テキストやデータを追加する

セルのサイズ変更および結合を行ってデータを配置する

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

LinkedIn ラーニングでその他の Excel のトレーニングを探す

セルの結合、配置、折り返し、または文字列の回転によって、セル内のデータの表示方法を変更することができます。

セルのデータを配置する

  1. ワークシートのセルまたはセルの範囲を選択します

  2. [ホーム] タブで、文字列の配置オプションを選択します。セルの上部、中央、下部、およびセルの左、中央、右に文字列を配置することができます。

    注: セルの書式設定によっては、配置を変更できないことがあります。

セル内に改行を追加する

  1. セルを選択します。

  2. 最初の行に必要な文字列を入力します。

  3. キーボードで、Alt キーを押しながら Enter キーを押して改行を追加します。

  4. 次の行に必要な文字列を入力します。

  5. Enter キーを押します。

セルの高さまたは幅を拡大する

  1. セルと次のセルの間の線の上にカーソルを置きます。

  2. 必要な高さまたは幅になるように線をドラッグします。

テキストを折り返す

  1. セルまたはセルの範囲を選択します。

  2. [ホーム]、[文字列を折り返して全体を表示する] の順に選択します。

セルを結合する

  1. 結合する印刷するセルを選びます

  2. [ホーム]、[セルを結合して中央揃え] の順に選択します。

    注:  後でセルの結合を解除するには、[セルを結合して中央揃え] ドロップダウン メニューから [セル結合の解除] を選択します。

セルのデータを回転する

  1. セルまたはセルの範囲を選択します。

  2. [ホーム]、[配置の設定] の順に選択します 配置の設定

  3. [向き] で、セルデータの回転の角度を編集します。

  4. [OK] を選択します。

    注: 注: [ホーム]、[向き] 方向 の順に選択し、ドロップダウン リストからオプションを選択することもできます。

さらに詳しく

LinkedIn ラーニングで類似するその他のコースについて確認する

Excel でセル データを回転または配置する

セルを結合する

セルで文字列を折り返す

このレッスンではセルに入力した データの配置の変更について解説します。

配置を変更することで表のレイアウトを 美しく整えることができます。

使用するブックは Chapter_4 です。

「売上表2」のシートを アクティブシートにしましょう。

売上表が作成されています。

まずはセル内の配置の変更から 見ていきましょう。

Excel の初期設定では文字データは セル内で左よりで 数値データはセル内で 右よりで配置されています。

この様な配置は 「ホーム」タブ、「配置」グループの ボタンを使って変更することができます。

「配置」グループの下の段の左から 「左揃え」「中央揃え」「右揃え」 というボタンを使って 水平方向の配置換えが可能です。

また上にあります 「上揃え」「上下中揃え」 そして「下揃え」のボタンを使って 垂直方向の配置も変更が可能です。

では表の見出しとなる4行目の文字を セル内で中央に配置してみましょう。

配置を変更したいセル範囲を 選択します。

A の4から E の4の セル範囲を選択しましょう。

「配置」グループの「中央揃え」ボタン をクリックします。

これで選択した範囲内の文字を各セルにおいて 中央に配置することができました。

配置を変更すると 設定したボタンに色が付いて表示されます。

例えば今設定した中央揃えを解除するには 解除したいセル範囲を選択し 設定する時に使った「中央揃え」の ボタンをクリックします。

これで中央揃えを解除することができます。

ではもう一度4行目の配置は 中央揃えを設定しておきます。

続いて選択範囲内の中央に データを配置する操作を見ていきましょう。

A の2に入力されています 「売上表」の文字を 表の中央に配置したいです。

この場合切り取って 貼り付けるという方法もありますが その方法では綺麗に真ん中に 持ってくることは難しいです。

そこで使用するのが、セルを結合して中央揃え という機能です、見てみましょう。

配置を変更したいセル範囲 A の2から E の2を選択します。

「配置」グループの「セルを結合して 中央揃え」ボタンをクリックします。

これで選択範囲内のセルを結合し データを中央に配置することができました。

美しいレイアウトを とることができます。

ちなみに解除をするには 解除をしたいセルを選択し 設定する時に使った「セルを結合して 中央揃え」ボタンをクリックします。

これで解除することができます。

ではもう一度設定しておきましょう。

ホーム」タブの「配置」グループには 今使った配置を変更するボタンの他にも インデントを設定したり文字方向を 変更するようなボタンも用意されています。

また「配置」グループのダイアログ起動ツール をクリックして表示される 「セルの書式設定」の ダイアログボックスの「配置」タブでは 配置の変更をまとめて設定したり ボタンからでは実行できない より詳細設定を行うことも可能です。

このレッスンではセルに入力したデータの 配置の変更について解説しました。

学習はまだ続きます。LinkedIn Learningで、エキスパートによるチュートリアルの詳細をご覧ください。linkedin.com/learning から、無料試用版を今すぐお試しください。

LinkedIn ラーニングを 1 か月間無料で活用する

広く認められている業界の専門家から学習し、最も需要のあるビジネス、技術、および独創的な技術を取得します。

利点

  • 4,000 を超えるビデオ コースに無制限にアクセス。

  • LinkedIn プロファイルに基づいて個人用のおすすめ候補を表示。

  • コンピューターまたはモバイル デバイスからコースをストリーミング。

  • すべてのレベルのコースを受講 (初心者~上級者)。

  • テスト、演習ファイル、およびコーディング ウィンドウで学習しながら演習。

  • 自分用またはチーム全体用にプランを選択。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×