ビデオ:スライド上の文字の書式を変更する

お使いのブラウザーでは、ビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

LinkedIn ラーニングでその他の PowerPoint のトレーニングを探す

PowerPoint プレゼンテーションのテキストのサイズ、フォント、スタイルを変更して、コンテンツを目立つように強調表示できます。

プレースホルダーのテキストを書式設定する

  1. 書式設定するプレースホルダー テキストを選択します。

  2. [ホーム] タブで、書式設定オプションを選択します。[フォント]、[フォント サイズ]、[行間]、[太字]、[斜体] などを設定します。

    注: プレースホルダーのボックスの位置を変更する場合は、プレースホルダーの回転ハンドルを選択し、Shift キーを押しながら、回転ハンドルを目的の方向に移動します。

テキストをコピーしてプレゼンテーションに貼り付ける

  1. テキストのコピー先のプレースホルダーを選択します。

  2. Word 文書などの他のソースからテキストをコピーして貼り付けます。

  3. PowerPoint で、右クリックしてテキストの [貼り付けのオプション] を選択します。

    • [貼り付け先のテーマを使用] - 現在のテーマの書式を使用します。

    • [元の書式を保持] - 元の Word の書式を使用します。

    • [] - テキストを画像として貼り付けます。

    • [テキストのみ保持] - コピーしたテキストに書式設定を適用しません。

さらに詳しく

LinkedIn ラーニングで類似するその他のコースについて確認する

文字列の配置、インデント、間隔を変更する

スライドのテキストの色を変更する

スライドにテキストを追加する

幸いにも、PowerPoint でのテキストのフォントの変更は、テキストを使用する他のアプリケーションでフォントを変更する場合とあまり変わりません。

まず、変更するテキストを選択し、上にある [ホーム] タブでテキストの書式設定ツールを見つけます。

現在選択されているテキストのフォントが Calibri であることがわかります。

このメニューをクリックして別のフォントを選択したり、サイズを変更してテキストを少し大きくしたりできます。

今、このサイズでは文字が少し詰まって見えるため、[行間] のボタンで [1.5] の間隔に設定します。

テキスト ツールでは多くのワード プロセッサーにあるような一般的な選択ができます。Microsoft Word に慣れている場合はこれと非常によく似ていると感じるでしょう。

たとえば [段落の配置] ボタンやテキストを太字、斜体、下線などにするボタンです。

今は移動とサイズ変更が可能なテキスト ボックスにすべてのテキストが含まれているため、ボックスのプロパティも変更することができます。

テキスト ボックスの上にある小さな回転ハンドルに注目してください。

これをクリックし、ドラッグしてボックスを回転するだけです。

Shift キーを押し続けると、15 度ずつ回転します。

テキストの外観を変更する方法がもう 1 つあります。

実際には、プレゼンテーションのすべてのスライドで常にテキストを最初から入力するわけではないと思います。

どこかからテキストを貼り付けることがよくあるでしょう。

以前に追加した次のスライドに移動します。

ホテルのプレゼンテーションの場合、客室のタイプを説明するスライドが必要になるかもしれません。

そこで「主な客室」というタイトルを入力します。このスライドの本文のテキストは既に別の場所に入力しています。

つまり、この文書のテキストは既にある程度書式設定されています。

フォントは TrebuchetMS で、11 ポイントであることがわかります。

また、会議室の名前が太字であることもわかります。

最初の客室の説明を選択し、これを右クリックしてコピーします。

PowerPoint に戻ります。そして自分のプレゼンテーションで、説明を左側のこの列に貼り付けます。

場合によって、貼り付けるテキストの書式設定をスライドにコピーしたいことがあると思います。

また、スライドのテンプレートで既に使用されているスタイルでテキストを書式設定したいこともあるでしょう。

そこで、貼り付けを行う Ctrl + V の標準のショートカット キーを押す代わりに、テキスト ボックス内で右クリックします。

そうすると、ここに貼り付けのオプションが表示されます。もう少し右で右クリックすると見やすくなりました。

貼り付けのオプションに注目してください。

オプションを 1 つずつ選択するとテキストの表示をプレビューできます。

つまり、現在のテーマの書式設定を使用することも、Word の元の書式設定を使用することも、さらにテキストを画像として貼り付けることも、書式設定なしを選択することもできます。

ここでは最初のオプションを選択します。

これで、テキストがスライドのテーマの既定のフォントとサイズで表示されました。

テキストを貼り付けた後も、テキストは自由に書式設定することができます。

その場合も、テキストを選択して、書式設定のオプションを選択するだけです。

PowerPoint でのテキストの書式設定のオプションについて説明しました。

ここで学習は終わりません。LinkedIn ラーニングで、エキスパートによるチュートリアルの詳細をご覧ください。linkedin.com/learning へアクセスして、無料試用版を今すぐお試しください。

LinkedIn ラーニングを 1 か月間無料で活用する

広く認められている業界の専門家から学習し、最も需要のあるビジネス、技術、および独創的な技術を取得します。

利点

  • 4,000 を超えるビデオ コースに無制限にアクセス。

  • LinkedIn プロファイルに基づいて個人用のおすすめ候補を表示。

  • コンピューターまたはモバイル デバイスからコースをストリーミング。

  • すべてのレベルのコースを受講 (初心者~上級者)。

  • テスト、演習ファイル、およびコーディング ウィンドウで学習しながら演習。

  • 自分用またはチーム全体用にプランを選択。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×