように、辞書にスペルを追加します。

プレゼンテーション全体を確認する

  1. [校閲]、[スペル チェックと文章校正] の順に選択します。

  2. [スペル チェックと文章校正] ウィンドウで、修正候補の一覧から正しいスペルを選択します。

  3. [変更] を選択してエラーを修正するか、エラーが文書内に複数回発生する場合は [すべて変更] を選択します。
    または、次のいずれかを選択できます。

    • [無視]:エラーを無視し、赤い波線を削除します。

    • [すべて無視]:プレゼンテーションのすべてのインスタンスのエラーを無視し、赤い波線を削除します。

    • [追加]:今後そのスペルがエラーとして表示されないように、辞書にスペルを追加します。

さらに詳しく

Office でスペル チェックと文章校正を行う

LinkedIn の学習に次のようなその他のコースについてもっと知る

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×