画像を追加して書式を設定する

画像の書式を設定する

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

LinkedIn ラーニングでその他の PowerPoint のトレーニングを探す

写真、グラフィック、図を追加した後は、背景、影、効果など多くの方法で画像を補強して、メッセージがいっそうよく伝わるようにできます。

調整を行い、効果を追加する

  1. 変更する画像を選びます。

  2. [図ツール] で、[書式]、[修正] の順に選びます。

    [図ツール] の [書式] タブが表示されない場合は、図を選んでいることを確認します。画面のサイズに応じて、表示される [修整] ボタンが異なる場合があります。

  3. サムネイルをポイントしてオプションのプレビューを表示し、オプションを選びます。

    • [シャープネス] - 左へ行くほどソフトになり、右へ行くほどシャープになります。

    • [明るさ/コントラスト] - 左へいくほど暗く、右へ行くほど明るくなり、上へ行くほど低コントラスト、下へ行くほど高コントラストになります。

      ヒント: 補正を微調整するには、[図の修正オプション] を選びます。その後、[シャープネス]、[明るさ]、または [コントラスト] のスライダーを移動するか、スライダーの横のボックスに数値を入力します。

  4. 必要に応じてアート効果を追加するには、[アート効果] ドロップダウンのオプションを選びます。

  5. 必要に応じて色効果を追加するには、[] ドロップダウンのオプションを選びます。

  6. 画像を圧縮してファイル サイズを小さくするには、[画像の圧縮] を選びます。

  7. 変更内容を削除して最初からやり直すには、図を選び、[書式]、[図のリセット] の順に選びます。

    図は、スライドに挿入したときの状態にリセットされます。

  8. [図のスタイル] で、スタイルをポイントしてプレビューを表示し、目的のスタイルを選びます。

    他のスタイルを表示するには、[その他] を その他のアイコン 選びます。

  9. 効果を追加するには、[図の効果] ドロップダウンからオプションを選びます。

[書式のコピー/貼り付け] を使う

同じ書式を別のオブジェクトに簡単に適用するには、[書式のコピー/貼り付け] を使います。

  1. コピーする書式が適用されている図を選びます。

  2. [ホーム]、[書式のコピー/貼り付け] の順に選びます。

  3. 書式を設定する図をポイントし (ポインターがペイント ブラシ アイコンに変わることに注意してください)、書式を適用する図を選びます。

ヒント: 複数の図またはオブジェクトに書式をコピーするには、[書式のコピー/貼り付け] をダブルクリックします。コピーした書式は、Esc キーを押すまで、選択するすべてのオブジェクトに適用されます。

さらに詳しく

LinkedIn ラーニングで類似するその他のコースについて確認する

図の明るさ、コントラスト、または鮮明度を変更する

図にアート効果を適用する

まず、画像を選択して この画像に関係する機能のツールを 表示させてください。

図ツール」の「書式」のリボンです。

この中の「調整」の項目の1番上に 「修整」というのがあります。

これをプルダウンしていただくと、 色のコントラストと明るさが 組み込まれています。

明るさとコントラストの比率で 何パターンかここにすでに用意されているので、 ここから自分の希望に合った明るさや コントラストを選択すると、 このように明るさが修整できました。

