スキップしてメイン コンテンツへ
オートフィルとフラッシュ フィルを使用する

フラッシュ フィル

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

フラッシュフィルを使用して、例に基づいてデータを入力します。フラッシュフィルは通常、データ内のパターンを認識したときに作業を開始し、データに一貫性がある場合に最適に動作します。

Mac 版 Excel では、バージョン16.13 の場合と同様にフラッシュフィルを利用できますが、自動的にはトリガーされません。ユーザーは手動でトリガーする必要があります。

フラッシュ フィルを使う

この名前のリストなど、必要な方法で書式設定されていない情報があるため、リスト全体を手動で修正して修正することは困難です。ここでは、フラッシュフィルについて説明します。

  1. 最初の名前を希望の形式で入力します。

  2. 次の名前を入力し始めると、希望の形式の名前がプレビュー表示されます。

  3. enter キーを押すと、フラッシュフィルによって名前が入力されます。

さらに詳しく

ワークシートのセルに自動的にデータを入力する

入力した内容に基づいてデータの列を分割する

文字列の大文字、小文字の変換を行う

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×