ピボットテーブルやピボットグラフを作成して書式を設定する

ピボットテーブルでデータをグループ化する

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

LinkedIn ラーニングでその他の Excel のトレーニングを探す

ピボットテーブルは、データの集計、分析、調査、プレゼンテーションを行う優れた方法です。ピボットテーブル内のデータをグループ化して、ピボットテーブル レポートのレイアウトと表示形式を強化することもできます。

データをグループ化する

  1. ピボットテーブルで、日付のセルを右クリックして、[グループ] を選択します。

  2. [グループ化] ボックスで、[開始の値] と [末尾の値] チェック ボックスを選択して、必要に応じて開始日と終了日を入力または編集します。
    グループ化

  3. [基準] で、日付をグループ化するための 1 つまたは複数のオプションを選択します。

  4. [OK] を選択します。

さらに詳しく

LinkedIn ラーニングで類似するその他のコースについて確認する

ピボットテーブル レポートでデータをグループ化する/グループ解除する

ピボットテーブルまたはピボットグラフのレポートで日付をフィルター処理する

このレッスンでは、

ピボットテーブルの値フィールドの 計算方法を変更する操作について解説します。

値フィールドの計算の種類を変更したり

集計方法を変更して データを分析することができます。

使用するブックは pivot table_2 です。

このブックの Sheet1 には

「売上一覧」のリストを基にした ピボットテーブルが作成されています。

今、値フィールドの集計方法は 金額の合計です。

ではこれから計算の種類を変更し

全体を 100% とした場合の 各項目の構成比を見ていきましょう。

計算の種類を 「総計に対する比率」に変更します。

値フィールド内に アクティブセルを移動し、

「分析」タブをクリックします。

「アクティブなフィールド」グループの

「フィールドの設定」ボタンを クリックします。

「値フィールドの設定」の ダイアログボックスが表示されました。

ここで「計算の種類」タブを選択し、

「計算の種類」を下向き三角で 「総計に対する比率」をクリックします。

OK ボタンをクリックすると、 これで計算の種類を

「総計に対する比率」に 変更することができました。

売上金額の総計を 100% とし

各項目の売上の 構成比を見ることができます。

このように値フィールドの計算の種類は 簡単に変更できますので、

データの分析に役立ちますね。

では解除しておきましょう。

今比率になっていますが、 通常の合計に戻しておきます。

値フィールド内に アクティブセルがあることを確認し、

「分析」タブの

「アクティブなフィールド」グループの

「フィールドの設定」ボタンを クリックします。

「値フィールドの設定」の ダイアログボックスが表示されますので

「計算の種類」タブを選択し

「計算の種類」下向き三角で 「計算なし」とします。

こうすることで集計方法で選択している 「合計」の集計に戻ります。

では OK ボタンをクリックします。

これで計算方法を通常の金額の 合計に戻すことができました。

ちなみに計算方法は

計算の種類を変える以外に 集計方法を変更することもできます。

「フィールドの設定」ボタンを クリックして表示される

「値フィールドの設定」の ダイアログボックスの「集計方法」タブで

「合計」以外の「平均」や 「最大値」「最小値」といったような

集計方法に変更することも可能です。

このレッスンでは

値フィールドの計算方法を変更する 操作について解説しました。

学習はまだ続きます。LinkedIn Learningで、エキスパートによるチュートリアルの詳細をご覧ください。linkedin.com/learning から、無料試用版を今すぐお試しください。

LinkedIn ラーニングを 1 か月間無料で活用する

広く認められている業界の専門家から学習し、最も需要のあるビジネス、技術、および独創的な技術を取得します。

利点

  • 4,000 を超えるビデオ コースに無制限にアクセス。

  • LinkedIn プロファイルに基づいて個人用のおすすめ候補を表示。

  • コンピューターまたはモバイル デバイスからコースをストリーミング。

  • すべてのレベルのコースを受講 (初心者~上級者)。

  • テスト、演習ファイル、およびコーディング ウィンドウで学習しながら演習。

  • 自分用またはチーム全体用にプランを選択。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×