このコントラストと明るさは 自分で設定することもできます。

図の修整オプション」を開けていただいて、 この「図の書式設定」ですね。

ここの「図の修整」で 「明るさ」、「コントラスト」、これですね。

明るさとコントラストを自分の好きに このように、数字を打ち込んで 自分の好きな明るさとコントラストを 設定することもできます。

また、このシャープネスというのが 画像がちょっとぼやけるか、 シャープに写るかという設定です。

今鮮明度は0になっていますが、 これをうんっと下げると、 ちょっとぼやけますね。

これをぐっと1番上まで上げると、 このように すごく怖い画像になってしまいましたが 輪郭がくっきりします。

シャープネスを下げると輪郭がぼやけます。

新しく画像を持ってきます。

次に、この色ですね。

色をプルダウンしていただくと、 このように彩度やトーン、 後は色味ですね。

画像の全体に色味がかかるような設定や セピアなどのこのような効果が 用意されています。

全体にかかる色味は 「その他の色」のこのパレットからも 選択することができますし、 自分で色を作って このように、全体に 色味をかけることもできます。

また、「図の色のオプション」を 開けていただくと、 先程の修整と同じように 自分で色の彩度とか トーンなどを変えることもできます。

彩度というのは明るさですね。

彩度が低いと色味がなくなります。

彩度が高いと色味が強まります。

では、リセットをして画像を戻します。

次に、「アート効果」 これは結構格好良くてですね、 色んな、 このように、ちょっと絵画風だったりとか 鉛筆画風だったりとか ぼやかしたり、色んな効果が ここに設定されています。

とてもグラフィカルな効果がありますので、 写真をすごく格好良く 加工することができます。

こういうのもちょっと格好いいですよね。

アートっぽい感じで 非常に格好いいかなと思います。

こういった色々な格好いい効果を手軽に この「アート効果」から つけることができます。

また、図形と同じように 「図の効果」を付けることもできます。

」ですとか、今影がつきました。

後はこの「アート効果」のオプションからでも 図の効果を付けることができます。

例えば、「反射」で鏡みたいに反射させて こういう感じですね。

今、下にガラスがあるかのような 反射の効果を付けました。

光彩」、 こういった図形の効果も 画像に施すことができます。

ぼかしとかですね。

こういう感じで 色んな効果を画像に施すことができます。

これらによって画像を簡単に 格好良く編集することができます。

1つのファイルの中で たくさん画像を使用したときなど、 ファイルの容量が 重くなってしまう時があります。

そんな時は この「図ツール」の「書式」のタブの この「図の圧縮」 これをクリックして 図の容量を圧縮することができます。

また、図のスタイルなどを使って 編集した画像を元の画像に戻したいときは 「図ツール」の「書式」のタブの 「図のリセット」、 これをクリックすると、 画像が元の画像に戻ります。

では、やってみます。

この「図のリセット」の右側にある 下向き三角、これをクリックします。

そうすると、「図のリセット」と 「図とサイズのリセット」があります。

サイズはこのままで画像だけを リセットしたいときは「図のリセット」、 サイズも元の画像に戻したいときは 「図とサイズのリセット」をクリックします。

では、ここでは「図とサイズのリセット」を クリックしてみたいと思います。

そうすると、このように 画像がリセットされました。

また、図のスタイルを簡単に他の画像に コピーすることができます。

まず、画像に「図のスタイル」を適用します。

このような図のスタイルを 画像に適用しました。

このスタイルを他のスライドの画像も すべて同じスタイルに統一したいとき、 1個1個画像を他のスライドを選択して、 画像を選択して 「図ツール」の「書式」からスタイルを 探し出すというのは結構手間がかかります。

そういう時は コピーしたい画像のスタイルを選択して 「ホーム」のタブからこの刷毛、 クリップボードの中にあるこの刷毛を クリックします。

そうすると、カーソルに刷毛が現れました。

この状態でコピーしたい画像を クリックします。

では、ここに同じスタイルを反映させます。

このように、図のスタイルが コピーできました。

この書式ぺインターを使うと、 複数のスライドにそれぞれ画像を用いた時に その画像のスタイルを 簡単に統一することができるので 非常に便利です。

ここで学習は終わりません。 LinkedIn ラーニングで 専門家によるチュートリアルを もっと見てみましょう。 linkedin.com/learning で 今すぐ無料トライアルを始めましょう。

LinkedIn ラーニングを 1 か月間無料で活用する

広く認められている業界の専門家から学習し、最も需要のあるビジネス、技術、および独創的な技術を取得します。

利点

  • 4,000 を超えるビデオ コースに無制限にアクセス。

  • LinkedIn プロファイルに基づいて個人用のおすすめ候補を表示。

  • コンピューターまたはモバイル デバイスからコースをストリーミング。

  • すべてのレベルのコースを受講 (初心者~上級者)。

  • テスト、演習ファイル、およびコーディング ウィンドウで学習しながら演習。

  • 自分用またはチーム全体用にプランを選択。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×