フロー チャートを作成する

フロー チャートを作成する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

プロセスの一連のステップを図解するために PowerPoint 2013 のフローチャートを作成し、さまざまなレイアウトとオプションから選びます。 ビデオで詳しくご説明します。

正しい図形を正しい目的で使用する

フローチャートの場合、適切な目的のために正しい図形を使用してください。[>図形挿入] をクリックし、スクリーンヒントの図形をポイントして目的の目的を確認します。基本的な操作について説明します。図形の種類の詳細については、 「関連項目」の右のリンクを参照してください。

  • rectangle はプロセス図形であり、プロセスの主なステップに使用されます。

  • ひし形は判断図形であり、プロセスの決定点を示すために使われます。

  • また、延長された楕円はターミネータ図形であり、プロセスの開始と終了に使用されます。

フロー チャートの作成を開始する

  1. [>図形挿入] をクリックし、ギャラリーの図形を使用してグラフを作成します。図形を挿入するには、図形をクリックし、十字線をドラッグして描画します。

  2. 具体的には、図形と図形の間のコネクタには [] グループの [フローチャート] グループを使います。

  3. 図形のサイズ変更と配置の視覚補助として、[表示]、[目盛線] の各チェックボックスをオンにします。

さらに詳しく

フローチャート図形の説明

Microsoft Visio-フローチャートソフトウェア

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×