ピボットテーブルやピボットグラフを作成して書式を設定する

ピボットテーブルを作成する

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

LinkedIn ラーニングでその他の Excel のトレーニングを探す

ピボットテーブルは、データの計算、集計、分析を行う強力なツールです。データを比較してパターン化し、傾向をつかむことが可能になります。

ピボットテーブルを作成する

  1. ピボットテーブルを作成するセルを選択します。

    注: データには、空の行や列を含めないでください。行番号は 1 つのみにする必要があります。

  2. [挿入]、[ピボットテーブル] の順に選択します

    ピボットテーブル

  3. [分析するデータを選択してください。] で [テーブルまたは範囲を選択] を選択します。
    ピボットテーブルを作成する

  4. [テーブル範囲] で、セル範囲を確認します

  5. [ピボットテーブル レポートを配置する場所を選択してください。] で、[新規ワークシート] を選択して、新しいワークシートにピボットテーブルを配置します。

  6. [OK] を選択します。

ピボットテーブルを構成する

  1. ピボットテーブルにフィールドを追加するには、[ピボットテーブル フィールド] ウィンドウで、フィールド名のチェックボックスをオンにします。

    注: 選択したフィールドは、既定の領域に追加されます。[] には数値以外のフィールドが追加され、[] には日付と時刻の階層が追加され、[] には数値フィールドが追加されます。

    ピボットテーブル フィールド

  2. フィールドを別の領域に移動するには、フィールドを目的の領域にドラッグします。

さらに詳しく

LinkedIn ラーニングで類似するその他のコースについて確認する

ピボットテーブルを作成してワークシート データを分析する

ピボットテーブルでのリレーションシップの操作

このレッスンではピボットテーブルの 作成手順について解説します。

リストを基にピボットテーブルを作成し

分析する用途に応じて必要なフィールドを

ピボットテーブルのレイアウトに配置します。

使用するブックはpivot table_1です

このブックの売上一覧のシートには リストが作成されていますね。

どのようなリストかというと

日付 商品名 担当者などの フィールドが作成されていて

それぞれの売上が入力されています。

ではこれからこのリストを基に ピボットテーブルを作成しましょう。

リスト内の任意のセルを アクティブセルにします。

挿入」タブをクリックし

テーブル」グループの 「ピボットテーブル」ボタンをクリックします。

「ピボットテーブルの作成」の ダイアログボックスが表示されました。

まずは分析するデータを選択します。

テーブルまたは範囲を選択」 こちらが選択されていることを確認し

テーブル範囲にはリストの範囲が 自動的に認識されています。

リスト内をアクティブセルに することにより

リストの範囲全体が自動的に認識されます。

次にピボットテーブルを 作成する場所を選択します。

新規ワークシート」か 「既存のワークシート」か

選択できるようになっています。

では今回は新規ワークシートに 作成しますので

新規ワークシート」 となっていることを確認し

「OK」ボタンをクリックします。

これで新しいワークシート 「Sheet1」が挿入され

ピボットテーブルを作成するための 領域が表示されました。

また右には

ピボットテーブルのフィールドリストの 作業ウィンドウが表示されます。

この作業ウィンドウを使って

どのフィールドをピボットテーブル上のど こに配置するかを決めていきます。

フィールドを選んでいく領域を 「フィールドセレクション」といい

レイアウトを決めていく領域を 「レイアウトセレクション」と読んでいます。

たとえば、商品名のフィールドを 行のラベルしたいという場合には

フィールドセレクションから 商品名をドラッグし

レイアウトセレクションの 行ラベルの領域まで持っていきます。

こうすることで ピボットテーブル上の行ラベルとして

商品名を配置することができました。

配置したフィールドを解除するには

フィールドにマウスポインタを ポイントし、ドラッグ操作で

レイアウトセレクション以外に ドラッグすると、これで解除です。

また解除はドラッグで解除する以外に

フィールド名の右にあります 下向き三角をクリックして

フィールドの削除」をクリックで 解除することも可能です。

またフィールドセレクションの

フィールド名の先頭のチェックボックスを クリックして解除することもできます。

ではこれからいつ何が どれくらい売れたかを分析する

ピボットテーブルを作成しましょう。

まずは日付のフィールドをドラッグし 列ラベルに配置します。

ピボットテーブル上の列ラベルに 1月 2月 3月と表示されました。

Excel2016では日付のフィールドは 自動的に月ごとにグループ化されます。

では続いて商品名を 行ラベルに配置しましょう。

これで行ラベルに 商品名を配置することができました。

次は分析するデータですね。 分析するデータは金額です。

では金額のフィールドをドラッグし 値領域に配置します。

これでいつ、どの商品がどれくらい 販売されたかを分析するための

ピボットテーブルを 作成することができました。

このように簡単にフィールドリストを使って

それぞれのフィールドをどこに配置するか 決めていくことができます。

またフィールドリストの作業ウィンドウは

ピボットテーブル内に アクティブセルがあるときに表示されます。

ピボットテーブル以外に アクティブセルがあると

フィールドリストの作業ウィンドウは 表示されませんので注意しましょう。

フィールドリストの作業ウィンドウには

閉じる」ボタンがついていますので

もし「閉じる」ボタンをクリックして 閉じた場合には次からは表示されません。

表示するには「分析」タブの 「フィールドリスト」のボタンをクリックすると

これで再表示することができますので 覚えておくとよいでしょう。

このレッスンでは ピボットテーブルの 作成手順について解説しました。

学習はまだ続きます。LinkedIn Learningで、エキスパートによるチュートリアルの詳細をご覧ください。linkedin.com/learning から、無料試用版を今すぐお試しください。

LinkedIn ラーニングを 1 か月間無料で活用する

広く認められている業界の専門家から学習し、最も需要のあるビジネス、技術、および独創的な技術を取得します。

利点

  • 4,000 を超えるビデオ コースに無制限にアクセス。

  • LinkedIn プロファイルに基づいて個人用のおすすめ候補を表示。

  • コンピューターまたはモバイル デバイスからコースをストリーミング。

  • すべてのレベルのコースを受講 (初心者~上級者)。

  • テスト、演習ファイル、およびコーディング ウィンドウで学習しながら演習。

  • 自分用またはチーム全体用にプランを選択。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×