プレゼンテーションをデザインする

セクションを挿入する

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

LinkedIn ラーニングでその他の PowerPoint のトレーニングを探す

フォルダーを使ってファイルを整理するのと同じように、セクションを使うとスライドを意味のあるグループに整理できます。

セクション ヘッダーを追加する

  1. セクション ヘッダーを追加するスライド間の場所を選びます。

  2. [新しいスライド]、[ヘッダー セクション] の順に選びます。

セクションを追加する

  1. セクションを追加する 2 つのスライドの間を右クリックします。

  2. [セクション]、[セクションの追加] の順に選びます。

セクションを折りたたむ、または展開する

  • セクションを折りたたんだり展開したりするには、セクション名の横にある小さな三角形を選びます。

    ヒント: すべてのセクションを折りたたんだり展開したりするには、セクション名を右クリックし、[すべて折りたたみ] または [すべて展開] を選びます。

セクションの名前を変更する

  1. 名前を変更するセクションを右クリックし、[セクション名の変更] を選びます。

    セクションの名前を変更する

  2. セクションの名前を入力し、[名前の変更] を選びます。

セクションを削除する

  • 削除するセクションを右クリックし、[セクションの削除] を選びます。

プレゼンテーションのすべてのセクションを表示する

  • [表示] タブで、[スライド​​一覧] を選びます。

    プレゼンテーションのすべてのスライドを表示する

さらに詳しく

LinkedIn ラーニングで類似するその他のコースについて確認する

PowerPoint のプレゼンテーションでセクションを追加または削除する

PowerPoint でスライドの追加、配置変更、削除を行う

長いプレゼンテーションを行う時、 必然的にスライドの枚数が多くなります。

そんな時は内容ごとに章立てをすると オーディエンスも引きやすいですし、 スライドも整理されます。

また、章立てをすると そのプレゼンテーションのコンテンツが 表示でき、 全体の流れを把握することができます。

PowerPoint には その章立てをする機能があります。

では、実際に行ってみましょう。

ここに、ただただスライドが連なっている 長いプレゼンテーション資料があります。

これを内容ごとに、 章立てごとにまとめてあげます。

まずはセクションディバイダー、 日本語で言うと中表紙になります。

中表紙を入れて 章立てを作っていきます。

まず、中表紙を入れたい箇所を選択します。

表紙と内容に入る間に中表紙を入れたいときは この2枚のスライドの間、 この間を選択します。

この状態で「ホーム」のタブの「新しいスライド」 このアイコンをプルダウンして、 「セクション見出し」というスライドを クリックします。

そうすると、ここにセクション見出し、 日本語で言うと中表紙が挿入されました。

ここのプレースホルダに そのセクション見出しを入力します。

次に、この「資料とは」 の内容で伝えたい最後のスライドまで 行きます。

ここが最後です。

そして、次にまた新しい章が始まるので この第1章目の最後のスライドと 第2章目の最初のスライドの間に カーソルを入れて、 「ホーム」タブの「新しいスライド」から セクション見出しを入れます。

