表を追加して書式を設定する

テーブルを作成する

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

LinkedIn ラーニングでその他の Excel のトレーニングを探す

テーブルを作成して書式設定し、データを視覚的にグループ化して分析することができます。

ショートカット

  1. テーブルを作成するには、データを選択し、[ホーム]、[テーブルとして書式設定] の順に選択します。

    ヒント:  CTRL + T または CTRL + L を押す方法もあります。

  2. データに空の列または行がないことを確認するには、データ内のセルを選択し、CTRL + A を押してから、CTRL + . を数回押してデータ間を移動します。

テーブルを作成する

  1. テーブルに含めるセルまたはセルの範囲を選択します。

  2. [挿入]、[テーブル] の順に選択します テーブル

  3. [テーブルの作成] ボックスが表示され、テーブルに含めるセルが表示されます。必要に応じて編集します。

  4. テーブルに見出しがある場合は、[先頭行を見出しとして使用する] チェック ボックスをオンにします。

  5. [OK] を選択します。リボンに [デザイン] タブが表示されます。

表の書式を設定する

  1. テーブル内のセルを選択します。

  2. [デザイン] タブの [テーブル スタイル] を選択します。

  3. [テーブル スタイル オプション] グループで、[縞模様 (行)]、[縞模様 (列)] などの各チェック ボックスをオンまたはオフにして、希望する外観にします。

    注: テーブルに新しい行または列を追加する場合は、テーブルのスタイルで自動的に追加されます。新しい行を追加したときに数式が適用されるか、または列内に新しい数式を作成します。

さらに詳しく

LinkedIn ラーニングで類似するその他のコースについて確認する

ワークシートで Excel のテーブルを作成する

ここには四半期の売上リストが 作成されています。

ではこのリストの範囲をテーブルに変換して データベース機能を使っていきましょう。

リスト内の任意のセルを アクティブセルにします。

挿入」タブをクリックし、 「テーブル」グループの 「テーブル」ボタンをクリックします。

「テーブルの作成」ダイアログボックスが 表示され、 リストのセル範囲が 自動的に認識されています。

OK ボタンをクリックすると、 リストのセル範囲を テーブルに変換することができます。

では OK ボタンをクリックします。

これでテーブルに変換することができました。

テーブル内にアクティブセルを移動すると 「コンテキスト」タブの 「デザイン」タブが表示されます。

デザイン」タブを使って テーブルのスタイルを設定したり、 データベース機能を活用するための さまざまなオプション設定を 行うことができます。

学習はまだ続きます。LinkedIn Learningで、エキスパートによるチュートリアルの詳細をご覧ください。linkedin.com/learning から、無料試用版を今すぐお試しください。

LinkedIn ラーニングを 1 か月間無料で活用する

広く認められている業界の専門家から学習し、最も需要のあるビジネス、技術、および独創的な技術を取得します。

利点

  • 4,000 を超えるビデオ コースに無制限にアクセス。

  • LinkedIn プロファイルに基づいて個人用のおすすめ候補を表示。

  • コンピューターまたはモバイル デバイスからコースをストリーミング。

  • すべてのレベルのコースを受講 (初心者~上級者)。

  • テスト、演習ファイル、およびコーディング ウィンドウで学習しながら演習。

  • 自分用またはチーム全体用にプランを選択。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×