文書をデザインする

余白を変更する

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

LinkedIn ラーニングでその他の Word のトレーニングを探す

文書の余白を変更してレイアウトを変更し、すべてが収まるようにします。

既定の余白設定を適用する

  1. [レイアウト]、[余白] の順に選択します。

    [レイアウト] タブの [余白] オプションが強調表示されています。

  2. 必要な余白のサイズを選択します。

    [レイアウト] タブの余白のオプションを表示します。

    注: 文書に複数のセクションが含まれている場合、新しい余白は選択したセクションにのみ適用されます。

ユーザー設定の余白を作成する

  1. [レイアウト]、[余白] の順に選択します。

  2. [ユーザー設定の余白] を選択します。

  3. [余白] で、上矢印と下矢印を使用して目的の値を入力します。

  4. 完了したら、[OK] を選択します。

ルーラーを使って余白を変更する

  1. [ルーラー] をオンにして、[表示] を選択し、[ルーラー] チェックボックスをオンします。

  2. 余白は、ルーラー上で灰色になります。ルーラーにカーソルを移動し、カーソルが双方向矢印になったら、余白をクリックして目的のサイズにドラッグします。

さらに詳しく

LinkedIn ラーニングで類似するその他のコースについて確認する

Word でページ余白を設定する

作成する文書の用紙のサイズや その内容に応じて 上下左右の余白を変更することができます。

使用するのは「レイアウト」タブです。

レイアウト」タブをクリックしましょう。

ページ設定」グループに 「余白」というボタンが用意されています。

こちらを使って余白を 調整することができます。

例えば、今作成中の文書は サイズが A4 になっていますが これを B5 に変更したとしましょう。

「B5」をクリックします。

すると B5 の用紙のサイズでは 余白が少し広く感じますね。

文書の内容が窮屈に思えます。

そこで余白を狭く設定していきましょう。

余白」ボタンをクリックします。

今「標準」になっていますが こちらを「やや狭い」をクリックします。

すると、余白が狭くなりましたね。

これで文書のバランスが良くなりました。

このように、「余白」ボタンをクリックし ドロップダウンのリストの中から 余白を簡単に調整することができます。

また、1番下には「ユーザー設定の 余白」という項目がありますので こちらをクリックすると 「ページ設定」のダイアログボックスの 「余白」タブが表示されます。

ここで上下左右の余白を スピンボックスを使って 指定することができます。

上向き三角や下向き三角をクリックして 数値で指定したり ボックス内に直接キーボードから 数値を入力して指定することもできます。

キーボードから直接入力した場合には 単位は省略することが可能です。

下にあります OK ボタンをクリックすると これでダイアログボックスを使って 余白を変更する事もできます。

また、ルーラーを使って 余白を変更することもできますので 見てみましょう。

ルーラーが表示されていない場合には 「表示」タブをクリックして 「表示」グループの「ルーラー」に チェックをつけて表示します。

文書ウィンドウの上部には水平ルーラーが 左端には垂直ルーラーが表示されます。

余白はルーラー上では 灰色で表示されます。

では、文書の上余白を ルーラーを使って調整してみましょう。

垂直ルーラーの灰色と白色の境目に マウスポインタをポイントすると 上下の矢印にマウスポインタの形が変化し 「上余白」と表示されます。

任意の位置までドラッグします。

このように、ルーラー上をドラッグして 簡単に余白を調整することも可能です。

ここで学習は終わりません。 LinkedIn ラーニングで 専門家によるチュートリアルを もっと見てみましょう。 linkedin.com/learning で 今すぐ無料トライアルを始めましょう。

LinkedIn ラーニングを 1 か月間無料で活用する

広く認められている業界の専門家から学習し、最も需要のあるビジネス、技術、および独創的な技術を取得します。

利点

  • 4,000 を超えるビデオ コースに無制限にアクセス。

  • LinkedIn プロファイルに基づいて個人用のおすすめ候補を表示。

  • コンピューターまたはモバイル デバイスからコースをストリーミング。

  • すべてのレベルのコースを受講 (初心者~上級者)。

  • テスト、演習ファイル、およびコーディング ウィンドウで学習しながら演習。

  • 自分用またはチーム全体用にプランを選択。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×