テキストを追加して書式を設定する

文字を挿入する

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

LinkedIn ラーニングでその他の PowerPoint のトレーニングを探す

テキスト ボックスと図形を PowerPoint スライドに追加してテキストを入力することができます。

テキスト ボックスを追加する

  1. [挿入]、[テキスト ボックス] の順に選択します。

  2. スライドで、テキストを入力する場所を選択してドラッグし、入力を開始します。

    注: テキスト ボックスは使用しているテキストのサイズに合わせて縮小されますが、最終的な高さと幅は作成したサイズに一致します。

図形にテキストを追加する

  1. [挿入]、[図形] の順に選択し、図形を選びます。

    注: 図形にテキストを追加するには、四角形、矢印、円などの閉じた図形を選択してください。

  2. テキストを入力する場所を選択してドラッグし、入力を開始します。

さらに詳しく

LinkedIn ラーニングで類似するその他のコースについて確認する

スライドにテキストを追加する

まず、スライドに テキストボックスを挿入します。

この「ホーム」のタブの「図形描画」、 この、これですね。

このアイコンがテキストボックスになります。

もしくは「挿入」のタブからも「テキストボックス」を 選択することができます。

挿入」のタブの「テキストボックス」の アイコンをプルダウンすると、 「横書きテキスト ボックス」と 「縦書テキストボックス」というのが 選択できます。

では、横書きで書いてみます。

横書きテキスト ボックス」をクリックすると、 カーソルが今変わったのが分かりますか? これがテキストボックスを 挿入するカーソルになります。

1回クリックしてそのままドラッグします。

そうすると、今テキストボックスが ここに入りました。

カーソルがここにチカチカしていますね。

これはカーソルがテキストボックスに 挿入されている状態です。

ここで 文字を打ち込みます。

これでテキストボックスに文字が書けました。

このテキストボックス内の文字は 配置を変えることができます。

今左揃えになっていますが、 これ、アイコンですね。

ホーム」のタブのこの「段落」のアイコンで この「中央揃え」を押すと、 中央に今揃いました。

右揃え」を押すと、右に揃いました。

後はテキストボックス、 大きさを変えることができますが、 今は大きさが変わりません。

なぜかというと、自動調整の設定が 施されています。

その自動調整の設定がされていると、 テキストボックスの大きさを 変えることができません。

このテキストに合わせて テキストボックスの大きさが 勝手に自動調整されています。

この自動調整を外します。

テキストボックスを選択して右クリックで 「図形書式設定」。

よく出てきますね、書式設定。

何かあったらこの「図形の書式設定」を 開いてください。

この「文字のオプション」、 文章に関係する物は 「文字のオプション」のほうなので、 「文字のオプション」を開きます。

このテキストボックス、 テキストボックスに関係するオプションなので 「テキストボックス」のアイコンをクリック。

そうするとここにテキストボックスに 関係する設定が表示されます。

ここで今「テキストに合わせて図形のサイズを 調整する」にチェックがついています。

ここにチェックがついていると、 テキストに合わせて、 テキストボックスのサイズが 自動で調整されてしまいます。

なので、「自動調整なし」にします。

そうすると、このように テキストボックスの大きさを 変えることができます。

この状態で文字を今真ん中に配置しました。

下に配置させることもできます。

テキストボックスは図形と扱い方が ほとんど同じです。

なので、この「図形の塗りつぶし」で 色を付けるとこもできますし、 この「図形の枠線」から 枠線を付けることもできます。

枠線の太さももちろん変えることができます。

一見図形の中に文字が入っているようですが、 これ自体はテキストボックスです。

図形と同じく、余白の設定も 変えることができます。

文字を中央揃えで真ん中に置きます。

今、中央揃えの真ん中に 文字を配置しました。

そしてこの文字のオプション、 「図形の書式設定」の「文字のオプション」の この「テキストボックス」を開くと、 ここに余白設定があるので、 この上の余白は今0.13ですけど、 増やします。

そうすると、上の余白の設定が増えているので 文字が下に下がってきますね。

右の余白を増やします。

右の余白が増えているので 文字が左側によってきます。

このように、テキストボックスの余白も 自分で設定することができます。

後、ここに「段組み」というのがあります。

これは文章の段組みですね。

かたまりごとに文章を表示させます。

今段組みは1つなので1段ですけど、 これを3段にしてみます。

段組みの数を3つに増やします。

間隔を0.5センチにします。

今ここにかたまりができました。

では「パートワン」 次に このように、段組みが変わりました。

パートツー」 これが段組みです。

これ1段、2段、3段という風に 数えます。

文章の途中に画像を入れたいときや レイアウトで段組みを組みたいときは このテキストボックスの書式設定を開いて、 「段組み」、ここで設定してください オブジェクトの図形には 直接文字を書き込むことができます。

