表を追加して書式を設定する

表のデータをフィルター処理する

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

LinkedIn ラーニングでその他の Excel のトレーニングを探す

フィルターを使うと、範囲内またはテーブル内のデータのサブセットをすばやく検索して操作できます。リストをフィルター処理すると、一部のデータが一時的に非表示になるので、重要なデータに注目できます。

データをフィルター処理する

  1. フィルター処理するデータ内のセルを選択します。

    注: データをフィルター処理する前に、空の行または列がないことを確認します。

  2. [ホーム] > [並べ替えとフィルター] > [フィルター] の順に選択します。
    または、[データ] > [フィルター] の順に選択します。

  3. フィルターを適用する列のフィルター ドロップダウン矢印を選択します。
    フィルターのドロップダウン

  4. [すべて選択] をオフにし、目的のフィルターをオンにします。
    すべて選択

  5. [OK] を選択します。フィルター ドロップダウン矢印がフィルターに変わって、 フィルター​​ 列にフィルターが適用されていることを示します。青い行番号は、フィルター処理されたデータに含まれる行を示します。

  6. フィルターを削除するには、[クリア] を選択します。すべてのデータが表示されます。
    クリア

    注: 複数の列にフィルターを適用するには、最初の列を選び、フィルターを適用し、次の列を選んで、フィルターを適用します。

ユーザー設定フィルターを適用する

  1. フィルター ドロップダウン矢印を選び、以下から選択します。

    • テキスト フィルター - 列にテキストまたはテキストと数値の組み合わせが含まれる場合、次のいずれかを使用できます。[指定の値に等しい]、[指定の値に等しくない]、[指定の値で始まる]、[指定の値で終わる]、[指定の値を含む]。

    • 数値フィルター - 列に数値だけが含まれている場合、次のいずれかを使用できます。[指定の値に等しい]、[指定の値に等しくない]、[指定の値より大きい]、[指定の値より小さい]、[指定の範囲内]。

    • 日付フィルター - 列に日付だけが含まれている場合、次のいずれかを使用できます。[先週]、[来月]、[今月]、[先月]。

    • 列名からフィルターをクリア - 列にフィルターが既に適用されている場合に使用できます。このオプションを選ぶと、フィルターがクリアされます。

    • 両方の条件を満たす必要がある場合は、[AND] を選択します。

    • いずれか 1 つの条件が満たされればよい場合は、[OR] を選択します。

  2. フィルターの条件を入力します。

  3. たとえば、特定の値より大きい数値を表示するには、[数値フィルター] > [指定の値以上] を選び、特定の値を入力します。
    ユーザー設定のオートフィルター

