ブックをパスワードで保護する

パスワードを設定してブックを暗号化する

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

LinkedIn ラーニングでその他の Excel のトレーニングを探す

ブックをパスワードで保護して、他のユーザーがブック内のワークシートに対して追加、移動、削除、非表示、名前変更を行えないようにします。

Excel ファイルを開くにはパスワードが必要

  1. [ファイル]、[名前を付けて保存] の順に選択するか、F12 キーを押します。

  2. [名前を付けて保存] ボックスで、[ツール] を選択し、[全般オプション] を選択します。

  3. [開くためのパスワード] ボックスにパスワードを入力し、[OK] を選択します。

  4. [パスワードの確認] ボックスにパスワードをもう一度入力し、[OK] を選択します。

  5. [保存] を選択し、既存のファイルを置換する場合は、[はい] をクリックします。

Excel ファイルを変更するにはパスワードが必要

  1. [ファイル]、[名前を付けて保存] の順に選択するか、F12 キーを押します。

  2. [名前を付けて保存] ボックスで、[ツール] を選択し、[全般オプション] を選択します。

  3. [変更するためのパスワード] ボックスにパスワードを入力し、[OK] を選択します。

  4. [パスワードの確認] ボックスに、パスワードをもう一度入力し、[OK] を選択します。

  5. [保存] を選択し、既存のファイルを置換する場合は、[はい] をクリックします。

Excel ファイルを開いて変更するには別々のパスワードが必要

  1. [ファイル]、[名前を付けて保存] の順に選択するか、F12 キーを押します。

  2. [名前を付けて保存] ボックスで、[ツール] を選択し、[全般オプション] を選択します。

  3. [変更するためのパスワード] ボックスと [開くためのパスワード] ボックスにそれぞれ異なるパスワードを入力し、[OK] を選択します。

  4. [パスワードの確認] ボックスの [パスワードをもう一度入力してください] フィールドにパスワードをもう一度入力し、[OK] をクリックします。

  5. [パスワードの確認] ボックスの [書き込みパスワードをもう一度入力してください] フィールドにパスワードをもう一度入力し、[OK] をクリックします。

  6. [保存] を選択し、既存のファイルを置換する場合は、[はい] をクリックします。

さらに詳しく

LinkedIn ラーニングで類似するその他のコースについて確認する

ブックを保護する

Excel の保護とセキュリティ

このレッスンでは ブックの暗号化について解説します。

パスワードを設定して ブックを暗号化にすることで

不正アクセスなどから情報を守るための セキュリティレベルを高めることができます。

Excel のウィンドウ内に ブックが作成されています。

ではこれから 読み取りパスワードを設定して このブックを暗号化し 保護してみましょう。

ファイル」タブをクリックします 左のメニューから「情報」をクリックします。

情報の一覧の一番上 「ブックの保護」のボタンをクリックします。

上から二つ目の

パスワードを使用して暗号化」を クリックします。

ドキュメントの暗号化の ダイアログボックスが表示され

パスワードを入力する欄に カーソルが点滅しています。

ではここに任意のパスワードを入力しましょう。

OKボタンをクリックすると パスワードの再入力が求められますので

さきほどと同じパスワードを入力し OKボタンをクリックします。

これでパスワードを設定し ブックを暗号化することができました。

ブックの保護欄に色が付きましたね。

このブックを開くにはパスワードが必要です と表示されています。

では次にパスワードを設定して暗号化した ファイルの開き方を見ていきますので

このブックをいったん保存します。

左のメニューから 「名前を付けて保存」をクリックします。

参照」をクリックし 名前を付けて保存の ダイアログボックスで保存先を指定します。

ファイル名は任意のものを入力しましょう。 では今回は暗号化としておきます。

保存」ボタンをクリックして

これで パスワードを設定して 暗号化したブックを保存することができました。

ではこのブックをいったん閉じますので

ファイル」タブをクリックし 「閉じる」をクリックします。

では続けて さきほど保存したブックを開いてみます。「ファイル」タブをクリックします。

最近使用したアイテムの一覧の一番上に 暗号化のブックがありますので

こちらをクリックします。

すると パスワードの ダイアログボックスが表示されました。

このようにパスワードを指定して 暗号化したブックは

開く時に パスワードの入力が求められます。

さきほど設定したパスワードを入力し

OKボタンをクリックすることで ブックを開くことができます。

ちなみにパスワードを設定して 暗号化したブックの保護を解除するには

ファイル」タブをクリックし 情報をクリックしたら

ブックの保護」のボタンをクリックし

上から二つ目―

パスワードを使用して暗号化」を クリックします。

ドキュメントの暗号化のダイアログボックスの パスワード欄に

パスワードが設定されていますので このパスワードを空欄にして

OKボタンをクリックすると 解除することができます。

ではOKボタンをクリックします。

これでブックの保護を 解除することができました。

このレッスンでは パスワードを設定して ブックを暗号化する方法について解説しました。

学習はまだ続きます。LinkedIn Learningで、エキスパートによるチュートリアルの詳細をご覧ください。linkedin.com/learning から、無料試用版を今すぐお試しください。

LinkedIn ラーニングを 1 か月間無料で活用する

広く認められている業界の専門家から学習し、最も需要のあるビジネス、技術、および独創的な技術を取得します。

利点

  • 4,000 を超えるビデオ コースに無制限にアクセス。

  • LinkedIn プロファイルに基づいて個人用のおすすめ候補を表示。

  • コンピューターまたはモバイル デバイスからコースをストリーミング。

  • すべてのレベルのコースを受講 (初心者~上級者)。

  • テスト、演習ファイル、およびコーディング ウィンドウで学習しながら演習。

  • 自分用またはチーム全体用にプランを選択。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×