スキップしてメイン コンテンツへ
Outlook のグループでチームを一体化する

チームと連携する

注: この記事は既に役割を終えており、間もなく提供終了となります。 Microsoft では、「ページが見つかりません」の問題を避けるために既知のリンクを削除しています。 このページへのリンクを作成された場合は、同様に、この問題を避けるためにリンクを削除してください。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

進行中の Office 365 のグループ会話で共有されたドキュメントを開き、編集する方法について説明します。

次の手順では、Outlook on the Web を使用して、これらのタスクを実行する方法について説明します。

会話で共有ドキュメントを開くには

  1. 通知ウィンドウから会話を選択します。

  2. 文書ウィンドウで [編集と返信] を選択します。 ドキュメントに変更内容を入力します。

  3. [会話] ウィンドウで、[全員に返信] を選択し、変更に関するメモを入力します。 [送信] を選びます。

会話でチームのメンバーまたはグループにフラグを設定するには

  1. 閲覧ウィンドウで内容を表示する会話をリストから選択します。

  2. 会話の下部にある [返信] を選択し、返信を入力して会話に追加します。

  3. 返信ウィンドウで、"at" 記号 (@) を入力し、「メンション」するユーザーまたはグループの名前、あるいはユーザーまたはグループの電子メール エイリアスを入力します。

  4. [連絡先の候補] ボックスの一覧に表示された連絡先の名前を選択します。 [送信] を選びます。

おや、グループ通知が届いたようです。

通知アイコンを選択して、

通知バーを開くと、

Tony が私を @ メンションでタグ付けしているのがわかります。

予算の数値を更新するように依頼されました。 操作は簡単です。

ドキュメントは既にグループの OneDrive に保存されています。

ここから、メッセージの下にあるファイル添付ボックスを選択して、そのドキュメントを開くことができます。

ドキュメントは読み取り専用で開きますが、[編集して返信] を選択すると変更することができます。

誰かが既に変更を行っているようです。

問題ありません。

OneDrive for Business の共有グループ スペースで同時にドキュメントを編集できます。

変更を追加し、

ドキュメントを開いた元のメッセージ ボックスで簡単なメモを追加します。

マーケティング キャンペーン チームにも変更を確認してもらいたいため、

そのグループを @ メンションで指定します。

[送信] を選択し、私が変更を加えたことを Tony に知らせます。

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×