Office のファイルを作成する

[ドキュメントの回復] オプションを設定する

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

ヒント: ビデオがお使いの言語ではない場合、[クローズド キャプション] [クローズド キャプション] ボタン を選択してみてください。

予期せず接続が失われたり停電したりした場合のために、作業が自動的にバックアップされるように Office アプリを設定しておくことをお勧めします。

ドキュメントの回復オプションを設定する

  1. [ファイル]、[オプション] の順に選びます。

  2. [保存] を選びます。

  3. [次の間隔で自動回復用データを保存する] チェック ボックスをオンにします。

  4. 作業をバックアップする頻度を設定します。

    安全性を高めるには、小さい値に設定し、5 分間や 10 分間より長い時間の作業が失われないようにします。または、Office の動作を速くするには、20 のように大きい値を入力します。

  5. [保存しないで終了する場合、最後に自動保存されたバージョンを残す] チェック ボックスをオンにします。

  6. 必要な場合は、[自動回復用ファイルの場所] を変更します。

  7. 完了したら、[OK] を選びます。

    予期しないことが発生した場合は、次にアプリを開くときに、[ドキュメントの回復] ウィンドウを使って Office ファイルを回復できます。

    注:  [ドキュメントの回復] が設定されていても、作業が失われないようにするため、こまめに [保存] ボタンの画像 (または Ctrl + S キーをクリック) を選択することをお勧めします。

さらに詳しく

クラッシュした場合に備えてファイルを保護する

Excel のトレーニング

Word のトレーニング

PowerPoint トレーニング

予期せず接続が失われたり停電したりした場合のために、作業が自動的にバックアップされるように Office アプリを設定しておくことをお勧めします。

[ファイル]、[オプション] の順に選び、次に [保存] を選びます。

[次の間隔で自動回復用データを保存する] チェック ボックスがオンになっていることを確認します。

そして、作業をバックアップする頻度を決定します。

安全性を高めるには、小さい値に設定し、5 分間や 10 分間より長い時間の作業が失われないようにします。

[保存しないで終了する場合、最後に自動保存されたバージョンを残す] をオンにすることもお勧めします。

必要な場合は、[自動回復用ファイルの場所] も変更できます。

完了したら、[OK] を選びます。

これで、何か予期しないことが起きても、作業内容は保護されています。

次にアプリを開いたときに、[ドキュメントの回復] ウィンドウが自動的に開きます。

そこで、ファイルを簡単に回復できます。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×