ファイルを保護して回復する

ファイルから個人データを削除する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

ヒント: ビデオがお使いの言語ではない場合、 [クローズド キャプション] [クローズド キャプション] ボタン を選択してみてください。

演習

特に組織外の人とドキュメントを共有する前に、ドキュメント内またはドキュメントのプロパティに保存されている個人情報や機密情報を削除します。

  1. 非表示のデータや個人情報を調べるドキュメントを開きます。

    ヒント: ドキュメント検査で削除されたデータは復元できないことがあるため、元のドキュメントのコピーを検査することをお勧めします。

  2. [ファイル]、[情報] の順に選択します。

  3. [問題のチェック]、[ドキュメント検査] の順に選びます。

  4. 検査するコンテンツの種類を選び、[検査] を選びます。

  5. 結果を確認します。

  6. ドキュメントから削除するコンテンツの種類ごとに、[すべて削除] を選びます。

さらに詳しく

ドキュメント、プレゼンテーション、ブックを検査して非表示のデータと個人情報を削除する

Word のトレーニング

PowerPoint トレーニング

Excel のトレーニング

Outlook のトレーニング

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×