ピボットテーブルやピボットグラフを作成して書式を設定する

ピボットテーブルを使用して作業する

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

LinkedIn ラーニングでその他の Excel のトレーニングを探す

大量のデータがある場合は、ピボットテーブルでデータを再配置することにより、データが操作しやすくなります。ピボットテーブルでは、フィールドの追加または変更を行うこともできます。

フィールドの配置を変更する

  1. ピボットテーブル内の任意の場所でセルをクリックします。

  2. [分析]、[フィールド リスト] の順に選択します。

  3. [ピボットテーブルのフィールド] ウィンドウで、ピボットテーブルに表示するフィールドを選択します。
    ピボットテーブル フィールド
    通常、[] には数値以外のフィールドが追加され、[] には数値フィールドが追加され、[] にはオンライン分析処理 (OLAP) の日付と時刻の階層が追加されます。

  4. フィールドの配置を変更するには、対象のフィールドを目的の領域にドラッグします。

    • [フィルター] は、ピボットテーブルの上にある最上位のレポート フィルターです。

    • [] は、ピボットテーブルの上部に表示されます。

      注:  フィールドの階層によっては、列がより高いレベルの列内にネストされる場合があります。

    • [] は、ピボットテーブルの左側に表示されます。

      注: フィールドの階層によっては、行がより高いレベルの行内にネストされる場合があります。

    • [] は、ピボットテーブルに含まれる要約された数値です。

      注:  領域内にフィールドが複数ある場合は、ドラッグ操作により順序を並べ替えることができます。ピボットテーブルからフィールドを削除するには、対象のフィールドをピボットテーブルの領域の外へドラッグします。ピボットテーブル内のデータに変更を加えても、ソース データは変更されません。

ピボットテーブルを最新のソースデータで更新するには:

  1. ピボットテーブル上の任意のセルを選択します。

  2. [分析]、[更新] の順に選択します。
    または、Alt キーを押しながら F5 キーを押します。

さらに詳しく

LinkedIn ラーニングで類似するその他のコースについて確認する

Windows 版 Excel 2016 でフィールド リストを使ってピボットテーブル内にフィールドを配置する

ピボットテーブルのデータを並べ替える

Windows 版 Excel 2016 でピボットテーブルのデータ レイアウトを変更する

ピボットテーブルでのリレーションシップの操作

ピボットテーブルのオプション

このレッスンではピボットテーブルとは何か

その仕組みについて学習します。

またピボットテーブルの 作成・編集時に使用する

ツールについても解説します。

使用するブックは pivot table_afterです。

このブックには ピボットテーブルが作成されています。

ではこれから ピボットテーブルとは何か 見ていきしょう。

売上一覧のシートを アクティブシートにします。

ここには売上一覧のリストが 作成されていますね。

日付 商品名 担当者という フィールドが作成されていて

それぞれの売上のデータが 入力されています。

このようなリストを基に ピボットテーブルを作成することができます。

この売上一覧のリストを基に 作成されたピボットテーブルが

Sheet1にありますので

Sheet1をアクティブシートにして みていきましょう。

作成されているピボットテーブルは

商品ごと 月ごとの金額のクロス集計表です。

ピボットテーブルは 単純なクロス集計表ではありません。

少し手を加えるだけで データを絞り込んで表示したり

レイアウトを簡単に変更することも可能です。

また グループ化しているデータを展開して より詳細データを確認することもできます。

このようにピボットテーブルは 多角的な視点で

データを分析することができる 高機能なクロス集計表です。

また ピボットテーブルを基に ピボットグラフを作成すると

ピボットテーブルの多角的な分析機能と グラフの視覚効果を組み合わせて

データをより分かりやすく 見せることができます。

また 元のリストが変更されると

ピボットテーブルを更新することができます。

よって最新の状態で データを分析することが可能です。

ではこのようなピボットテーブルを

作成・編集するツールを 確認しておきましょう。

ピボットテーブルを作成するには 売上一覧のようなリストを作成します。

リストを作成しておき

挿入タブのテーブルグループ 「ピボットテーブル」ボタンや

おすすめのピボットテーブル」ボタン を使って

ピボットテーブルをワークシート上に 挿入することができます。

また作成したピボットテーブルは

ピボットテーブルツールの分析タブや デザインタブを使って

データの分析や書式の設定が可能です。

さらにピボットテーブルを作成すると

「ピボットテーブルのフィールド」という 作業ウィンドウが表示されますので

こちらを使って配置する フィールドの指定などが行えます。

ピボットテーブルフィールドの 作業ウィンドウやピボットテーブルツールは

ピボットテーブル内に アクティブセルがあるときに表示されます。

ピボットテーブル以外が アクティブセルになっていると

作業ウィンドウやピボットテーブルツールは 表示されませんので注意しましょう。

ピボットテーブルを編集する際には

ピボットテーブル内をアクティブセルにして 操作していきましょう。

このレッスンではピボットテーブルとは何か その仕組みと

ピボットテーブルの作成・編集時に 使用するツールについて解説しました。

学習はまだ続きます。LinkedIn Learningで、エキスパートによるチュートリアルの詳細をご覧ください。linkedin.com/learning から、無料試用版を今すぐお試しください。

LinkedIn ラーニングを 1 か月間無料で活用する

広く認められている業界の専門家から学習し、最も需要のあるビジネス、技術、および独創的な技術を取得します。

利点

  • 4,000 を超えるビデオ コースに無制限にアクセス。

  • LinkedIn プロファイルに基づいて個人用のおすすめ候補を表示。

  • コンピューターまたはモバイル デバイスからコースをストリーミング。

  • すべてのレベルのコースを受講 (初心者~上級者)。

  • テスト、演習ファイル、およびコーディング ウィンドウで学習しながら演習。

  • 自分用またはチーム全体用にプランを選択。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×