まず、この図形を選択します。

このままキーボードで直接文字を入力すると、 このように、文章を打ち込むことができます。

わざわざカーソルを図形の中に入れなくても、 直接その図形を触った状態で キーボードを打つと、 その文字が図形に入力されます。

この方法が1番早いですが、 もう1つやり方があります。

図形を選択して右クリック、 そしてここに 「テキストの編集」というのがあります。

これをクリックすると、 カーソルが図形の中に入りました。

これで このように、文字を打ち込むこともできます。

この文字ですが、 配置を変えることができます。

ちょっとわかりやすくするために、 段落を付けます。

今、ちょうど中央に文字が配置されています。

これはこのホームのリボンの段落、 ここで文字の配置を設定することができます。

今ここのアイコンが押されていますよね。

これが中央揃えです。

今文章が図形の中央に来ています。

これは中央揃えが設定されているので 中央に揃っています。

左揃えにしたいときは この左揃えのアイコンをクリックすると、 文字が今左側に移動しました。

これを右揃えにすることもできます。

右揃えにしたいときは この右揃えのアイコンをクリックします。

そうすると、文字が右に揃いました。

この両端揃えというのがあります。

両端揃えは 余白と余白、文字が書ける部分ですね。

その端っこが全部同じ長さになるように、 端っこが揃うように設定されて 文字が配置されます。

このように、左の出だし、 それとここの右の出だしですね、 文章を書くとそれが全部揃っています。

後は均等割り付けといって、 この文字を書く部分に均等に 文字が割り当てられる、 均等に配置されるのが この均等割り付けです。

これですね。

ここからここまで 文字を書くスペースいっぱいにいっぱいに 文章、文字が配置されました。

また、今文章が中央に来ていますが これを上に持って来たり 下に配置させたりすることもできます。

それが文字の配置です。

これをプルダウンすると上揃え、 今文字が上に行きましたね。

上揃え、中央揃え、下揃え。

このように上下と中央に文字を 配置させることもできます。

また、今図形に余白があるのですが、 本当は図形いっぱいに字を書きたいとき、 今、講座の講で段落になってしまってますね。

改行されてしまっていますね。

その場合、ここでもまだ図形に 余白があります。

この余白をもう少し狭めれば、 この一言ぐらい入るかもしれない。

その改行されてしまっている一言を こっちに、1行に持っていきたいという時は この余白の設定を変更することができます。

右クリックで図形の書式設定を開けます。

この文字のオプション、 文章、テキストに関係する物は 文字のオプションのほうを見てください。

この「テキストボックス」を開くと、 ここに左余白、右余白、上余白、下余白、 左右上下余白がここに設定されています。

この左右の余白を0にします。

そうすると、今分かりづらいですが 左右の余白が0になりました。

これでもまだ「座」で改行されていますね。

そんな時はこの 「図形内でテキストを折り返す」。

今、これにチェックがついています これは何かというと、 勝手に改行されてしまいます。

図形の設定されている余白に文字が いっぱいになってしまったら、 勝手に改行される設定になっています。

このチェックを外します。

そうすると、今勝手に改行される設定を 外したので、 1行に収まりました。

これで図を小さくしても 勝手に改行されることはありません。

図形に字を書くときは その文字の配置を自分で 設定することができます。

また、図形の余白とか改行もすべて自分で 設定することができます。

文字の配置の設定は 右クリックの「図形の書式設定」からでも できますが、 このように、上下左右、中央、 下中央とかですね。

横書き縦書きなんかもここで 設定することができますし、 リボンの中のこの段落でも まったく同じことができます。

リボンをうまく使うと、 非常に文字の配置の編集が速くできます。

ここで学習は終わりません。 LinkedIn ラーニングで 専門家によるチュートリアルを もっと見てみましょう。 linkedin.com/learning で 今すぐ無料トライアルを始めましょう。

LinkedIn ラーニングを 1 か月間無料で活用する

広く認められている業界の専門家から学習し、最も需要のあるビジネス、技術、および独創的な技術を取得します。

利点

  • 4,000 を超えるビデオ コースに無制限にアクセス。

  • LinkedIn プロファイルに基づいて個人用のおすすめ候補を表示。

  • コンピューターまたはモバイル デバイスからコースをストリーミング。

  • すべてのレベルのコースを受講 (初心者~上級者)。

  • テスト、演習ファイル、およびコーディング ウィンドウで学習しながら演習。

  • 自分用またはチーム全体用にプランを選択。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×