スライド ショーを表示する

スライドショーを記録する

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

LinkedIn ラーニングでその他の PowerPoint のトレーニングを探す

プレゼンテーション、スライド、アニメーションのタイミングなどを記録できます。ここでは、記録を行い、再生し、クリアする方法を示します。

注: Office 365 サブスクリプションを購入された場合は、更新されたバージョンをご利用いただいているため、このビデオとは多少動作が異なります。

プレゼンテーションを記録する

  1. [スライド ショー]、[スライド ショーの記録] の順に選びます。

  2. ドロップダウンからオプションを選びます。

    • 先頭から録音を開始

    • 現在のスライドから録音を開始

  3. メッセージが表示されたら、記録するものを選びます。

    • スライドとアニメーションのタイミング

    • ナレーション、インク、レーザー ポインター

  4. [記録の開始] を選びます。

記録の一時停止と再開

  1. 記録中に一時停止するには、[一時停止] を選びます。

  2. 記録を再開するには、[記録の再開] を選びます。

記録の停止

  • Esc キーを押します。

    記録されたスライドの右下にスピーカー アイコンが表示されます。

記録の再生

  1. スライドのスピーカー アイコンを選びます。

  2. [再生] を選択します。

    音量を調整するには、スピーカー アイコンをポイントし、スライダーで音量を変更します。

タイミングとナレーションのクリア

  1. [スライド ショー]、[スライド ショーの記録] の順に選びます。

  2. ドロップダウンから [クリア] を選び、オプションを選びます。

    • 現在のスライドの​​タイミングをクリア

    • すべてのスライドの​​タイミングをクリア

    • 現在のスライドの​​ナレーションをクリア

    • すべてのスライドのナレーションをクリア

さらに詳しく

LinkedIn ラーニングで類似するその他のコースについて確認する

スライド ショーをナレーションとスライド切り替えのタイミングとともに記録する

作成したスライドをスライドショーを使って プレゼンテーションをし、 それを記録することができます。

では、さっそくやってみたいと思います。

まず、「スライドショー」のタブを開きます。

この「スライドショー」のタブの中の 「スライドショーの記録」、 このアイコンをプルダウンしてください。

記録は最初のスライドからか、 もしくは現在選択しているスライドからかを 選択することができます。

では、今回は「先頭から録音を開始」を 選択します。

そうすると、「記録対象を選択してから、 記録を開始してください。」 という選択項目が現れます。

スライドとアニメーションのタイミングのみを 記録する場合は ここだけにチェックを付けてください。

ナレーション、インク、レーザー ポインター すべて記録する場合は この2つにチェックを付けてください。

ナレーション、インク、 レーザー ポインターのみを記録したい場合は ここだけにチェックを付けてください。

そして、記録対象を選択したら 「記録の開始」をクリックします。

では、「記録の開始」をクリックして 記録の開始を始めます。

そうすると、このように スライドショーの画面に切り替わります。

ここで、実際に プレゼンテーションをしていきます。

この「記録中」というのが、 これがレコーディングの時間ですね。

後はこの矢印をクリックすると、 次のスライドへ進みます。

このレコーディングを一時停止したいときは このポーズボタン、 一時停止ボタンを押すと このように「録音が一時停止されました」と 表示されます。

そしてまた記録を再開するときは この「記録の再開」のボタンを クリックしてください。

ここに2つ時間が表示されています。

この左側のほうの時間が 現在のスライドにかかっている時間です。

この右側の時間がトータル、 1番最初のスライドから現在のスライドまでの トータルのプレゼンテーションの時間が ここに記載されています。

では、記録を再開したいと思います。

スライドを進めるには キーボードの Enter キー、 もしくはマウスをクリックするでも スライドを進めることができます。

このように、プレゼンテーションを レコーディングしていきます。

すべてプレゼンテーションが終わったら、 キーボードの Esc を押します。

そうすると、このスライドの記録が 停止されます。

では Esc キーを押してみます。

そうすると、このように スライドショーの記録が終了しました。

スライドの右下にこのスピーカーのアイコンが 表示されました。

これをクリックすると、 このスライド中にしゃべっていた ナレーションの録音が再生されます。

では、再生してみます。

この再生ボタンを押します。

"もしくはマウスをクリックするでも スライドを..." このように、プレゼンテーションの ナレーションが録音されています。

このナレーションの音量を調整したいときは このスピーカーの、見えますか? このスピーカーのアイコンをクリックすると、 ここで音量を調整することができます。

スライドショーの記録を付けると、 各スライドにどのぐらいの時間がかかったかを 確認することができます。

スライド一覧の表示に切り替えます。

表示のタブから「スライド一覧」、 これをクリックします。

そうするとここに、 このスライドにかかった時間が 表示されています。

では、標準に戻ります。

このスライドショーの記録を 削除したいときは 「スライドショー」のタブを開けていただいて、 「スライドショーの記録」のアイコンを プルダウンします。

ここで、「クリア」、 この「クリア」を選択してください。

そうすると「現在のスライドのタイミングを クリア」、 もしくは「すべてのスライドの タイミングをクリア」。

これは先程確認した各スライドの、 このタイミングですね。

これをクリアできます。

スライドショーの記録」から「クリア」で すべてのスライドのタイミングを クリアしたい場合は これを選択します。

ではクリックしてみます。

そうするとこのように、 それぞれにかかった時間、 記録されていた時間が全部クリアされました。

次に、また標準に戻ります。

次に、ナレーションをクリアしたいときは この「スライドショー」のタブから 「スライドショーの記録」をプルダウンして 「クリア」のここですね。

現在のスライドのナレーションをクリア」 これを選択すると、今表示されている、 今選択しているスライドのみのナレーションが クリアされます。

そしてこの下の「すべてのスライドの ナレーションをクリア」を選択すると、 すべてのスライドのナレーションが クリアされます。

では、すべてのスライドのナレーションを クリアしたいと思います。

そうすると、ここに先程まで出ていた スピーカーのアイコンが削除されました。

ここで学習は終わりません。 LinkedIn ラーニングで 専門家によるチュートリアルを もっと見てみましょう。 linkedin.com/learning で 今すぐ無料トライアルを始めましょう。

LinkedIn ラーニングを 1 か月間無料で活用する

広く認められている業界の専門家から学習し、最も需要のあるビジネス、技術、および独創的な技術を取得します。

利点

  • 4,000 を超えるビデオ コースに無制限にアクセス。

  • LinkedIn プロファイルに基づいて個人用のおすすめ候補を表示。

  • コンピューターまたはモバイル デバイスからコースをストリーミング。

  • すべてのレベルのコースを受講 (初心者~上級者)。

  • テスト、演習ファイル、およびコーディング ウィンドウで学習しながら演習。

  • 自分用またはチーム全体用にプランを選択。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×