スライド ショーのタイミングをリハーサルする

スライド ショーのタイミングをリハーサルする

お使いのブラウザーはビデオをサポートしていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、または Internet Explorer 9 をインストールします。

スライド切り替えのタイミングを使って各スライドの表示時間を記録し、記録された時間を使って、対象ユーザーにプレゼンテーションを行うときにスライドを自動的に切り替えます。

プレゼンテーションの配信のリハーサルを実行してタイミングを指定する

プレゼンテーションのリハーサルを実行して、特定の期間内に収まるようにすることができます。リハーサル中にスライド切り替えのタイミング機能を使用して、各スライドを表示するために必要な時間を記録し、実際の出席者にプレゼンテーションを行ったときに、記録された時間を使ってスライドを自動的に切り替えます。スライド切り替えのタイミング機能は、自動プレゼンテーションの作成に適しています。

注: 次の手順1を完了したらすぐにプレゼンテーションの配信を開始できるように準備しておいてください。

  1. [スライドショー ] タブの [設定] グループで、[リハーサル] をクリックします。[リハーサル] ツールバーが表示され、[スライドの時間] ボックスでプレゼンテーションのタイミングを開始します。

  2. プレゼンテーションを行うときに、[リハーサル] ツールバーで、次の1つ以上の操作を行います。

    • 次のスライドに移動するには、[次へ] をクリックします。

    • 時刻の記録を一時的に停止するには、[一時停止] をクリックします。

    • 一時停止の後に時間の記録を再開するには、[一時停止] をクリックします。

    • 現在のスライドの時間の記録を再び開始するには、[繰り返し] をクリックします。

  3. 最後のスライドの時間を設定した後、メッセージボックスにプレゼンテーションの合計時間が表示され、次のいずれかの操作を行うように求められます。

    • 記録されたスライド切り替えのタイミングを保持するには、[はい] をクリックします。

    • 記録されたスライド切り替えのタイミングを破棄するには、[いいえ] をクリックします。

スライド一覧表示が表示され、プレゼンテーションの各スライドの時間が表示されます。

さらに詳しく

プレゼンテーションの配信のリハーサルを実行してタイミングを指定する

画面切り替えの速度とタイミングを設定する

ナレーションとスライド切り替えのタイミングを使用してスライドショーを記録する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×