テキストを追加して書式を設定する

SmartArtを使う

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

LinkedIn ラーニングでその他の PowerPoint のトレーニングを探す

PowerPoint のスライドに SmartArt を追加し、テキストや行頭文字に視覚的なインパクトを持たせます。

SmartArt を追加する

  1. 適用するテキストを選びます。

  2. [ホーム]、[SmartArt に変換] の順に選び、SmartArt グラフィックを選びます。

  3. [SmartArt ツール] の [ デザイン] タブでは、以下を選ぶことができます。

    • [SmartArt のスタイル] - スライドに適用する SmartArt のスタイルを選びます。

    • [色の変更] - SmartArt のスタイルの色を変更します。

SmartArt に画像を追加する

  1. SmartArt 内の画像プレースホルダーを選びます。

  2. [参照] を選び、使う写真を選んで、[挿入] を選びます。

    写真の書式を設定する場合は、以下を選ぶことができます。

    • [トリミング] - 写真をトリミングするか、ツールを使ってプレースホルダーに合うように写真を調整します。[トリミング] を選んで変更を確定します。

  3. 選んだ SmartArt のスタイルを変更する場合は、[SmartArt ツール] の [デザイン] タブで、[レイアウト] のドロップダウン矢印を選んで、[その他のレイアウト] を選びます。

  4. 好みの SmartArt スタイルを選び ([] など)、[OK] を選びます。

さらに詳しく

LinkedIn ラーニングで類似するその他のコースについて確認する

SmartArt グラフィックを使って組織図を作成する

SmartArt グラフィックについて

Office 2016 for Windows で箇条書きのテキストを見やすいグラフィカル リストに置き換える

ダイアグラムやフローチャートを どう作っていいか分からないときは あらかじめ SmartArt が 用意されています。

SmartArt は 直接入れることもできますが、 テキストボックスに書かれた文字を SmartArt に変換することもできます。

では、見ていきましょう。

まず、直接 SmartArt を 挿入する場合は 「挿入」のタブ、ここですね。

を開いていただいて、 SmartArt これをクリックします。

そうすると、このように あらかじめ色んなスキーム図が もう組み込まれて用意されていますので 自分の使いたい図形を選択してください。

また、この左側にですね用途別に 図形が整理されていますので この中から自分が伝えたい内容の スキーム図を探してみてください。

これらのスキーム図を選択して OK を押すと、 この SmartArt が挿入されます。

また、すでに書かれているテキストを SmartArt に変換したいときは テキストをすべてカーソルで このように選択します。

そして、この「ホーム」のタブの中の この「SmartArt に変換」、 これをプルダウンしていただくと、 先程の SmartArt の一覧が出てきます。

各 SmartArt に カーソルを持っていくと、 このようにプレビューが表示されます。

そしてこの中から 自分が表現したいスキーム図を選択して、 OK を押します。

そうすると、このようにテキストボックスが SmartArt に変換されました。

SmartArt には 「デザイン」タブと「書式」タブという 2つのタブがあります。

この「デザイン」タブを選択して 開いてください。

そうすると、ここに 「SmartArt のスタイル」というのがあります。

ここをプルダウンして、 SmartArt のスタイルを簡単に 変更することができます。

では 3-D に変更してみたいと思います。

カーソルを当てると、 このようにプレビューが表示されるので この中で自分の気に入ったスタイルを 選択します。

また、この横にある 「色の変更」というアイコンをプルダウンして 色の組み合わせを変更することもできます。

このように、4つとも違う色に 変更することができます。

また、ここにピクチャーのアイコンが あります。

このピクチャーのアイコンをクリックすると、 ここの範囲に画像を挿入することができます。

ではやってみます。

このピクチャーのアイコンをクリックして、 この「画像の挿入」というブラウザーから 画像を選択します。

挿入したい画像を選択して 「挿入」ボタンをクリック。

そうすると、このようにこの範囲内に 画像を挿入することができました。

この挿入したい画像を例えば真ん中とか、 もう少し右とか、もう少し小さくとか、 画像のサイズや場所を 編集することができます。

この SmartArt の画像を選択すると、 「図ツール」というのが出てきます。

この「図ツール」の「書式」のタブを開けて、 「トリミング」 これをクリックしてください。

そうすると、このように 図形が選択できるようになりました。

これでこの画像をクリックして、 このように動かすと、 写真の配置を変えることができます。

また、小さくしたいときは この画像の端っこを選択して 縮小し、図形内に入れ込みます。

そうすると、このように図形の大きさや 配置を変更することができました。

また SmartArt 自体を変更したいとき、 今このような SmartArt を 使っていますが、 後から違う SmartArt に 変更したいときは SmartArt を選択して この SmartArt ツールの 「デザイン」タブを開きます。

このデザインのタブの中の この「レイアウト」、 ここをプルダウンして、 変更したいレイアウトを選択します。

その他のレイアウト」を選択すると、 1番最初のすべての SmartArt が 表示れされます。

ここで変更したい SmartArt を 選択して、 OK を押します。

そうすると、このように SmartArt が 変更されました。

この SmartArt を図形として 変換することができます。

今 SmartArt として 作っているんですけれども、 これらをこういった図形の組み合わせに 変換します。

SmartArt を選択して SmartArt ツールの中の 「デザイン」タブを開きます。

1番右にある「変換」、 このアイコンをプルダウンします。

ここの下に「図形に変換」というのがあるので、 これを選択してください。

そうすると、SmartArt だったのが 図形に変換されました。

これで1つ1つの図形を このように切り離すこともできますし、 直接文字を打ち込むことも できるようになりました。

ここで学習は終わりません。 LinkedIn ラーニングで 専門家によるチュートリアルを もっと見てみましょう。 linkedin.com/learning で 今すぐ無料トライアルを始めましょう。

LinkedIn ラーニングを 1 か月間無料で活用する

広く認められている業界の専門家から学習し、最も需要のあるビジネス、技術、および独創的な技術を取得します。

利点

  • 4,000 を超えるビデオ コースに無制限にアクセス。

  • LinkedIn プロファイルに基づいて個人用のおすすめ候補を表示。

  • コンピューターまたはモバイル デバイスからコースをストリーミング。

  • すべてのレベルのコースを受講 (初心者~上級者)。

  • テスト、演習ファイル、およびコーディング ウィンドウで学習しながら演習。

  • 自分用またはチーム全体用にプランを選択。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×