テキストの書式を設定する

テキストの外観を変更する

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

ヒント: ビデオがお使いの言語ではない場合は、[クローズド キャプション [クローズド キャプション] ボタン ] を選択してみてください。

さまざまなフォント、サイズ、色、効果でテキストの外観を変更します。

フォントを変更する

  1. 変更するテキストを選択します。

  2. [フォント] を選びます。

  3. ドロップダウン メニューで、目的のフォントを選びます。

フォント サイズを変更する

  1. 変更するテキストを選択します。

  2. [フォント サイズ] を選びます。

  3. ドロップダウン メニューで、目的のサイズを選びます。

    または、目的のサイズを [フォント サイズ] ボックスに入力します。[フォント サイズの拡大] および [フォント サイズの縮小] ボタンを使うこともできます。

フォントの見た目を変更する

  1. 変更するテキストを選択します。

  2. オプションを選びます。[太字]、[斜体]、[下線]、[フォントの色]、および [蛍光ペンの色]。

    注: アプリによっては、[文字の効果​​と体裁] (Word) や [文字の影] (PowerPoint) など、他のオプションが表示されることがあります。

    他のオプションを設定する場合は、[フォント] グループの小さな矢印 [フォント] ダイアログ ボックス起動ツール を選んで、[フォント] ダイアログ ボックスを開きます。

さらに詳しく

フォントの色を変更する (テキストの色)

フォント サイズを変更する

輪郭、影、反射、光彩などの文字の効果を追加する

Word のトレーニング

PowerPoint トレーニング

Excel のトレーニング

新しいフォントと色を使って、テキストを飾ります。

最初に、変更する対象を選びます。

いくつかのクイック書式設定オプションが含まれるミニ ツール バーが表示されます。

ここで、またはリボンで、変更を行うことができます。

別のフォントを選ぶと、テキストの外観のプレビューが表示されます。

[最近使用したフォント] の情報も保存されます。

フォントを変更した後は、テキストを太字、斜体、または下線付きにします。

[フォント サイズ] を変更するには、下向き矢印を選びます。

[フォント サイズの拡大] または [フォント サイズの縮小] ボタンもあります。

テキストを目立たせるには、色を変更したり、テキストを強調表示にしたり、アプリによっては [文字の効果] や [] を追加することもできます。

さらに多くのオプションが必要な場合は、[フォント] グループの矢印を選びます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×