そして、セクションタイトルを入力します。

同じように、 中表紙を入れたい個所を選択して 「新しいスライド」をプルダウンして 中表紙を入れていきます。

すべての中表紙を挿入し終わったら、 今度は PowerPoint 上で その中表紙の区切り、 章立てごとにセクションを設定していきます。

まず、今最後に作った「余白を作る」という 最後のセクションですね。

ここからセクションを設定していきます。

中表紙を選択して 「ホーム」タブの「セクション」というアイコン、 これをプルダウンします。

そうすると、「セクションの追加」 という項目があるので これをクリックします。

そうすると、「タイトルなしのセクション」 というのが出てきて、 赤い枠でサムネイルが囲まれました。

このサムネイルの中で この赤い囲いがされているものが、 今設定したセクションに 含まれているスライドです。

そして、このセクションのタイトルを 変更します。

今は「タイトルなしのセクション」 と書かれているので このセクションを選択して、 また「ホーム」のタブの「セクション」を プルダウンします。

上から2番目、「セクション名の変更」 これをクリックしてください。

そして、この「セクション名」の中に セクション名を入力します。

そして、「名前の変更」をクリックします。

このように、セクションに名前がつきました。

同じように、セクションの最初の この中表紙を選択して 「ホーム」のタブの「セクション」を プルダウンして セクションを追加していきます。

そしてまた名前を付けていきます。

このように、1つ1つセクションを スライドに設定していきます。

1枚目のスライドに、このように 「既定のセクション」が設定されます。

これはこのままでもいいですが、 「表紙」とか「イントロダクション」という名前を 付けてもいいと思います。

では、「表紙」と付けます。

これでスライドに セクションを作ることができました。

設定したセクションを削除したいときは 削除したいセクションを選択します。

今この「資料とは」を選択しました。

そうすると、この「資料とは」のスライドが 全部選択されます。

この状態で「ホーム」タブの「セクション」を またプルダウンします。

そうすると、ここに「セクションの削除」 という項目があります。

これをクリックすると、 先程設定したセクションが削除されます。

では、クリックしてみます。

このように、「資料とは」と 設定したセクションが全て解除され、 1番上の「表紙」のセクションの 範囲内に変更されました。

また、このセクションごとにサムネイルを 折りたたんだり、表示させたりできます。

この「ホーム」のタブの「セクション」を またプルダウンします。

そして「すべて折りたたみ」、 これを選択していただくと このように、先程設定したセクションのみ サムネイルが全部非表示になって、 セクションタイトルのみの表示になりました。

このセクションタイトルで 全体のスライド資料の構成を 確認することができます。

このセクションタイトルの後ろにある 括弧の数字は そのセクションのスライド枚数になります。

サムネイルを再度表示させたいときは この三角、ここをクリックすると このように、そのセクションのスライドが 表示されます。

そして、このサムネイルを 非表示にしたいときは 再度この三角をクリックすると、 このようにサムネイルが非表示になります。

非表示にしたサムネイルを 一気に表示させたい場合は この「ホーム」タブの「セクション」のアイコンを プルダウンして、 この1番下にある「すべて展開」を クリックします。

では、クリックしてみます。

そうするとこのように、 先程非表示にしたサムネイルが すべて表示されます。

また、セクションをそれぞれ付けましたが 一気にセクションを外したいとき、 セクションをリセットしたいときは 「ホーム」タブの「セクション」のアイコンを プルダウンして、 この真ん中あたりの 「すべてのセクションの削除」、 これをクリックします。

ではクリックしてみます。

そうすると、一気に先程付けた セクション設定が全部削除されました。

設定したセクションは スライド一覧で確認することができます。

元に戻す」をクリックして 再度、セクションを設定させます。

この状態で「スライド一覧」、 「表示」のタブの中のこの「スライド一覧」、 これをクリックすると このように、セクションごとに スライドが分かれて表示されます。

セクションの順番を変えたいときは 順番を変更したいセクションを選択して、 そのままドラッグすると、 このように順番を変更することができます。

これは標準の作業ウィンドウからも することができます。

標準に戻ります。

このサムネイル、 今は全表示になっていますが、 これを先程やったように すべて折りたたみます。

ここで、このセクションを選択して ドラッグすると、 セクションの順番を 簡単に変えることができます。

ここで学習は終わりません。 LinkedIn ラーニングで 専門家によるチュートリアルを もっと見てみましょう。 linkedin.com/learning で 今すぐ無料トライアルを始めましょう。

LinkedIn ラーニングを 1 か月間無料で活用する

広く認められている業界の専門家から学習し、最も需要のあるビジネス、技術、および独創的な技術を取得します。

利点

  • 4,000 を超えるビデオ コースに無制限にアクセス。

  • LinkedIn プロファイルに基づいて個人用のおすすめ候補を表示。

  • コンピューターまたはモバイル デバイスからコースをストリーミング。

  • すべてのレベルのコースを受講 (初心者~上級者)。

  • テスト、演習ファイル、およびコーディング ウィンドウで学習しながら演習。

  • 自分用またはチーム全体用にプランを選択。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×