ビデオ: フォームまたはレポートのレコードソースを設定する

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

レコードソースとは、フォームまたはレポートに表示される実際のデータが格納されたテーブル、クエリ、または SQL ステートメントです。レコードを表示するフォームまたはレポートは、レコードソースに "連結されている" と表現します。レコードソースが存在しない場合、フォームまたはレポートは "連結されていない" (非連結) と表現します。

ビデオの内容

フォームまたはレポートの "レコードソース" プロパティを設定する

メモ: 既存のオブジェクトのレコードソースを変更すると、そのオブジェクトを使用できなくなることがあります。そのため、変更するすべてのオブジェクトのバックアップを必ず作成するようにしてください。

  1. フォームまたはレポートをレイアウト ビューで開きます。

  2. オブジェクト上の任意の場所を右クリックし、作業しているオブジェクトの種類に応じて [フォームのプロパティ] または [レポートのプロパティ] をクリックします。

    プロパティ シートが表示されます。[すべて] タブの最上部に [レコードソース] プロパティが表示されます。[レコードソース]プロパティが空の場合、フォーム オブジェクトまたはレポート オブジェクトは連結されていません。

  3. [レコードソース] プロパティ ボックスをクリックした後、ドロップダウン矢印をクリックすると、テーブルと名前付きクエリの一覧が表示されます。

  1. この一覧に表示されたテーブルまたはクエリの 1 つに、オブジェクトに表示するフィールドが含まれている場合は、一覧からそれを選択します。一覧に含まれていない場合は、目的のフィールドを含むテーブルを選択して ボタンの画像 (ビルド) をクリックし、必要なテーブルを含むクエリを作成します。

メモ

  • [レコードソース] プロパティ ボックスにテーブル名が表示されている場合、 ボタンの画像 (ビルド) をクリックすると、そのテーブルを含むクエリを作成できます。必要に応じて、その他の関連テーブルをクエリに追加することができます。

  • [レコードソース] にクエリ名または SQL ステートメントが表示されている場合、 ボタンの画像 (ビルド) をクリックすると、クエリ ビルダーが開いてそのクエリが表示され、編集することができます。

  • レコードソースとして使用するクエリを作成または編集した場合、それを名前付きクエリとして保存するか (この場合、データベース内の他のオブジェクトで使用できます)、フォームまたはレポートの "レコードソース" プロパティに SQL ステートメントとして保存します (この場合、他のオブジェクトでは使用できません)。

    クエリを名前付きクエリとして保存するには、次の手順に従います。

    1. [デザイン] タブの [閉じる] で [名前を付けて保存] をクリックします。

    2. クエリの名前を入力し、[OK] をクリックします。


クエリをオブジェクトの "レコードソース" プロパティの SQL ステートメントとして保存するには、次の手順に従います。

  • [デザイン] タブの [閉じる] で [閉じる] をクリックします。

SQL ステートメントに加えた変更を保存してプロパティを更新するかどうか確認するダイアログ ボックスが表示されたら、[はい] をクリックします。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×