ファイルを保護して回復する

ファイルへの変更を制限する

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

ヒント: ビデオがお使いの言語ではない場合、 [クローズド キャプション] [クローズド キャプション] ボタン を選択してみてください。

演習

読み取り専用保護とパスワードを使用して、他のユーザーがドキュメントを開いたり、変更したりできないようにします。

ドキュメントを読み取り専用にする

  1. 読み取り専用にするドキュメントを開きます。

  2. [ファイル]、[情報] の順に選択します。

  3. [文書の保護]、[最終版] の順に選びます。

    注: Excel では、[ブックの保護] を選びます。 PowerPoint では、[プレゼンテーションの保護] を選びます。

  4. [OK] をクリックします。

  5. ファイルを保存するフォルダーを参照し、ファイル名を入力して、[保存] を選びます。

    ファイルを開くと、ドキュメントの上部に [最終版] メッセージが表示されます。 [編集する] を選ぶと、ドキュメントが読み取り専用ではなくなります。

パスワードを使用してドキュメントを暗号化する

  1. パスワード保護するドキュメントを開きます。

  2. [ファイル]、[情報] の順に選択します。

  3. [文書の保護]、[パスワードを使用して暗号化] の順に選びます。

    注: Excel では、[ブックの保護] を選びます。 PowerPoint では、[プレゼンテーションの保護] を選びます。

  4. パスワードを入力し、[OK] を選びます。

  5. パスワードを再入力し、[OK] を選びます。

パスワードによる保護を解除する

  1. パスワードで保護されたドキュメントを開きます。

  2. [ファイル]、[情報] の順に選択します。

  3. [文書の保護]、[パスワードを使用して暗号化] の順に選びます。

    注: Excel では、[ブックの保護] を選びます。 PowerPoint では、[プレゼンテーションの保護] を選びます。

  4. パスワードを削除して、[OK] を選びます。

さらに詳しく

文書、ブック、プレゼンテーションの保護の追加または削除

Word のトレーニング

Excel のトレーニング

PowerPoint トレーニング

Outlook のトレーニング

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×