テーブルを追加する

[テーブル デザイナー] を使ってテーブルを作成する

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

テーブル デザインテーブルを作成すると、データベースの設計についてより慎重に検討しながら、フィールドの種類を設定したり、ルックアップ リストを作成したり、外部キーを作成して主キーと組み合わせたりすることができます。

テーブル デザインによってテーブルを作成する

  1. [作成]、[テーブル デザイン] の順に選択します。

    [作成] > [テーブル デザイン] のための Access のリボン コマンド
  2. 新しいテーブルの最初のフィールドで、フィールド名とデータ型を入力します。

    新しい Access テーブルの最初のフィールド名とデータ型
  3. テーブルの主キーを設定するには、適切なフィールドの [フィールド名] セルを選択して、[主キー] を選びます。

    新しい Access テーブルに主キー フィールドを選択する

    [主キー] インジケーターがフィールド名の左側に表示されます。主キーは、いつでも変更できます。ただし、各テーブルが所有できる主キーは 1 つだけです。

  4. [ファイル]、[保存] の順に選び、テーブルに名前を付けます。

テーブル デザインでテーブルを作成および変更する場合、他にもさまざまなオプションがあります。

[データシート ビュー] と [デザイン ビュー] を [テーブル デザイナー] で切り替える
  • 保存したテーブルの [デザイン ビュー] と [データシート ビュー] を切り替えます。

  • 任意のフィールドをテーブルの主キーとして指定します。

  • [ビルダー] を使用して、式または定型入力を作成します。

  • 入力規則をテストします。

  • 行を挿入し、削除します。

  • ルックアップの一覧を作成します。

  • データ マクロの作成、名前の変更、および削除を行います。

  • リレーションシップとオブジェクトの依存関係を定義します。

さらに詳しく

Excel のトレーニング

Outlook のトレーニング

テーブルは、データシート ビューまたはテーブル デザイン ビューで作成できます。データシート ビューでの作業は簡単です。スプレッドシートへのデータ入力とよく似ています。一方、テーブル デザイン ビューで作業する場合は、データベースの設計と、フィールドの種類の設定についてより慎重に検討することができます。ルックアップ リストを作成することもできます。外部キーを作成して、主キーと組み合わせることもできます。

リボンで、[作成] を選び、[テーブル デザイン] を選びます。ホット キーを使用する場合は、Alt キーを押しながら、使用するコマンドの横にある文字キーを押します。この場合、"C" と次に TD です。

テーブル デザイナーが起動し、この新しいタブが表示されます。これは、コンテキスト タブです。Access​​ にはいくつかのコンテキスト タブがあり、必要なときにのみ表示されます。このコンテキスト タブには、フィールドの挿入や削除、および主キーを設定するためのコマンドがあります。

この [フィールド名] 列に、「電話 ID」と入力します。[データ型] リストから、[オートナンバー] を選択し、[主キー] を選択します。行を右クリックすると、多くの同じようなコマンドを参照できます。もう一度、Alt キーと、使用するコマンドの横にある文字キーを押します。

次のフィールドに「電話番号」と入力し、[短いテキスト] データ型を選択します。

その下に「種類」と入力し、ルックアップ リストの作成を開始します。[ルックアップ ウィザード]を選択し、目的の値を入力後、[次へ] を選択します。1 列でかまいません。先頭の行に、リストの電話番号の種類を入力します。会社、、FAX緊急、および自宅です。[次へ] を選びます。既にフィールドに名前を入力しているため、[完了] を選ぶだけです。

個別のテーブルにこのフィールドを作成することもできますが、データ量が少ないため、ここでは作成しませんでした。代わりにルックアップ リストを作成しました。名前を入力する際は、設定したリストから適切な値を選択するだけです。

最後に、外部キーを作成する必要があります。それを「顧客 ID FK」と呼ぶことにします。顧客 ID は、顧客テーブルの主キーの名前であり、FK は外部キーを意味します。つまり、これは外部キーであり、その主キーが顧客テーブルの顧客 ID フィールドであることが簡単にわかる方法です。

次に、データ型を [数値] に設定します。これにより、データベースの設計ルールが表示されます。主キーと外部キーは、一致するデータ型または互換性のあるデータ型である必要があります。顧客テーブルの主キーはオートナンバー データ型フィールドであるため、ここでは互換性のあるデータ型を使用します。

Access では、オートナンバー型フィールドの値が制御されます。顧客名を追加すると連番で管理され、その連番の値を複製することはできません。顧客に複数の電話番号がある場合は、外部キー フィールドの値を複製する必要があるため、ここではオート ナンバー データ型は使用しません。

互換性のあるデータ型が必要であるため、ここでは数値型を使用します。テキスト型のような他のデータ型も、キー フィールドと互換性があります。

電話番号」と名前を付けてテーブルを保存します。

テーブル デザイン ビューでテーブルを作成する方法と、その過程で、値リストと外部キーを作成する方法を説明しました。これで完了です。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×