スライド ショーを表示する

スライドショーを記録する

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

演習

プレゼンテーションのナレーションとタイミングを記録して、本格的で洗練された雰囲気にします。

ナレーションとタイミングを記録する

  1. [スライド ショー]、[スライド ショーの記録] の順に選択します。

  2. 次の 2 つのオプションから選択します。

    • [先頭から録音を開始]: プレゼンテーションの先頭から録音します。

    • [現在のスライドから録音を開始]: 特定のスライドから録音します。

  3. 録音するものをオンまたはオフにして、[レコーディングの開始] を選択します。

  4. 発話を開始するか、マーキングをプレゼンテーションに追加します。

    注: スライドの切り替えが発生するときには、オーディオは録音されないため、これらを先に再生してから、話し始めます。

記録の管理

プレゼンテーションでの記録の管理にはさまざまな方法があります。

  • [一時停止]: 記録を一時停止します。

  • [閉じる​​]: 記録を終了します。

  • [レーザー ポインター]、[ペン]、[蛍光ペン]、[消しゴム]: 記録中にポインター、インク、消しゴム、または蛍光ペン ツールを使用します。

記録の削除

記録が使用可能な場合に、それを示すサウンド アイコンがスライドに表示されます。

スライドから記録を削除することもできます。

  1. [スライド ショーの記録]、[クリア] の順に選択します。

  2. 次の 4 つのオプションから選択します。

    • [現在のスライドの​​タイミングをクリア]: 現在のスライドのタイミングを削除します。

    • [すべてのスライドの​​タイミングをクリア]: すべてのスライドからタイミングを一度に削除します。

    • [現在のスライドの​​ナレーションをクリア]: 現在のスライドの​​ナレーションを削除します。

    • [すべてのスライドの​​ナレーションをクリア]: すべてのスライドの​​ナレーションを一度に削除します。

記録の保存

記録が完了したら、プレゼンテーションを PowerPoint スライド ショーとして保存して共有します。プレゼンテーションを開いたときに、記録が自動的に再生されます。

  1. [ファイル]、[名前を付けて保存] の順に選択します。

  2. プレゼンテーションを保存する場所を選択します。

  3. [ファイルの種類] で、ドロップダウン矢印を選択し、[PowerPoint スライド ショー] を選択します。

  4. [保存] を選びます。

さらに詳しく

スライド ショーをナレーションとスライド切り替えのタイミングとともに記録する

LinkedIn Learning で類似するその他のコースについて確認する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×