  4. 2 つの条件による結果をフィルター処理するには、両方のボックスにフィルター条件を入力します。

  5. フィルターの結果の順序を変更するには、フィルター ドロップダウン リストを選び、[降順] または [昇順] を選択します。

さらに詳しく

LinkedIn ラーニングで類似するその他のコースについて確認する

範囲または表のデータをフィルター処理する

ピボットテーブルのデータをフィルター処理する

このレッスンではデータの 抽出について解説します。

オートフィルタという機能を使うと 指定した条件に合うデータを 素早く抽出することができます。

では見ていきましょう。

使用するブックは Chapter_7 です。

名簿」のシートを アクティブシートにしましょう。

データを管理する表が作成されています。

Excel ではこの様にデータを管理する 表のことをリストと言います。

リストとは表の先頭行に 列見出しを付けて 列見出しの下に同じ種類の データを入力したものです。

リストの列をフィールド、 リストの行をレコードと言い 列見出しのことを フィールド名と言います。

ではこの社員名簿のリストを使って データを抽出する操作を見ていきましょう。

社員名簿のリストには 29 件のレコードが入力されています。

まずはデータの抽出に使う オートフィルタを設定しましょう。

リスト内の任意のセルを アクティブセルにします。

データ」タブをクリックします。

「並べ替えとフィルター」グループの 「フィルター」のボタンをクリックします。

それぞれのフィールド名の右に 下向き三角が表示されました。

これがオートフィルタです。

このオートフィルタを使って 簡単にデータを抽出することができます。

ちなみにオートフィルタはもう一度 「フィルター」ボタンをクリックすると 解除することができます。

オートフィルタを設定する際には リスト内の任意のセルを アクティブセルにしましょう。

リスト以外がアクティブセルに なっている場合は、 「フィルター」のボタンをクリックしても オートフィルタを設定することはできません。

ではこれから「地区」フィールドの オートフィルタを使って 「名古屋」のデータだけを 抽出してみましょう。

「地区」フィールドの 「フィルター」ボタンをクリックします。

ドロップダウンのリストが表示されました。

すべて選択」のチェックを クリックで外して 「名古屋」をクリックして チェックを付けます。

OK ボタンをクリックします。

これで「名古屋」のレコードだけを 抽出することができました。

ステータスバーには 抽出した件数が表示されます。

「29 レコード中7個見つかりました」 と表示されていますね。

また行番号が青く表示されて抽出状態で あることを確認することができます。

では抽出を解除する操作を 見ていきましょう。

抽出を解除するには 抽出した時に使ったボタン 「地区」フィールドの 「フォルター」ボタンをクリックします。

"地区"からフィルターをクリア」 ボタンをクリックします。

これで抽出を解除して すべてのレコードを表示することができます。

ではその他のフィールドも 試してみましょう。

「部署名」が「営業1部」と 「営業2部」のレコードを抽出してみます。

「部署名」フィールドの 「フィルター」ボタンをクリックし 「すべて選択」のチェックを外して 「営業1部」と「営業2部」に クリックでチェックを付けます。

OK ボタンをクリックします。

これで「部署名」が「営業1部」と 「営業2部」のレコードを 抽出することができました。

抽出を解除します。

「部署名」の「フィルター」ボタンを クリックします。

"部署名"からフィルターをクリア」 をクリックします。

これで抽出を解除することができました。

では続いて複数のフィールドに条件を設定し 絞り込んでみましょう。

「地区」が「東京」で、「部署名」が 「企画部」のデータを抽出します。

「地区」フィールドの 「フィルター」ボタンをクリックし 「すべて選択」をクリックで解除して 「東京」をクリックでチェックを付けます。

OK ボタンをクリックします。

これでひとまず「東京」のデータを 抽出することができました。

続いて「部署名」の 「フィルター」ボタンをクリックし 「すべて選択」のチェックを外して 「企画部」にチェックを付けて OK ボタンをクリックします。

これで「地区」が「東京」で、「部署名」が 「企画部」のレコードだけを 抽出することができました。

この様に絞り込むことも可能です。

複数のフィールドに条件を設定して データを絞り込んでいる場合には 1つ1つのフィールドボタンから 解除するのは面倒です。

そこで「データ」タブ、 「並び替えとフィルター」グループの 「クリア」ボタンをクリックします。

これで複数のフィールドでの 抽出を解除し すべてのレコードを素早く 表示することができます。

フィルター」ボタンをクリックして 表示されますドロップダウンのリストの中には 高度な条件を設定する 項目もあります。

文字データが入力されているフィールドでは 「テキストフィルター」という 項目が表示されますので 「指定の値に等しい」の他にも 「等しくない」や 「で始まる」「で終わる」といったような 条件を設定しての抽出が可能です。

数値データが入力されている所では 数値フィルターが表示されますので 「指定の値に等しい」の他にも 「等しくない」や「より大きい」 「以上」といったような 条件の設定ができます。

このレッスンではオートフィルタ機能を使って リストのデータを簡単に 抽出する方法について 解説しました。

学習はまだ続きます。LinkedIn Learningで、エキスパートによるチュートリアルの詳細をご覧ください。linkedin.com/learning から、無料試用版を今すぐお試しください。

LinkedIn ラーニングを 1 か月間無料で活用する

広く認められている業界の専門家から学習し、最も需要のあるビジネス、技術、および独創的な技術を取得します。

利点

  • 4,000 を超えるビデオ コースに無制限にアクセス。

  • LinkedIn プロファイルに基づいて個人用のおすすめ候補を表示。

  • コンピューターまたはモバイル デバイスからコースをストリーミング。

  • すべてのレベルのコースを受講 (初心者~上級者)。

  • テスト、演習ファイル、およびコーディング ウィンドウで学習しながら演習。

  • 自分用またはチーム全体用にプランを選択。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×