ピボットテーブルやピボットグラフを作成して書式を設定する

ピボットテーブルでデータをグループ化する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

LinkedIn の学習にあるその他の Excel トレーニングを詳細します。

ピボット テーブルは、集計、分析、調査、およびデータを表示する優れた方法です。レイアウトと、ピボット テーブル レポートの形式を強化するためのピボット テーブルのデータ グループ化することもできます。

データをグループ化

  1. ピボット テーブル] で、日付を含むセルを右クリックし、グループを選択します。

  2. グループ化] ボックスには、開始日終了時刻のチェック ボックスを選択して入力するか、必要な場合は、開始と終了日を編集します。
    グループ化

  3. 日付をグループ化する 1 つ以上のオプションを選択します。

  4. [OK] を選びます。

さらに詳しく

LinkedIn の学習に次のようなその他のコースについてもっと知る

グループ化またはピボット テーブル レポート内のデータをグループ化解除します。

ピボットテーブルまたはピボットグラフのレポートでデータをフィルター処理する

ピボット テーブルと呼ばれ、ワークシートにしている「日付のグループ化します」。ピボット テーブル フィールド リストが右側をオフにします。

現在の日付を表示しているいます。柄の月でこのデータをグループ化できるようにしたいまたは、年、または四半期ようをします。

本当に必要なすべてが、これらの日付のいずれかを右クリックします。

これで、前に、ここでの日付が、ピボット テーブルの [行ラベル] 領域を認識します。

上のチェック マークがわかります。日付のフィールド名があります。

そのため、列 A、いずれかの上で右クリックこれらの日付のいずれかはしグループを選択します。

メッセージが表示されたら、「月」を示すが起動を下にあるわかります四半期と年します。

月を使用したから始めましょう。3 つ、または 2 つ、または 1 こともできます。

だけか月を選択します。ピボット テーブルをご覧ください。すぐには非常にコンパクトします。

月、小グループを示しています。これは、するを参照してください。

ただし、これらの Januaries では次の 2 つの異なる Januaries とが正しくない、その一方で、お場合は別に分類された年、またはも四半期この。

したがっては可能性のある作業内容を 2 回目として今すぐ実行されます、されますは右クリックしてがこれでは、月の名前のいずれかを右クリックしています。

グループと、この時間に戻って、四半期と年] をクリックします。

ここでは、CTRL キーを使用する必要はありませんは、必要に応じてこれらを選択できます。[Ok]をクリックします。

今すぐ年、四半期、および日付を分割するデータは表示されます。

右側で、年、四半期、および日付ピボット テーブルのフィールド リストのことを確認します。

日付の時点で、word がオフにわずかです。その他のものと同期するには、か月とします。

したがって、ここをクリックすると、セル C4 にして、月をもう一度入力いますできますだけします。

注意するピボット テーブルのフィールド リストの右側で、日付が表示されている場所は、ここ下部にあるします。

月に入力すると、すぐをオンにします。入力します。

存在しにも、ピボット テーブルのフィールド リストで、数か月というメッセージが表示します。

元のデータがか月になることはありません。日付に変わりはします。

そのため、日付情報の 3 つのレベルをここで発生しました。

これで、おそらくはより必要がある場合があります。

場合、プレゼンテーションを作成して、年、四半期を示すだけを使用して開始だけに優先ですか。

おできますを次の月を取り除くを除去するではなく一時的について見ていきましょう、フィルター領域にします。

これで、リストをよりコンパクトにするには、に加えても表示リストの上部の領域をここにします。

しないはこれで、思考対応面倒します、をフィルター] 領域であるためです。

ですが、フォーカスここでは、今すぐデータに移動しが表示されるよう、ブレーク アウトこのようにします。

これらの時間が、データの縮小表示したい場合がありますがないが多すぎる数値同時に次のとおりです。

この表示している、中にしようとしていない発生したものみます。

右側にオフを切り替えるピボット テーブルのフィールド リストの行ラベル] 領域で年をドラッグして、四半期の下にみます。

このレイアウトを確認して、あまり使わないが、これでその一方は貴重な化の 2 つ目の四半期では、次の 2 つの第 2 四半期、およびなどが表示されているため。

一般的に、前の四半期ごとの合計が 1 年から四半期ごとの合計または翌年と比較することはできません。

そのため、その他のユーザーの横にある 2 がわかります。

同様に、ここから四半期にした場合、もう一度 [フィルター] 領域に移動していますし、[行ラベル] 領域に月を取り込みます。

おごく標準的な外観の種類の一覧は、このリストは、次のとおり、みます四半期、しましたし、レイアウトがわかりますか月の下にある年を配置するください。

これで、おそらくは少しビジー状態である、小計の理由により、できます。

前の手順をリボンの [デザイン] タブの [最も左のボタン、小計を表示しない] にしばらくします。

今すぐ、2 つの Januaries 共同発生したがあります、こともあります比較のような意味します。

これも再生には、ここでは、同じグループ内の複数のフィールドでつまり、行ラベル領域をここでは、2 つのフィールドがという名前の外側のフィールドを理解します。

メニュー システムに表示されないが、外側のフィールドを折りたたむことができます。

たとえば、見ていくこのデータでは、おそらくフォーカスはほとんど 2015 年を現在のします。

もちろん、上下にスクロール可能性がありますが、2014 年 1 年間には、外側のフィールドであるためダブルクリックすると折りたたんだりマイナス、いずれかの方法] をクリックします。

これを折りたたみますを 1 つの行に 2015 年にフォーカスを移動して。

持ち出してもこの、もちろんをダブルクリックするか、プラス記号をクリックします。

別の考えるも、両方の年、四半期 3 と 4 にフォーカスを移動します。

第 1 四半期を折りたたむはされます。2 つの四半期を折りたたむはされます。

これに 3 四半期、2 年間の四半期 4、小グループを表示します。

表形式とアウトライン表示は、レポートのレイアウトの主な違いがある同じ一般的な外観、表のグリッド線を持つ点が異なります。

別の違いがあるしが発生した場合この問題が発生時に、にくい場合があります。

年の小計は、ここをたいとします。

小計をグループの下部にあるすべての小計を表示します。また、それらがあります。

おもを使用していること、四半期のすぎるします。小計 2014 年の 2015 します。

方法について、他のオプションですか。小計をグループの先頭にあるすべての小計を表示します。

ここでとなりますか。何も、何も変更します。それはどうしてですか。

を除き、試行錯誤から表形式できません上のタイトルを配置することが、アウトライン形式では、このがわかっているはありません。

既に選択内容のうちします。

「入れる一番上に」とは点に注目します。

今すぐ上にいること。

上の合計 2014 をご紹介します。

ここでは、ラーニングを停止します。LinkedIn の学習により専門的な主導のチュートリアルをご確認ください。Linkedin.com/learningには、今日では、無料試用版を開始します。

LinkedIn ラーニングへのアクセスを無料の 1 か月を活用します。

広く認められている業界の専門家から学習し、最も需要のあるビジネス、技術、および独創的な技術を取得します。

利点

  • 4,000 を超えるビデオ コースに無制限にアクセス。

  • LinkedIn プロファイルに基づいて個人用のおすすめ候補を表示。

  • コンピューターまたはモバイル デバイスからコースをストリーミング。

  • すべてのレベルのコースを受講 (初心者~上級者)。

  • テスト、演習ファイル、およびコーディング ウィンドウで学習しながら演習。

  • 自分用またはチーム全体用にプランを選択。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×