配布と保護

ファイルから個人データを削除する

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

ヒント: ビデオがお使いの言語ではない場合、[クローズド キャプション] [クローズド キャプション] ボタン を選択してみてください。

特に組織外の人とドキュメントを共有する前に、ドキュメント内またはドキュメントのプロパティに保存されている個人情報や機密情報を削除します。

  1. 非表示のデータや個人情報を調べるドキュメントを開きます。

    ヒント: ドキュメント検査で削除されたデータは復元できないことがあるため、元のドキュメントのコピーを検査することをお勧めします。

  2. [ファイル]、[情報] の順に選択します。

  3. [問題のチェック]、[ドキュメント検査] の順に選びます。

  4. 検査するコンテンツの種類を選び、[検査] を選びます。

  5. 結果を確認します。

  6. ドキュメントから削除するコンテンツの種類ごとに、[すべて削除] を選びます。

さらに詳しく

ドキュメントを検査して非表示のデータと個人情報を削除する

Word のトレーニング

PowerPoint トレーニング

Excel のトレーニング

Outlook のトレーニング

組織外のビジネス パートナーとファイルを共有する前に、個人情報、機密情報、その他の情報をファイルから消去します。

最初に、共有コピーから情報を削除しても、元のファイルをそのまま保持できるように、ファイルのコピーを保存します。

コピーを開いて、[ファイル] を選びます。

[情報] の [問題のチェック] を選び、[ドキュメント検査] を選びます。

チェックする情報の種類を選択します。

[検査] を選びます。

結果が表示されます。

コメントと注釈ドキュメントのプロパティカスタム XML データなど、削除する項目の横にある [すべて削除] を選びます。

その情報がファイルからすぐに消去されます。

情報が削除されたことを確認するには、[再検査]、[検査] の順に選びます。

情報が消去されたことを確認します。

これで、ファイルを共有する準備ができました。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×